プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

04月16日(土)

久多の里(お地蔵さん)

久しい以前、久多(くた)の里にお住まいのおばあさんから、額に収められた一枚の写真をみせていただいたことがあります。
それは冬の日、まっ白い雪に埋もれた庭先で、同じくまっ白い雪をかぶった茅葺きの家を背景に、ご夫婦で餅つきしている情景を写したものでした。
おじいさんが ぽんぽん と杵を振るい、おばあさんが ほいほい と合いの手を入れる。 お餅にはすぐ傍にある栃の木から秋のうちに収穫しておいた実を入れて(※ わざわざ、桜の木の灰でアク抜きをしているとのこと。)、そうして一つ一つ手作業でまんまるい 「栃餅」 にして、朝市に持ってゆくと、これが随分と評判よいのだそうです。
それはそうでしょう。 機械でついたお餅の10倍も美味しいに違いありません。

写真では、どこやらおとぎ話の世界のようではありますが、厄介なことに里の冬は雪深く、しかも北海道のようなさらさらのパウダー・スノウではなく、重く湿った雪な上に、京へと通じるたった二つの峠道のうち、一つは積雪のため冬季の間は閉鎖されてしまうのですから、現実の暮らしはさぞや大変なことでしょう。
そんな、つらく厳しい冬を乗り越えてようやく訪れる春は案の定、京の都よりもずっと遅れて、おっとり、のんびりやってきます。
絢爛と咲き誇る桜の花よりも、雪に覆われた大地が春の日差しにじんわり暖められて、名も知らぬ草花たちが人知れず、待ちわびた春の息吹を伝えてくれる。 ほんわかあたたかい里の春は、谷間を縫うように伸びる、道々のちょっとした傍や土手のそこここにみつけることができるはず。

街中と違って、谷間の土地はどこをとっても平坦ではありませんから、田んぼの尽きるあたりは山の裾野のうねりに沿うように緩やかに曲がりくねり、一番大切な田んぼからほんの申し訳程度に見出した土地にようやっと建てられた家々は、道からは幾分離れて、ささやかな傾斜路でつながれていることもしばしばで、畑にもならないくらい、つくづくか細い道の傍は、何となく土のまんま残されて束の間、野に咲く草花たちの棲み処となり、日当たりのよい辻々には、 ぽつぽつと所々お地蔵さんが、これら草花に囲まれて、にっこり微笑んでおられるかのようです。
そのような、すこぶるのどかな場所には自然と、季節の贈りものである山菜が芽吹くものだったりします。

しかし、一体どういうわけか、暖かくなる頃には決まって、街中からやって来たとしか思えないいでたちのご婦人方が、まったくもって目にもとまらぬ速技で、憎らしいくらいに手際よく山菜をささっと収穫してしまうのもまた、悲しいけれど現実です。
もしかしたら街の方々は 「道端はみんなのもの。 だから、みんなのものは私のもの」 といった、都合のよい思い違いをされているのやもしれませんが、何でもないような土手ひとつとっても、 何処其処の土手で採れる山菜は誰のものか、実のところ里ではちゃんと決まっていて、日々の食生活に少なからず結びついているのですから。 あっ、そんなに根こそぎ持っていってしまうと、来年の分が育たないので、そこは多少なりとも残してあげないと…。
などと、気が気でない僕らの気持ちをよそに、久多の里のちいさなお地蔵さんは、うららかな春の日差しをあびながら、ひろいひろい心でいつものように、やさしく微笑んでおられるのでした。

久多の里(お地蔵さん)
「久多の里 (お地蔵さん)」 ペン、水彩

 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment