プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

08月17日(水)

ボロ

絵本のタイトル 「ボロ」 は、犬の名前。 灰色に汚れた毛並みがどうにも ぼろぼろのボロ雑巾 のようだったものですから、女の子 がそう名づけたのでした。
絵本に出てくる女の子は、小学校の2・3年生くらいでしょうか。 このくらいの子どもはみんな明るく無邪気で、模範的なよい子 などと、世の中のわけの分かったおとなたちはそんな風に思いたいのかもしれませんが、子どもだって人間関係に悩むこともあれば、悲しい思いもします。 時として(特に上から目線の)おとなの声や眼差しは彼らにとって、随分と遠く隔たって感じたりもするものなのです。 現実は。

ボロ
「ボ ロ」  いそみゆき 作 、長新太 画 (ポプラ社)


一編の児童文学としても十分に素晴らしい原作は磯みゆき 。 ひょっとしたら物語のなかの女の子は、幼い頃の作者自身なのかもしれません。
どこか遠い、けれどもひどく現実的で悲しいお話を、何となくぼやけた調子で、一見無造作に描いたかのようにも受け取れる絵は 長新太。 しかし、彼の絵はよくよく注意してみると、実に感心するくらい丁寧に描かれてあって、ぼやけてみえる理由は、ひろいひろいこころで物語を理解しているため、 普段は立ち入ることの出来ない、みる人の こころのずっとずっと奥深いところ に届けるためであって、大海のような彼の視点にはいささかのブレもあろうはずがありません。

絵本のなかのボロは、なぜかいつも悲しそうな目をしています。 そしてボロは、文学作品に登場するような名犬でもなければ、誰からも好かれる可愛らしい子犬でもありません。 すっかり年老いて行き場もなく、片目は白く濁っているのです。 だから悲しそうにみえるのでしょうか。 ボロは本当に悲しいのでしょうか。 それはちょっと違うと思います。 ボロの目が悲しそうなのは、ボロがいつもみつめている女の子が悲しそうにしているから、ボロも悲しいのです。 ボロの目は女の子のこころを映し出しているのではないでしょうか。

それでも物語のなかでたったひとつだけ、ボロが悲しそうにみえないシーンがあります。 女の子がボロの姿を描いたところ。 絵のなかのボロの表情です。
この幼い子どもが描いた絵も、もちろん絵本を描いた長新太自身の手によるわけですが、どうしておとなであるはずの彼に、これ程の表現が成し得たのか不思議なくらい、つくづく素直で素敵な絵だな と、ページを開く度に感心してしまいます。

きっと本当は誰もが皆、ちいさな頃は誰にはばかることなく思う存分、自身の気持ちを絵として表現していたはずです。 その絵はどれもこれも拙い出来に違いありませんし、お世辞にも上手な絵とはいえないでしょう。 しかし、そのような表現のなかにこそ、かえって人を感動させる 大切な何か があるはずなのです。 そして、それは誰よりも、描き手である彼らにとってかけがえのない大きな喜びに違いないのですから。

ところが、どの子も描けていた自由自在な表現も、小学校に上がって数ヶ月も経つと、とたんに影を潜めてしまいます。 なぜかというと、表現までもが点数で評価されるようになり、傍目に要領よく上手にできる子が 「よい子」 なのだ という 誤った仕組み を認識してしまうからではないのかな と、個人的には解釈しています。
こうなると要領のよい子は、いかにも人に褒められそうな上手な絵を描き、さぞやおとなたちに褒められることでありましょう。 それに引き替え、自身の気持ちを偽らず素直に表現した子は、傍目に未熟な技巧であればいつまでも評価されることはありません。 そうなってしまうと、もはや 絵を描くこと 自体が喜びではなくなってしまいます。

けれども、ボロを描いた時の女の子は、誰かに褒められるために絵を描いたのでもなければ、よい点数を望んだわけでもなくて、そばにいる たったひとりの友だち を、ただただ夢中で描いていただけだったのではないでしょうか。
そんな時の女の子はきっと、自由に気持ちを表現できる 喜び につつまれていたに違いありません。 だから、そんな女の子をみつめていたボロの目も悲しそうではなかった。
そのような絵を、絵本作品として描いてみせた長新太は、磯みゆきから託された物語のなかにこめられた女の子とボロの気持ちを、曇りのないこころで過たず受け止めることができた数少ないおとなだったんだ と、目立たない一冊の絵本を開くたび、しんみりと想像するのでした。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment