プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

07月16日(土)

ティコ・ラジオ

どうやら僕は、一分の隙も無い優秀なモノよりも、ちょっと出来が悪いようだけれど、つくり手の想いが伝わってきて仕方のないようなモノに惹かれる傾向にあるようです。
たとえば レクソン(LEXON) という、フランスの雑貨系の製品を手がけるブランドの 「ティコ・ラジオ(TYKHO RADIO)」 がそうで、性能といったら、オーディオメーカーや家電メーカーには到底及ばない、何とも頼りない代物だったりして… 、一体モノの本質というのは性能だけでは推し量れないところが多分にあるようで、しばし取り止めのない空想を廻らすのでありました。

ティコラジオ
「ティコ・ラジオ(TYKHO RADIO)」 w:140mm d:40mm h:80mm(アンテナを含むと h:145mm)


この、掌にちょこんと乗っかるくらいのちいさなラジオはどこか、真新しい消しゴムを ころん と横たえたような印象があります。
それは、ボディが一面シリコン・ゴムという素材で覆われているからで、おそらく生活防水の機能を得るためのアイデアから導き出されたのでありましょうが、 艶のない、のっぺりとした質感が徹底的に整理整頓されて、然るべき位置に居場所を見出した必要最小限のスイッチ類が、ややもすると気づかないくらい おしとやか に配されたがゆえに、つるつる・ぴかぴかのボディに機能満載の操作系が常識ともいえるこれまでのデザイン手法を、実に さらり と覆してみせたのですから感心しないわけにはゆきません(※ 写真では分かりにくいかもしれませんが、グレーの突起をアンテナとしてデザインし、それを回転させることで、チューナーとしての機能を付加させています)

これまでプロダクト・デザインの世界において、知らず知らずの間に縛られてきた 既成の概念 から解き放たれてはじめて獲得できたことが、少なくとも 一つ はあるように思われます。 それは 「まわりのモノたちとの関係」 です。
当たり前ながら、生活のための道具はとりわけ生活空間において、家具を含めたその他さまざまなモノたちとの関係のなかで成り立っているわけです。 それなのに、僕たちのまわりにある多くのプロダクトときたら、そのような相互の関係など端っから無視した上てデザインされているように思えてなりません。

優れたプロダクトを数多く生み出してきたイタリアですら、美術ならまだしもデザインする術を学校で教えるなんてことは、せいぜいここ数十年くらいの出来事であって、ほんの半世紀くらい前までは、建築家や職人たちが必要に迫られて、おのおのが当然のように家具や照明器具などをデザインしていました。 そうして彼らは歴史に残る、今日でも色褪せない優れた仕事を幾つも成し遂げてきたのです。
では、なぜそんなことができたのかというと、きっと 「そのモノがどのような場所で、どのように使ってほしいのか」 が、何となくみえていたからなのではないでしょうか。 それに対し、多くのプロダクト・デザイナーは、専門性を高めすぎ、あまりに最短距離を走りすぎたために 自分の製品しかみえていない のではないかと…。

その点、ティコ・ラジオをデザインした マルク・ベルチェ(Marc Berthier) は、建築家としての顔を持つ人物ですから、ついつい小手先で器用に 格好よいモノ をデザインするような過ちは犯さず、たとえ性能に多くを期待できない環境下にあったとしても、いかに最小限の機能を偽りなくカタチにし、まわりとの好ましい関係をつくり得るかを考えていたはずです。
その証拠に彼は、光沢のとぼしい、光を吸収するゴムという素材を、理屈ではない、感覚によって導かれた比類のないプロポーションでもって、 ころりん と生活空間にささやかな 余白 を切り取ってみせたのですから。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment