プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

05月16日(水)

葵祭

日本画家、小林古径が 「竹取物語」 を絵巻物として描いていることをご存知でしょうか。
誰もが幼い頃、慣れ親しんだに違いない、平安朝の初め頃につくられたであろう日本最古の物語。 そのクライマックスともいえる、輝くほどに美しい かぐや姫 が月からの使者に伴われて天へと旅立つ、あまりにも有名な 昇天 の場面を古径は、十二単(じゅうにひとえ)に身を包む姫の姿を、斜め後方から描写することで見事に表現している。 きっと、そこにはSF映画にみられるような特別な効果音などなく、不思議な浮遊感をもって静かに移動してゆくはず。 育ての親である 竹取の翁(おきな) も、屈強の武士たちも、成すすべもなく見送るほかないくらいに。
僕はこの場面をみると、どうしてでしょう、京の 「葵祭」 を想像するのです。 もしや、この物語の作者は、 葵祭(古くは 賀茂祭 と呼ばれていたそうです) から着想したのではなかろうかと。

からりと晴れた五月の午後、僕は葵祭をみるため、歩いて15分ほどの賀茂川(鴨川)のほとりの加茂街道に、いそいそと出かける。 ケヤキの新緑がまばゆい雨上がりの街道は、平安貴族そのままの優雅な一行のために、しばしの間車両の通行が規制され、この場所本来の静けさを取り戻す。 普段は喧騒にかき消されている賀茂川の堰の水しぶきの音が、さあーっと遠くから届くのが心地良く、木陰の歩道が市民のささやかな観覧席となる。
「わっしょい、わっしょい」 といった、賑やかな祭がどうにも苦手な僕は、演奏どころか掛け声一つないこの静謐な巡行が、しずしずと通り過ぎるさまを、適度に日差しを遮り、あるいは透かす、みずみずしい新緑を背景に、賀茂川の流れをかすかに聞きながら眺めることを何より好む。 ここでは観客は皆、マナーよく、こころ静かにきちんと並んで見守っている。 行列には牛や馬も多く参加しているので、彼らを驚かせてはいけないのですから。

行列の歩みは実にゆるやかで、のどかな春の河原の風景に限りなく調和している。 こういうのを 雅(みやび) とでもいうのでしょうか。 時代は変わっても、この時間の流れ方は、いつまでも変わることなく受け継がれている。
重厚な漆塗りの 牛車(ぎっしゃ) でさえも、藤や桜の花で飾られると不思議と軽やかに、五月の風に揺られ、心持ちきしみながら夢のように目の前を通り過ぎてゆく。

葵祭

現代のお姫様ともいえる十二単姿の 斎王代(さいおうだい) が、 腰輿(およよ) と呼ばれるフタバアオイの葉で飾られたちいさな輿に乗って、音もなく、すうーっとすべるように行き過ぎる。 はっと気付いてその麗しい後姿を眺めると、あの十二単のみ許される、長い裾の幾重にも重なる着物の波が、輿の後方へとしなやかに流れゆくさまが、かつて絵巻物でみた、天人を従えて月へと旅立つ かぐや姫 の後姿に重なって、名も知らぬ竹取物語の作者も、後に絵巻物を描いた古径も、それぞれ時代は違っても、永劫変わらぬ時間の流れのなか、この行列をみていたのだろうかと…。

葵祭
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment