プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

02月15日(水)

ジョルジオ・ブラート のレザーシャツ

鮮やかな色彩に染められた美しい革製品が店のショウ・ウィンドウに並び、華やかに着飾られる片隅で人知れず、素材の声に耳を傾けながら革を染め、洋服を仕立てる人がイタリアにはおります。

家業の革職人を継ぐかたちで自身のブランドを立ち上げた ジョルジオ・ブラート(GIORGIO BRATO) は、様々な植物をブレンドした天然の染料を考案するところからモノづくりをスタートするのだと知るにおよんで、頑固で職人気質なデザイナーかなと想像するのですが、昔から 頑固で偏屈なおじいさん 的な人物に対して、漠然とした憧れを抱いている僕としては、ある意味彼は 「理想の教師像」 でもあるわけです(実際の彼はまだ青年ですが)。

ジョルジオ・ブラートのレザーシャツ

かれこれ何年も着古されたこのレザーシャツは、何でも子羊の革をジョルジオ・ブラート秘蔵の染料で染め上げた一着らしく、当初からお世辞にも綺麗な色ではなく、むしろ小汚い印象さえあったほどなのですが、 「素材と言葉を交せるのではないか」 と思えるくらいに偽りのない姿を、そこに見い出すことができるのです。
天然の植物染料で染められた革は、当然ながら 色褪せ するのですが、そこは元々が綺麗色ではないせいか、褪せれば褪せるほどに、色むらや、キズ、シミなどが自然に馴染んで、とても個性があるのです。 人間でもそうですが、生きていれば誰だって傷もつきシミもできます。 自然界の動物であれば尚更です。

ごくごく普通にみえるシャツの形態も、実は男性らしいスタイルを巧みに引き立てるよう絶妙なラインで構成されていて、日本のそれとは全く別の次元にあります。
裏地は肩の部分に申し訳程度に、木綿の生地が縫い付けられているだけで、基本的に 革の裏むき出し です。 しかし子羊の革はとてもやわらかで、裏側も上質のカシミアにも似たやさしい手触り感があり、何よりもこの裏側の匂いが思いのほか上品なのです。
着る度にインナーの衣類に、裏側の 革の粉 みたいなものが、ぽつぽつとくっ付いてきます。 さすがに何年も着続けると少しずつ粉の量は減っていますが、それで嫌になるどころか、かえってこのレザーシャツを脱ぐ度に 「そうだ、生き物の皮を頂いているんだな。 これもやっぱり子羊からの贈り物なのかな?」 といった、あたたかな感謝の気持ちに満たされます。

ジョルジオ・ブラートのレザーシャツ

一見したところ、大らかにさえみえる縫製も、これはイタリア製品全般にいえることですが、思いがけず繊細な一面があり、日本では到底手に入らないような上質なボタンを縫い付けている糸(たぶん絹糸)が、ほろほろとあっけなく解れてしまうこともしばしばで、ややもすると紛失してしまうのですが、革の色褪せやキズも同様、時間の経過とともに体に馴染みながらも、知らず知らずのうちに少しずつ朽ちてゆく、いいようのない儚(はかな)ささえも含んでいる…。

そのような頑固者の 「美学」 を感じずにはいられないのです。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment