プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

09月16日(月)

あわせ鏡

この幾分古びた あわせ鏡 を手に入れたのは、かれこれ20年以上も前の話。
当時、まったく時流にそぐわない鏡を、あちらこちらと探し回り、寺町のお土産屋さんのようなところでようやくみつけたのでした。

あわせ鏡

腕の立つ職人さんが丹精込めてつくった逸品 とは程遠い、粗末なモノですが、 普段はお互い内側に姿を潜めた鏡同士を2枚合わせて斜に立てかけた姿が、僕にはとても斬新で、それでいてたたずまいは控えめ。 「使う時だけ鏡の面を表に現す」 という扱いや接しかたに、古代から 神聖なモノ とされてきた美しいシキタリを、そこに認めることができるのです。
それは、モノを大切にする 日本人の精神性 を表現しているように僕には思われました。

ある時は部屋の隅に、またある時は違い棚へ と、普段かしこまっている鏡は、必要な時だけ畳の中央に持ち出されますが、これとて目障りにはならない。 むしろ、使う人を 凛とした姿 に引き立ててくれるから不思議です。

このようなことをお話しすると笑われそうですが、鏡に向かう時はいつも正座しています。
「うちの子は姿勢が悪くって」 などとお嘆きの方、 あわせ鏡 を使うと背筋が伸びるかもしれませんね。

僕が京都で あわせ鏡 を探していた頃、イタリアではある著名なデザイナーが照明器具のデザインをしておりました。
彼は、 部屋中にモノが増え続ける という現象を何とか押し留めたいと考え、日本人の かつてのライフスタイル に学ぶことを思いつきます。 日本の家具や調度品は大小の箱のような存在で、箱のような部屋の中に姿を消し、その部屋の集合体が建築になっている と解釈し、 建物の一部と成り得るような照明器具のデザインを試みた と聞いています。

いわゆるバブル経済の時代に、このような姿勢で仕事に臨んでいたイタリア人デザイナーの考え方が、今の時代であれば、誰もが 極めて正しかった と判断できるのではないでしょうか。
過去の古臭いものとして打ち捨てられてきたモノたちのなかから、 大切な何か を発見すること。 それを居ずまいを正して鏡に向かう姿 に、僕は重ねたいと思います。

あわせ鏡
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 

Re: 雨

> 京都の桂川氾濫などのニュースをみて心配していました。
> 御無事でありますように。
>
> 地理など良くわからず書いてます。
> とんちんかんな内容でしたらごめんなさい。
> (ブログ楽しみに読んでます)
リュミエールK様
コメントありがとうございます。ご心配をおかけいたしました。
京都は今朝まで雨風強かったですが、今は時々晴れ間が覗いています。まわりを山々に囲まれた地形ゆえ、数百メートル離れた鴨川の水位も上がっていたようですが、このあたりは大丈夫です。ただ、オモテは落ち葉だらけといったところです。

 

No Title

それは良かったです!!!

こちらも暴風雨でしたが、台風は通り過ぎて行きました。
隣の屋根の一部が落ちてきて驚きましたが、風のせいだけなのかは疑問です・・・。