プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

12月15日(木)

シュロの箒

毎朝、家を掃除をする時は、まず窓を全開することにしています。
真冬は寒いのではないか と心配される方がおられるかもしれませんが、建具を閉めていても室内は外気温と左程変わらないので、結局これがよいのです。
玄関先や表の道路は竹箒などを使いますが、室内では基本的に シュロ箒 を使っています。

内藤商店のシュロ箒

棕櫚(しゅろ) は、ヤシ科の植物で当たりが柔らかく繊細。 掃き掃除の時も、いたずらに埃を巻き上げることもなく、その しとやかな物音 は耳にも心地よく響き、所作さえも美しく、見た目も上品に出来上がっています。

幸いにして京都に住んでいるので、シュロ箒は三条大橋のすぐそばにある 内藤商店 で買い求めることができました。
内藤商店は、かれこれ200年近くシュロ製品を扱っているお店で、人や車が がやがやと行き交う通りに面しているにもかかわらず、一歩お店に入ると空気が澄み切っていて、何だか安心します。

店内に並んでいる箒はどれも、柄の竹の長さだけでなく太さ、それからシュロを束ねた穂の部分の厚みや巾なども少しずつ違えてあります。 これは 手づくりだからたまたま違っている のではなくて、使う人の使い方に合うように、好みのサイズを選べるように、 職人さんが考えてつくってくれているのだ ということを、僕は分かっているつもりです。

お店の方は、僕のちいさな手に似つかわしい、やや細身の箒を選ぶのを見届けると 「ちゃんと使うと10年は十分もちますよ」 と、掃くときは箒の先を寝かしすぎず、立てて畳を軽く叩くようにすると上手に使えること。 シュロの穂が暴れてきた時は、少しだけ水気を含んだ手で時々整えてあげること などを、丁寧に教えてくださいました。

写真では、撮影用に穂の部分を床に着けて立てかけてありますが、普段収納の際は壁に掛けて吊るしたり、逆さに立てかけて置いたりしています(穂先が歪まないために)。

お店では、持ち帰る時にシュロの部分が傷まないよう、油紙で丁寧に包んでくれました。
その手つきは、他のどんなお店にも負けないくらい、 心のこもった あたたかいものでした。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment