プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

09月15日(木)

TEMAS の京黒染めTシャツ

黒髪を備わった者の肌は、黒い衣類に映えるに違いない。
そう信じて疑わない僕は、黒という色彩に強く惹かれ、黒を着こなすことができてはじめて、鮮やかな色彩も自分色に染められるはずなのだ と考えました。

京都に住んでいると、時に職人の奥深い世界の一端に触れることがあります。 その一つが 「京黒染め」 です。
黒だけを頑なに染め続ける という職人技は、少なくとも江戸時代から連綿と受け継がれていて、明治時代には 黒紋付 がフォーマルな和装として定着するに至りました。
このため、もっぱら正絹を対象に染めてきたわけですが、そのような老舗の工房も近年は洋装、それもカジュアルな木綿生地のバッグや衣類を、地元のアパレルメーカーと共同で製品開発をおこなうようになり、京都発のブランド 「TEMAS(ティマス)」 が誕生しました。 確か2002・3年頃だったのではないかと思います。

TEMASの長袖Tシャツ

この長袖Tシャツは、 TEMAS の比較的初期のモデルですが、当時ショップの方が 「世界一美しい黒」 と説明していた言葉の意味が、5年・6年・7年… と着続けるうちに自然と証明されることになるのですが、逆につくり手側としては、自信と誇りを持って、黙々とそれに答えられるだけの仕事をしていたのでしょう。

同じ黒でも 京黒染めの黒 は、普段見慣れている衣類の黒、つまり西洋から渡ってきた染色法とは異なる、何かもっと別の 黒 が存在するのだろうと思うのです。
それは、幾重にも塗り重ねられた黒漆の持つ奥深い色、 「漆黒(しっこく)」 とはちょっと違う…。 そう、子どもの頃持っていた書道セットのなかにあった、あの固形の 墨 の持つ、気の遠くなるような量の 煤(すす) の粒子がぐうっ と凝縮された、中国から朝鮮半島を経由して伝来した東洋の黒に、京都の繊細なエッセンスを練りこんで精錬してはじめて表現できる、やわらかくも床しい 「墨色(すみいろ)」 だったと気付くのです 。

ところで伝統的な黒染めでは、より深い黒を得るために、まず生地を紅や藍で下染めした上で、黒染料に浸す技法 「黒引染め」 を用いるそうなのですが、この長袖Tシャツの左袖から覗く紅の色は、もしやその下染めを意図的にデザインとして残したものなのでしょうか。
そうであるとすれば、それは絞り染めによって染み込んだ、紅色と墨色のほんのりぼかされた境目が、慌ただしい人生を送っているとそう滅多に出会うことはない、夕暮れ時の瞬きする間もないほどの、暗闇までのほんの僅かな時間を永遠に封じ込めた 夕焼け色 なのかもしれません。

TEMASの長袖Tシャツ
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment