プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

04月15日(日)

ファリエロ・サルティ のストール

普段外出する時に 「これさえ身に着けておけば、しっくりと馴染んで安心する」 というモノが、誰でもあるのではないかと思います。
僕の場合は少々変わっていて、スケッチブックとか持っていると、妙に落ち着いて実に具合がよいのですが、用もないのにいつもスケッチブックなど持ち歩くわけにもいきませんから、 いつも という意味であれば、やはり 「ストール」 でしょうか。

ストールは、衣類のなかでも最も単純な四角い布の状態、つまり 一枚の布 でよいだけに小ざかしい作為の通用しない世界、しかも敏感な首元に直接触れるだけに、 布本来の持つ 「色」 と 「手触り(あるいは肌触り)」 がすべて ということになるでしょう。

ファリエロ・サルティ(Faliero Sarti) は、繊細で良質な布地のストールを手がけるイタリアのテキスタイルメーカーで、僕は青いものを使っています。

ファリエロ サルティ のストール

ファリエロ・サルティ は、カシミア、コットン、シルク、レーヨン等、素材それぞれの持つ 表情 を巧みに引き出して、ストールに仕立てていますが、この青いストールには モダール が使われています。
最初、僕は モダール という素材を知らなかったので、ショップの方に聞いてみたところ 「絹に似た性質の素材ですよ」 とのことでした。 後日調べてみると、モダール(Modal) とは、 樹木(ブナ等)を原料とする植物性の繊維 とのことでした。

もともと素材自体の発色がよいこともあるのでしょうが、この ややくすんだような群青色 がつくり出すグラデーションが、何だか穏やかで、それはどこか波の描く母なる海の表情にも似て、胸元に美しい水面を映し出してくれるかのようです。
思わず手を触れると、きめ細かくて、肌に吸い付くような心地よい感覚。 その上、あたたかいのに薄くてかさ張らないことからも、ストールには適しているようです。 夏以外、3シーズンくらい使えてしまいます。

ところで 「布の手触り」 について、このようなお話を聞いたことがあります。
タオルの産地として知られる、愛媛県の今治市のあるメーカーでは、 厳しい価格競争のなかだからこそ、安価な中国製品には真似のできないモノづくりを と前向きに考え、製品開発の際に、7・8人くらいの視覚障害を持つ方々に協力を依頼したそうです。 なぜならば、彼らの持つ 手触りの感覚 は 「本当によい生地を判断できるだけの可能性」 を秘めていたからです。
ありとあらゆる種類の 糸と織りとの組み合わせ から試作を繰り返し、触れてもらうなかで、全員が 「これがよい!」 と判断した布地でタオルをつくり、製品として売り出しました。 価格が確かバスタオルで 8,000円台 と、かなり高額でしたが、好調な販売を記録したそうです。

僕自身、実際にそのタオルを使ったことはありませんが、 使う人のために決して手を抜かず、いつまでも価値を失わないように と、誠実につくったモノが結局最後に 「手触り」 として、しっかりと相手に届いているのだということを。 異国の地で生まれたストールに触れてからは、僕にもその意味が、少しは分かるような気がするのです。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

まとめteみた.【ファリエロ・サルティ のストール】

普段外出する時に「これさえ身に着けておけば、しっくりと馴染んで安心する」というモノが、誰でもあるのではないかと思います。僕の場合は少々変わっていて、スケッチブックとか持っていると、妙に落ち着いて実に具合がよいのですが、用もないのにいつもスケッチブックな... ...

 
 

Comment