プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

11月15日(月)

おかあさんの木

僕が 「おかあさんの木」 と(勝手に)呼んでいる大木がいくつかあります。
何故でしょう。 それは、大きな木は数え切れないくらい多くの鳥や動物、昆虫たちの 命の源 だからです。

なかでも大きな クスノキ はどっしりした幹が、ちょうど大人の背丈の高さあたりから大きく横へと広がって、ゆったりと枝葉を伸ばしているものですから、ちいさなお子さんにはちょっぴり難しいかもしれませんが、木登りが上手に出来るようになると、その幹が分かれる中央のくぼんだ所に、すっぽりと具合良く体がおさまって、実に居心地よさそうなのです。
実際僕は、おかあさんのお腹にいた時と同じように体をまるめて、すやすやと気持ちよさそうに眠っている女の子をみかけたことがあります。

これは、そんな 「おかあさんの木」 のまわりで起こったお話です。

ある日、一匹の柴犬をみかけました。
賢そうな柴犬はまだ子犬ですが、それ程 幼い というわけではありません。
「おかあさんの木」 のまわりは、犬の散歩をする人も多く、皆さん必ずリードから放さず連れ歩く取り決めになっているのですが、その犬は何故かぽつんと一匹だけ…。

誰か探しているようすで、まわりの犬たちにくんくんと懐っこく近づくのですが、飼い主のご婦人たちは決まって毛嫌いするのです。
いつもは ワンちゃんワンちゃん と、出会う犬出会う犬、異常に可愛がっている人たちなのに、もしかしたら彼女たちは血統など、ブランドのお墨付きが許された特定の品種だけを 犬(ワンちゃん) とみなしているのかもしれません。
その子犬には首輪の跡はあるのですが、どういうわけか既に取り外されていたのです。

賢い柴犬は誰にも相手にされないことが分かると、頭としっぽがだんだん下がってきて、何だか元気がなくなってきました。
大好きだったはずの人間も怖がるようになってきたのです。

そのようすを、さっきからみていた男性がおりました。
ややお年を召された優しそうな紳士は、子犬のようすが気になって仕方がないようで、自転車で何度も行ったり来たりしていたのでしたが、おしまいに意を決して歩み寄り、そっと両手を差し出しました。

それから先、何年も何年も、賢い柴犬と老紳士が仲良く散歩する姿を、 「おかあさんの木」 は、そのやさしい眼差しで、いつまでもいつまでもご覧になっておられました。

おかあさんの木
「おかあさんの木」  カラーケント貼り絵、アクリル

 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

No Title

はじめまして!足跡をたどってお邪魔してます。
大変興味深い内容のブログですね!この「おかぁさんの木」の話が好きでここからコメントさせて頂いています。
最近、無責任にペットを飼って世話が面倒になり、捨ててしまう人が増えていると聞きます。この柴犬もその1匹なのでしょうが、大事にしてくれる飼い主が見つかって本当に良かったと思いました。この老紳士が右往左往していた様には色んな思いがあったと思います。「かわいそう」だから→「連れて行く」という単純な直感ではなく、その先にある「責任」について考えていたからこその行動だったと思うからです。「衝動的な行動」は形を変えて様々に存在しますが、人間は他の動物にはない意味での「考える」ことができる生き物です。それ故に生き物を飼う場合には、その先の「責任」をきちんと「考えて」行動してもらいたいですね・・・。
・・。すみませんが、勝手にリンクさせて頂きました・・・。またお邪魔します。

 

No Title

・よく「何だか飼い主に似てきたね」などという話を聞きますが、その後何度かお見かけした老紳士の表情を思い出してみて、本当に仲良くなると、お互い気持ちががしっくりしてきて、飼い主も動物に似てくることがあるのだな。 ということに、この頃ようやく気付きました。