プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

03月16日(日)

オズの魔法使い

「 オズの魔法使い(The Wizard of Oz) を、子どもの頃読んだことがなかった」 というと、どなたも驚かれるかもしれません。
それよりも、この有名な児童文学作品を 大人になって(真面目に)読みました などと告白すると、輪を掛けて驚かれるかも知れませんが、僕はむしろ 運が良かった と、つくづく自身の無知さ加減に感謝しているくらいです。
なぜならば、僕がはじめて出会った作品が 絵本 で、その挿絵を リスベート・ツヴェルガー(Lisbeth Zwerger) が描いているということ。 この絵本が出版されたのが1996年、つまり僕が大人になってからだったのですから。

The Wizard of Oz
「The Wizard of Oz」
L.Frank Baum 著  Lisbeth Zwerger 絵 (NORTH-SOUTH BOOKS)


この物語の原作は意外に古く、1900年に ライマン・フランク・ボーム(L.Frank Baum) によって世に出されたそうです。
いつまでも色あせることのないライマン・フランク・ボームの文章は、原文(英語)で読むかぎり、とてもやさしく、丁寧で物静かなのに、心通いあう 何か が伝わってくる。 子どもたちだけでなく、大人たちにも向けて綴られた 「本当のおとぎ話」 と評してみても差し支えないかもしれません。

唐突なようですが、リスベート・ツヴェルガーの絵には 音 がありません。 絵に音がないのは 至極当然 と、どなたも思われるかもしれません。 それでも、普通の絵本にはちゃんと音(らしきもの)が少なからずあります。
余りにも有名な MGMの映画(※1939年に制作された ジュディ・ガーランド の主演によるファンタジー・ミュージカル) では、ミュージカルに仕立ててあることもあって、映像だけでなく、音楽が重要な役目を果たしていることはご周知の通りですが、同じ原作でも、それを受け取るアーティストの解釈によって、出来上がりが全く違ってしまうものだったりします。

MGMの 「動」 に対して、リスベート・ツヴェルガーの 「静」 。

限りなく静謐な彼女の絵は、どのページをみても、文字(原作)の世界へと出かけていった画家が、そこで写し取った 偽りのない風景画 のように思えて仕方がありません。 そして、多分そこには 音 がなかった。

物語に登場する 案山子(かかし) や ブリキ男 には、人間に似せて誇張されたような表情がこれっぽっちも描かれていないにもかかわらず、何かがしっかりとこちら側に伝わってくるような気がします。 彼らには脳も心もないはずなのに、そこにはちゃんと 気持ち が存在している。 ライオンなどの動物たちも又しかりです。 これは、一見無表情とも思えるなかに彼らの 気持ち がしっかりと表現されているからに違いありません。
「オズの魔法使い」 は出版物に限らず映像作品や舞台など、数え切れないくらい発表されていますが、そこまで繊細な表現を成し得た作家が一体これまでに幾人いたでしょうか。

96年の長い長い時を経て、かつてない程に自然な出会いを果たした(稀有な)二人の作家による 文章 と 絵 は、やはり二人が望んだであろう、美術書のような優れた品質の絵本となって、僕のような不幸な子ども時代を送ったに違いない大人たちにも、そしてもちろん、数え切れないくらい多くの子どもたちの心にも確かに届いているのだ。 と、声高でなく物静かに語ってみたいのです。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment