プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

01月16日(水)

atehaca のIH保温釜

どうやら僕は生まれつき、人の多い場所や騒々しい所が苦手のようです。
かつて、あちらこちらと旅をしていた頃も、都心部や観光地は避けて、風通しのよい場所や、お百姓さんの住んでおられる所や、山がみえたり海や川のそばなどに好んで足を運んでいました。 なかでも、最も苦手な場所のひとつは家電量販店です。 電磁波に弱い体質なのでしょうか。
幸いなことに、便利なモノや、お得な機能にはちっとも関心がなく、トレンドに振り回されるような性格でもないので、実際のところ、家電量販店に行く用事もないのですが…。 それでも、暮らしのための道具は、その時々に必要な場をしつらえるために欠かせないモノなのですから、電気製品もそのような存在であってほしいものです。

おそらく、皆さんよりも少ないであろう手持ちの電気製品のなかのひとつに、電気炊飯器(IH保温釜)があります。

atehaca のIH保温釜

「atehaca(アテハカ)」 というブランド名で、2002年に発売されたこの製品は、日本の食卓としつらいの文化から現代の家電のあり方を示そうと取り組まれた稀有な例で、むしろ家電というよりは 「家具に近い生活道具」 のような存在と説明したらよろしいでしょうか。 そのため、販路はインテリアショップのみに限定され、 家具や照明器具等と組み合わせて展示する という、調和の取れた、ユーザーにも分かりやすい方法が試みられました。 そのおかげで僕は、家電量販店に足を運ぶことなく、気持ちよく買い物ができたというわけです。

atehacaは、IH保温釜のほかに電子レンジ、オーブン、コーヒーメーカー、保温ポットの計5種がラインナップされました。 製造は大手メーカーの東芝ですが、デザインは インテンショナリーズ(※建築設計事務所です) が手がけています。
樹脂製のボディは、自由な曲面をつくることが容易で重宝されますが、その反面、あたり障りのない、無難な考え方が慣習になっしまうこともまた事実です。 角が丸ければ印象が良いし、怪我もしないし… といったところでしょうか。 これに対してatehacaでは、樹脂パーツの接合方法までを含めて、あやふやな曲面に頼らない、形態に対するデザイナーの真摯な姿勢をみてとることができます。

なぜか電気炊飯器には、必ずといってよいほど上蓋に大きな取っ手がついていますが、使用時は必ず調理台や食卓の上に置いて使うので、立ち仕事の目線から、いつも炊飯器の取っ手ばかりみて暮らすことになるわけです。 持ち運ぶのはほんの一瞬であるのにもかかわらず。 たぶん、1974年にはじめて登場した電子保温ジャーに、取っ手がついていたので、なんとなく流れでここまできてしまったのかもしれません。
もちろん、取っ手が どん と真ん中にあったほうが使いやすいし安心。 という方も大勢いらっしゃるはずなので、一方的に否定するつもりはありませんが、それを使い手が選ぶ余地さえ与えられなかったこと自体、デザイナーやメーカー側の怠慢であったと言わざるを得ないでしょう。
個人的には、atehacaの上蓋の上面がフラットなのは、使う時以外は、棚下にすっきりと収納することができますし、上面中央に設置された操作盤は小ぶりですが、立って操作する姿勢からは、使い勝手がよく見えやすい位置にあるので、一見素っ気ないようであって実は親切な設計であったりもします。

ちなみに僕は、調理スペースの関係上、毎日の使用の度に台下から出し入れしていますが、その時は、両手でボディの両側を抱えて持つようにしています。 片手よりも両手で持つ方が、自ずとモノも食べ物も大切に扱うようになり、第一、所作そのものが美しくなります。 それに、ボディの両脇はやわらかいラインで えぐれている ため、手がしっくりと収まってこれがなかなか都合がよいのです。
このラインは、お寺の屋根のかたちで馴染みのある 「反り」 と呼ばれるものと近しい関係にあるのではないかと僕は考えていて、西洋人には出せない オリエンタルカーブ をイメージしてしまいます。

それからもう一つ、取っ手のない蓋の開閉の方法ですが、上蓋中央側面にある 「クランプ」 と呼ばれる部分を押すとロックが解除され、その指を引っかけた状態のまま、持ち上げるようにしてすっと開けます。 閉める時も同じように、クランプに指をかけてぱたんと蓋をするとロックされる、という仕組みです。

atehaca のIH保温釜

言葉で説明すると、何だかややこしいように聞こえるかもしれませんが、持ち運びの時と同様、とてもスマートな所作で個人的には気に入っています。 ただ、扱いが乱暴であると、衝撃で開閉部が破損する可能性がありますから、使う方の性格によってはストレスの溜まる製品なのかもしれませんが…。
いずれにしても、つくり手の想いのこもったモノは、それが樹脂でつくられていても、たとえコンピュータが組み込まれた電気製品であったとしても、使う側がしっかりと受け止めて、大切に、しかも生活の道具として日常的に使いこなすことができれば、年月を経てもその輝きを失うことはないのです。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment