プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

10月15日(金)

たけくらべ

ページをめくると見開きで、夕暮れの、明治の東京下町と思しき風景。

子どもたちが家路につくのでしょう。

当時の日常のありふれた様子を描いた絵は、表紙を除いて全てモノクロームなのですが、読者の誰もがきっと、 夕焼けの色 を見つけているのではないでしょうか。

タテ21cm、ヨコ19cmのちいさな本は、明治時代、若き 樋口一葉 の、わずか14ヶ月間の執筆活動のなかから生まれた作品のひとつ 「たけくらべ」 に後年、 いわさきちひろ によって描かれたイラストレーションが添えられた 宝物 です。

たけくらべ
「たけくらべ」  樋口一葉 作 、岩崎ちひろ 画  (
童心社)

いわさきちひろ のイラストレーションの特徴として、水彩絵の具の「にじみ」を応用した、淡い色彩のグラデーションの美しさが、彼女の描く子どもたちの姿をひときわ魅力的なものとして、時代や年齢を問わず多くのファンの心を捕らえているのは皆さんご承知の通りです。

そのような意味から、原画では水彩で着色されながら、モノクロームで印刷されてしまった 「たけくらべ」 に対して、物足らない思いを抱かれる方も居られるかもしれませんが、 はじめにも少し触れたように、モノクロームのなかにこそ存在する、その人の記憶の奥底に残された、それぞれにある 心の中の色彩 がそこに描かれている。
ちひろ の作品にはそのような 含み があるような気がします。

物語は、吉原あたりの下町に暮らす少年少女たちの成長期のさ中の、いいようのない 心の繊細なニュアンス が、当時の生活習慣や風習を背景に、清らかな水の流れのようにさらさらとよどみなく、読む人の耳にも小気味よい 響き を持って綴られているのです。
物語の要所に添えられた ちひろの絵 は、一葉の文章に 寸分たがわぬ としか表現できないくらい、登場人物の性格や心情を見事に描いています。 ではその秘密とは、一体何なのでしょうか。

色彩がないことは、表現手段としては痛手となるに違いありませんが、むしろ、物語との調和を考えると適切である ともいえそうです。 色彩に頼りすぎると却って 繊細な文章が読者の心に届きにくくなる からです。
では、どうして ちひろ のモノクロームの絵にこれ程の表現が可能であったのか。 おそらくそれは線そのものの 力 です。
彼女の描くひとつひとつの線は、どれも微妙な強弱や濃淡が与えられているため、それがたとえ紙に印刷されたものであったとしても、100年前のお話であったとしても、しっかりと此方の心に伝わってくるのです。

これは技術だけの問題ではありません。 技術のある人は世の中に幾らでもいますから。

いわさきちひろ は、子育てをしながら描き続けた人です。 子どもの成長をいつも見続け、そばで見守りながら仕事をしていた。
その 温かなまなざし があったからこそ、あの線が描けたのだと思います。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment