プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

07月15日(金)

ブリー の解脱バッグ

ブリー(BREE) は、1980年に創業されたドイツのレザーバッグ・ブランドです。

ブリー の特徴は、ヌメ革を使った頑丈で機能的なバッグをつくり続けている点です。
ヌメ革とは、植物から抽出されたタンニンという成分によってなめされた伝統的な手法で、表面加工を施されていない 素(す) に近い仕上がりは、はじめ明るいベージュ色ですが、使い込むほどに 艶のある飴色に変化する という特性を持ち合わせています。
よって、厚みのあるしっかりとした革で、便利で使い勝手に優れた種々のポケットやハンドルなどが備わった、ドイツらしい製品が揃っているわけなのですが、ここでは敢えて、数多いラインナップのなかから 「Simplyシリーズ」 を取り上げたいと思います。

Simplyシーリーズ では、厚さがわずか0.5mmの極薄レザーを使用した、ちょうど 「紙袋」 のような形態の 簡素な(simple) バッグです。

ブリーのバッグ(Simplyシリーズ)

まるで厚紙のような2枚の薄いレザーは、紙袋とそっくり同じように折り曲げられ、貼り合わされています。
さすがに 糊付け というわけにはいかないとみえて、要所はきちんとミシンで補強されていますが、仕上がりは折りたたまれた 紙袋そのもの です。 当然裏地などもなく、革の切りっぱなしですが、ご覧の通り、長く使い続けても何ら問題ありません。

紙袋は、確かに便利で機能性に優れていますが、脆く短命です。
Simplyシリーズ の評価できる点は、これまでメーカーが培ってきた 「痒いところに手が届く」 くらい揃っていた機能的な要素をすべて白紙に戻して、 使い方をユーザー側に問う製品を提示したところにある と思っています。 これは単に、メーカーが 何もしていない のではなくて、 目立たないところをしっかりと高い技術でカバーして、ユーザーを支えているからこそ成し得たこと だといえるでしょう。

ところで、この Simplyシリーズ は、基本はヌメ革による仕上げなのですが、別にカラーも用意されています。
僕が使っているバッグは白く染められています。 こうなると、折角の上質なレザーの質感が台無しになってしまうのではないか と、皆さんお感じになるかもしれません。
しかし、華奢なスタイルからは想像できないくらい頑丈なバッグは、使い続けるうちに少しずつ持ち手や角の部分が削られて、 ヌメ革本来の表情 が徐々に現れてきているのです。

これは、長く使い続けること。 そして何よりも、 革の特性を知り抜いたメーカーの、デザインに対する真摯な姿勢 を示しているのだ。 と僕は受け止めています。

ブリーのバッグ(Simplyシリーズ)
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment