プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

01月15日(日)

ともだちがほしかったこいぬ

奈良美智の絵本 「ともだちがほしかったこいぬ」 を書店で手に取ったのは、出版したばかりで目立つ場所に大量に平積みされていたからではなく、1990年代中頃から何度か手がけられていた、あの 「犬の立体作品」 が表紙に描かれていたからでした。
その犬(FRP製です)は、いつも寂しそうにうつむいていますが、それでもしっかりと両足を踏ん張って立っていて、近年でも繰り返し登場していますので、作者の思い入れもことさら強いのかもしれません。 だから、この犬を主人公にした絵本を一度、つくりたかったのかもしれませんね。

ともだちがほしかったこいぬ
「ともだちがほしかったこいぬ」 奈良美智 作  (マガジンハウス)


確か、この絵本が生まれた経緯(いきさつ)は、夕食の際に絵本の企画で盛り上がり、一晩のうちに一気に描き上げた と聞いています。 それが、物語となって展開されるこの絵本の、いわば 前半部分 です。
物語は、 友達がいなかった(とってもおおきな)子犬が、一人の(ちいさな)女の子と出会って 仲良しになる という内容で、子犬の足先にちょこんと乗っかった女の子(そのくらい大きな子犬なのです)が、それはそれは心地よさそうに本を読んでいるシーンで一旦締めくくられています。
きっと、絵本を手に取ったどなたもが軽快なテンポで、いつもの絵本よりも早いペースで読みすすめることと思います。 一晩で描き上げた 気分 が、読者に伝わるからなのでしょう。

ところがこの絵本、後から描かれたであろうと思われる 後半部分 があるのですが、こちらは前半の即効的な絵とはうって変わって、じっくりと描かれた、いわゆる タブロー(絵画) のような感じなのです。 何の言葉も添えられず、見開きで4つのシ-ンが展開します。
前半部分 を読み終えて、何気なく 後半部分 へとページをめくった瞬間、これまで経験したことのない不思議な感覚に包まれるのです。

僕は作品に向き合う際はいつも、作品との 間合い を大切にするようにしています。
間合い とは、一般的には武道などで相手に対峙する際の、攻撃をする、またはされる側との距離のことを意味するのですが、個人的には、作品と一体となれる適度な距離を 間合い と呼んでいます。
絵本も作品のひとつと考えていますが、 本 ですから、普通手に持って目から大体40cmくらいでしょうか。 これだけの距離感をもっていつものように読みすすめて、例の 後半部分 にページをめくった瞬間に ぐうーっ と、こう 間合い が崩れてしまって、4つのシ-ンのなかに入り込んでしまうような、おおきな子犬とちいさな女の子の世界にとても近く居ることができるのです。
そうなると、なぜか時間の流れも気にならなくなって、 何だか視点が高いところに移っているみたいに…。 空を飛ぶと、こんな気分になるものなのでしょうか。

少なくとも作者は、僕が勝手に 前半部分 と呼んでいるシ-ンを描き終えて、これでも完成でよかったのでしょうが、その後の余韻のなかから 言葉の必要ないくらいのシーン が自然と浮かんできて、それをしっかり 掴んだのではないか という気がするのです。
それが結晶のように4点の作品として残り、「ともだちがほしかったこいぬ」 が完成した。そうして、読者に物語のずっと奥にある 本当の世界 を伝えることができたのではないか。 そんなふうに想像しています。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment