プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

12月16日(水)

マルコ・タリアフェリのレザーブルゾン

マルコ・タリアフェリ(Marco Tagliaferri) という人は、メンズにしろ、レディスにしろ、決してヤワな服はつくらない、どこか野武士のような雰囲気を持ったデザイナーです。
そんな彼自らの名を冠したブランド 「MARCO TAGLIAFERRI」 は、レザーを得意とするがゆえ、細かな流行に揺さぶられることのない、芯の通ったスタイルを持ち合わせているようです。 そもそもレザーという素材は、一年・二年といった短いスパンで使い捨てられる性格のものではなく、10年・20年といった長いスパンで語られるべきものであって、それに相応しいデザインが過たず与えられていなければなりません。

レザーに対して絶対的な自信を持つマルコ・タリアフェリは、彼の衣類を取り扱っている日本のセレクトショップからのリクエストに応じ、それ程多くはない数の 白いレザーブルゾン を2006年、限定で発表しました。

マルコ・タリアフェリのレザーブルゾン

過酷な使用にも十分に耐えうるよう、 黒や茶 といった堅実な色合いを主に採用してきた彼は、普段手がけなかった 「白」 という色に対し、 汚れが目立ちにくいから と、安易にアイボリー色に流されることなく、 レザーでなければ成し得ない世界を表現する またとない機会 と前向きにとらえ、 純白のレザー(羊革) をあえて選択したのではないでしょうか。
当然、ヤワな服などつくらない野武士ゆえ、表地同様に木綿の裏地も純白。 まるで 「心して着るべし!」 とでもいい出しかねないくらいに。

純白をまとった、ハードとは対極の 清楚 という言葉が如何にも相応しいシルエットは、男性らしく胸板の厚さを損なわないよう、肩から胸へと流れるような曲線を描き、本来ならばウエストにかけて きゅっ と絞り込むべきところを、何てことないように すとん と真っすぐ裾へと落とされています。
裾のかたちは、よくあるシャツのそれに似て、切れ込んだ両脇から前後にまるく垂れ下がるような曲線を描いていて、通常はスリットを入れて直線に処理される ブルゾンやジャケットの感覚 からすると、明らかに異色です。
それでも、よくよく注意してみると裾の下がり具合が 「前側よりも幾らか後ろ側を長めに残してあること」 に気付いたとすれば、間違いなくその方はオートバイに乗られているはず。
オートバイにまたがって前傾姿勢をとると、どうしてもお尻のあたりの裾がずり上がってきてしまうものですから、それを見越してあらかじめ、後ろ側の裾を幾分 長め につくっておくのです。 この際、両脇にスリットを入れておくと、少々丈が長くても風でばたつかず、ぴったり体にフィットする というわけです。
前あわせのファスナー部を、(街着のように露出せず)あえて数センチ かぶせ をつくって二重にしているのも、金属を隠して純白のレザーの印象を損ねないための理由 というだけでなく、オートバイ特有の、 前方からの風圧によって体温が奪われることを防ぐ必然性に由来しているからに違いなく、 だから、デザイナーであるマルコ・タリアフェリ自身、普段からオートバイを愛用し、常に実用性を意識しているのだろうと想像されます。

マルコ・タリアフェリのレザーブルゾン

簡潔で清楚なイメージを、レザーという素材でもって如何に表現しうるか。 ここには、二つの ひみつ が隠されています。
まず一つは、白いレザーの表面の光沢を(意図的に)抑えていること。
通常 白 という色は、表面に光沢があると光線を容易に反射してしまいます。 ところが、表面の光沢を取り去ってしまうとどうなるでしょう。 一転して光を吸収してしまいます。 素材のテクスチャにもよりますが、和紙などはその 最たるもの といえるでしょう。 たとえば、障子は適度に外光を吸収して、程よく ろ過 された、やわらかく心地よい 明り をもたらしてくれるといったように。
この障子にも似た 繊細な光の陰影 を、レザーで実現していることに驚きの気持ちを禁じ得ません。
そして、その効果を巧みにいかして、滑らかなレザーに適度な うねり を持たせています。 これが ひみつ の二つ目。 この うねり を表現するために、衣類として縫製まで仕立てた最後の最後に、どうも 水洗いをしている らしいのです。
ご存知のように、レザーに水洗いは厳禁です。 なぜならば、革という素材は水に濡れることで次第にしなやかさを失い、劣化しやすくなるからです。 それを百も承知の上で、どうしてそのようなことをやっているのか? と問えば、マルコ・タリアフェリはきっとこう答えるのではないでしょうか。
「僕たちは、一度や二度水洗いしたくらいで傷んでしまうような、そんなヤワなレザーは使わないんだよ」 と。

こちらもご存知かもしれませんが、レザーも木綿も、水洗いして乾くと幾分 縮み が生じます。
ちなみに、このレザーブルゾンの特徴的な 裾 は、ちょうど表地のレザーと、裏地の木綿とが ぶつかっている 箇所に相当し、当然ながら、かっちりすっきり と縫製で処理されているべきはずで、ただし、これを意図的に水洗いすると、乾燥したあかつきには、木綿もレザーもそれぞれ収縮率が異なりますから、どちらかが引っ張られる理屈になり、収縮効果によって、裾の木綿の方が余計に引っ張られ、表面のレザーがふんわりと盛り上がる。
この何とも絶妙なラインが、シャツの裾のように湾曲しているがために、独特の立体的なシルエットを浮かび上がらせることになったのです。

イタリア生まれの野武士は、素材を熟知しているだけでなく、類まれな 審美眼 も持ち合わせていたのでした。

マルコ・タリアフェリのレザーブルゾン
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment