プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

10月16日(水)

僕の自転車

想えば、21歳の頃からオートバイに乗っています。

それは、便利だから とか 楽だから ではなくて、むしろ 不便だから 大変だから 乗っているといったほうが適切かもしれません。 ちなみに、用事がある時は必ず歩いています。 この方が確実なので。

アメリカのある(著名な)映画俳優が、こんなことをいっていました。
「今でも好きでオートバイに乗っている。 それは、何にも守られていない危険な状態にあることを意味している。 しかし、そこに真の自由があるのではないか」 と。

きっと、彼がいいたかったのは、 オートバイはスピードが出るから危険なのだ ということではなく、 オートバイは自動車と違って、常に人がバランスを保ってあげなければ成り立たない乗り物であり、その行動のすべてはモノを扱う人の責任にあるからではないのかな、と理解しています。

エンジンを載せたオートバイに限らず、自転車という、より身近な乗り物も、同様に 人がバランスをとって走らせることではじめて成り立つモノ なのですから、やはり、似たような感慨を抱いてしまいます。

ついこの間も近所の道で、ちょうど自転車の補助輪を外したばかりの、はじめて自分で運転する男の子を、それこそお姉さんとお父さんが付きっきりで練習していましたし、その先の公園でも女の子とお父さんとの同じような光景に出会いました。

僕もそうでした。
はじめて自転車に乗れるようになった時のことを。 家の前の道を、父親に後ろを支えてもらいながら、だんだん自分一人でバランスとって走れるようになった時の嬉しさは、今でもはっきりと覚えています。

それから、はじめて友達だけで隣町まで冒険したのも自転車でした。
少し大きくなって、キャンプ道具を積んで旅に出たのもやっぱり自転車でした。
子どもの頃はほんの少しだけヤンチャでしたが(今はたいへんジェントルですけど)、自転車は大切に使っていました。

ちいさな子どもの時でも、父親の手を離れて、自分の足を使って走り出して以来、それなりの責任を背負い、ちいさな自由を手にしてきたのだな と。
だから、大人になっても不便に違いないオートバイを大切にしているのかな と思っています。

高校生の時に組み立てた僕の自転車
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment