プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

11月16日(土)

広沢池の観音さん

こんもりとした山を背景に、静かにひろがる 広沢池 の周囲にはまだまだ田畑も残されて、自然と人間の営みが何とも具合良く折り合いをつけ、こんなにも傷めつけられたこの星にも、こんなにもおだやかな場所が残されていて、まだまだ捨てたものではないものだと不思議にほっこり、こころやすらぐ嵯峨野の風景は、何の縁もゆかりもないはずの僕が訪れても、どこか懐かしい ふるさとのにおい がする。
まるで 「まんが日本昔ばなし」 そのままの世界ではありませんか。

広沢池の西岸からちょっとした太鼓橋をとことこ渡ると、観音島と呼ばれるささやかな小島がありまして、ここにはその名の通り石造りの 観音さん がおられます。 もともとは伊勢の国におられましたが、何かのご縁で百年位前にこの地にやって来られたようなのです。
「観音さん、観音さん」 と、親しみを込めて呼んでみたくなるその姿は、名高い法隆寺の百済観音立像や、三十三間堂の千体千手観音立像のすらりとした華奢姿とは裏腹に(何しろ石造りですから)随分ふっくらしていて、何だかすっかり安心してしまうのです。 そのせいでしょうか、このあたりはいつも子どもたちで賑やかです。 そして彼らを見守るかのようなその眼差しは、まったくもって 「おかあさんのやさしさ」 そのものなのですから。

木から生まれた観音像は、その多くが漆や金箔で守られ、お堂のなかにおられるわけですが、石から生まれた広沢池の観音さんは、おとぎ話のような、こんもりとした小山を背に、静かな池のなかのちいさな島で、この地の風に吹かれ、雨に打たれ、雪をかぶり、お日様の光を浴び続けて百年間、やさしい微笑で子どもたちをそっと見守り続けてくださった。 その間に少しずつ少しずつ北嵯峨の空気に馴染んで、知らず知らずのうちに、この土地の お嫁さん のような表情になったのかもしれません。 あるいはこの土地のお嫁さんが観音さんのような表情になったのか、もしかしたら双方がそんな風に、自然と寄り添っていったのかもしれませんね。

ただ、僕が自信を持っていえることは、ぷっくりとした観音さんの手は、家事仕事や野良仕事でかさかさした働き者の お嫁さん だけが持つあたたかい手をしているということ。 そして広沢池の観音さんには、お月様がよく似合うということです。

広沢池の観音さん
「広沢池の観音さん」  カラーケント貼り絵、アクリル

 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment