プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

11月16日(月)

ゆりかごバスケット

学生の頃から永らく使ってきた、ホーロー製の やかん にとうとう穴が開いてしまって以来、随分としばらくの間、手持ちの鍋でお湯を沸かしていた僕は、 「さすがにこれでは」 ということで、いろいろと思案した末、とある生活雑貨店に、日本のちいさな町工場でつくられた、これといって目立たない、小ぶりで丸っこい感じの、ホーロー製の やかん を取り寄せてもらいました。

その生活雑貨店は あまり目立たない といいますか、一見ぱっとしないような、それでいて、どこか実直そうな おじさんのお店 で、巷によくある ファンシー系の雑貨店 のような、変に うきうき した感じがちっともなくて、たとえば須田帆布製のバッグなど、国産のしっかりした製品ばかりをセレクトした、モノの分かる人には分かる、良質で堅実な雰囲気が確かにそこには漂っておりました。

程なく、注文していた やかん が届いたということで、お店を訪ねて、いざ持ち帰ろう となったわけですが、みるからに几帳面そうな店主のおじさんから、慎重に、丁重に包装していただきそうな空気を読み取った僕は、30分後には火にかけてお湯を沸かしているに違いない、気取りのないこの やかん を、出来ればそのままゴロンと持って帰りたい と考え、 たまたま目に留まった、正面の棚に並べられたバスケットをそのまま 買い物籠 にしてしまって、どちらも包装することなく持ち帰る。 というスマートなアイデアを、ほんの5秒くらいでまとめていました。

実際、そこに並べられた幾つかの ウィッカーバスケット(Wicker Basket) は、おそらく日本の職人さんが、柳(あるいは籐でしょうか)を丁寧に編みこんだ、繊細で美しいプロポーションを兼ね備えた、ちょっとその辺りでは容易に手に入らないような、特別な魅力があったのです。
そのような理由から、なかでも最もバランスのよい、とりわけふっくらした印象のバスケットを さっ と選んで、呆気にとられる店主のおじさんの目をよそに、ゴロリと やかん を入れて持ち帰ったのでした。

ウィッカーバスケットの多くは、きちんと物を収納できるように、ほとんどが平らな底を持っていますが、僕の選んだバスケットは、楕円状の球体を半分にカットしたようなカタチをしていて、平らな部分がありません。
きっとこれは、ヨーロッパの何処かの街に住む、料理好きのお母さんが買い物籠代わりに、近くの市場で買い求めた新鮮な野菜や果物を、気兼ねなくゴロンゴロンと入れて、無造作に台所の流し台の片隅の床の上にでも置いていたのではないだろうか…。 そんな光景が目に浮かんでくるのです。

まんべんなく透かしの入った籠は、底が丸くて適度に浮いているため、床にそのまま置いても通気性がよく、食品保存にも随分と都合がよさそうではありませんか。 心なしか、なかに入っている物たちも、居心地よさそうにみえてしまうから不思議なものです。
ゆえに、この居心地よさそうな雰囲気から、親しみこめて 「ゆりかごバスケット」 とでも呼んでみたく思います。

(もう無理ですが)願わくば、もし僕が生まれたての 赤ちゃん であったなら、このバスケットのなかで揺られながら、すやすやと眠ってみたいのです。 柵のついたベビーベッドではなく、あたたかな手触りで、通気性がよく、包まれるような居心地の ゆりかごバスケット のなかで。

ゆりかごバスケット
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment