プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

01月15日(土)

トリッカーズ のカントリーブーツ

(生き物から頂いた)レザーでつくられた靴は、修理しながら長く履き続けることが大切。

20代の頃、そう考えた僕は、靴底が交換できる比較的しっかりしたつくりの日本製のレザーブーツを購入し、手入れをしながら使い続けていました。
ゴム製の靴底は、磨り減る度にメーカーに交換してもらっていましたが、一足の靴を何度も修理する人は珍しいとみえて、社内でも僕の靴は話題になっていたと聞きました。 何しろ、3回も4回も同じ靴が修理に届くわけですから。
ところが革自体が古くなり、擦り切れてくるのは仕方ないにしても、パーツ同士を縫い合わせている縫製部分が駄目になってきたので、さすがの僕も このあたりが限界かな と、その後は修理を諦めました。

体に身に付けるモノのなかでも、特に靴の場合は、 最も過酷な使用に耐えられるだけの高い品質と技術が必要なのだ。 ということを知り、たどり着いたのが、英国の伝統あるメーカー 「トリッカーズ(Tricker's)」 でした。

トリッカーズ(Tricker's) のカントリーブーツ

トリッカーズの 「カントリー」 と呼ばれるモデルは、流行に左右されない、編み上げのトラディショナルなスタイルで、非常に頑丈なつくりですが、ブーツらしからぬ上品なメダリオンをあしらった美しい姿をしています。
ちいさく打ち抜かれたドットが優雅な模様を描く メダリオン と呼ばれるパーツは、単なる装飾ではなく、長く使う上で 傷みやすい部分を補強する という、重要な意味を持って各所に配されているのです。
素材は吟味されてあり、しっかりした厚手の硬いレザーを使用しているため、はじめしばらくの間、馴染むまでは違和感があります。 しかし、これが自分の足のカタチに添ってよい意味で革が変形してくると、とても具合良くなります。
このような 履き心地 を得るためには、専門のショップに足を運び、足の形状を測定してもらった上で適切なサイズを選択することが前提となりますので、ネットによる購入はお薦めできませんが…。

このブーツ、頑丈なつくりということもあってか、そこそこ重量はあるのですが、いざ実際に歩いてみると、その重さを上手に体重移動に活かした 「振り子の原理」 ともいえるような、独特の快適な歩行感があります。 足裏の見えないところにも工夫があるのでしょうが、薄くて軽量なスニーカーの履き心地とは対照的な、ブーツならではのしっかり護られた 安心感 を併せ持っているのも魅力です。

ところで先日、地下鉄の車中で、たまたま向かいの席に座った老紳士の姿に強い印象を受けました。
日頃から、日本人のビジネスマンのファッションにはあまり関心しないのですが(特に靴に)、そのスーツ姿の老紳士は、かなり履きこまれたトリッカーズのシューズ(当然ブーツではありません)を身に着けておられました。
普通の感覚では、履き古されたビジネスシューズは、いささか貧相にみえてしまうとも限りませんが、彼の靴は、ピカピカの新品とは明らかに異なる、むしろ、新品が引けを取るくらいに年月を経、使い込まれ、すっかり足に馴染んだモノだけに与えられた 艶(つや) を認めることができたのです。

その時、真摯にモノづくりを続けてきた伝統メーカーの 底力 を垣間見た気がしましたし、同時に 「人もモノも歳を重ねることがこんなにも素敵なことなのか」 と、この先の 在るべき姿 を見い出したようにも感じました。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment