プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

02月25日(月)

ローズガーデン

神戸の魅力は、港にほど近い平坦な旧居留地からしばらく北上すると、ゆるやかに始まる、おだやかな瀬戸内海を望む南向きの坂道の絶妙な傾き加減にあるようです。 あの ゆるさ加減 がすこぶる住みやすく、日常的に歩いても左程苦にならない。 洋装や、袴+ブーツ姿で颯爽と行き来できる街のスケール感や地理条件からして、そもそも洗練されている。 明治の開港以来、異人館の建ち並ぶハイカラな土地柄も 「さもありなん」 と、納得するほかありません。

坂道の街・神戸を象徴する北野エリアは、そのハイカラさゆえに少々背伸びした大人(理想)のあなた自身に出会える、どこか特別な場所としての魅力も秘めている。 そんな、有数の観光地としての顔はむろん、長らく高級住宅地として愛されてきたこの街に、すっかり溶け込んでしまっている商業施設があります。 安藤忠雄の設計により、1977年に誕生したローズガーデンです。

安藤忠雄ほど純粋に、その場所と建物との関係を大切にする建築家は、他にはいないのではないでしょうか。
創作の出発点はここにある と、確信せざるを得ない。 初期の代表作に数えられるローズガーデンは、神戸という特別な街に対する憧れや愛情を、 街づくり というひろい視点から、じっくりと時間をかけて向き合い、時に悩み、苦しみながら創造されたちいさな宝物。
巷にあふれる建物は、そのほとんどが敷地という境界線のなかだけで完結してしまっているのに対し、ことローズガーデンに関しては、ちまちまとした境界線などきれいさっぱり消滅し、あたかも ひとつの街 として成立したかのような印象を受けてしまいます。

普通、商業施設というのは、人通りが多く、視認性の高い主要な道路に面して入口を設けるのが鉄則といえるでしょう。
ところがローズガーデンの場合、驚くことに、メインの山本通から出入りできる店舗は通りに面した一部だけに限られていて、大半の店舗にアプローチするためには、わざわざ建物の側面に回り込むようにして坂道を下り、あたかも茶室における にじり口 のような、ちいさく目立たない入口を潜り抜け、建物中央にある広場を経由しなければならない仕組みになっているのでした。

ローズガーデン

この 「坂道を使う」 という、神戸の街の北野界隈でなければ到底成立し得ない、至極真っ当な発想が、決して広くはない限られた敷地のなか、上下方向へと空間が展開・拡張してゆく一種の 道しるべ として、1970年代当時の若き建築家を、豊かで奥深い創作世界へと誘うきっかけになったものと推察されます。

さすがに、ここまでは観光地化されてはいまい。 素顔の神戸 といっても差支えのない、勝手知ったる坂道をとことこ下って、商業施設というよりは、むしろ知人の住宅にでも訪問するくらいのさり気なさでもって、商業施設にしては存外知的な面持ちの建物ににじり入れば、ヒューマンスケールな屋外広場を取り囲むようにして、南北に半階ずつレベルを変えながら展開する屋外デッキと、双方をつなぐ二つの階段によってぐるぐる回遊しながら、上へ、上へ、不思議と足取りも軽やかに、するすると苦も無く行き来できてしまうスキップフロアの妙。

写真だけでは分からない。 頼もしい構造体でもある、レンガ仕上げのコンクリート壁がちょっと斜めに振れていたり、あるいは一旦視界が遮られることで、単調なはずの上下移動にめくるめくような体験が伴うだけでなく、壁と壁との間に切り取られた向こう側には、思いがけず 「神戸ならでは」 の風景が垣間見える という、気の利いた演出が用意されていたりします。
ことに、最上階の3階店舗へと至る道のりは、レンガ仕上げの壁と壁との狭間から見上げる視線の先、遮る何物もない、おだやかに晴れ渡った空の下、その先に続く路地状の通路を経てようようたどり着く、とっておきのペントハウス(離れ)になっていたり… という具合に、1階には1階の、2階には2階、地下には地下、最上階には最上階、それぞれの魅力を持ち合わせた、均一ではない、本来あるべき街の姿をひとつの建物として表現し得た、稀有な試みといえるでしょう。

たとえ商業施設といえども、時代のムードに安易に流されることなく、この街のために、相当に時間をかけて、工夫に工夫を重ね、隅々にまで細心の注意を払って設計・施工されたローズガーデンを訪ねた折、一か所だけ、どうにも腑に落ちない箇所がありました。
建物の肝ともいえる広場に面した、屋外階段の下の三角形した隙間に、あるじを失って久しいと思しき、広さにして一畳あまりにすぎない極小の店舗(らしき)空間が、ぽつりとしつらえてあるのですが、一体どのように使われるのか判然としません。
通常であれば、ついでのついで、せいぜい物入か何かに活用する程度の、ひどく使い勝手の悪いスペースではあるものの、ちょうど坂道からアプローチした目線の高さの、しかも真正面に位置しているものですから、実は計り知れない可能性を秘めているのではないかと確信させるだけの、ただならぬ存在感です。

過去の資料によると、雑誌に掲載された竣工時の写真からは既にそれらしき存在が認められるものの、あいにくサイズがちいさすぎるため、やはり、どのような用途に用いられたのかまでは分かりません。 何しろ、人が立って行動できるのはドアのある手前側半分までで、それより奥は頭がぶつかって、まともに機能しないような有り様なのですから。

更に調べるうち、オープンから10年ほど後の1980年代にローズガーデンを撮影した、数枚の写真に出会いました。 そこには、からりとした晴天の下、レンガ貼りの外壁にはところどころツタが絡まり、既に北野の風景の一部になっている街並みの様子と、それから、広場を階段の途中から俯瞰した様子がはっきりと記録されておりました。
あのちいさな店舗のドアはすっかり開け放たれ、赤レンガとコンクリートで出来上がった簡素な広場には一面、色とりどりの花で彩られ、人々がくつろぎ、行き交う光景が…。 そうか、お花屋さんが入っていたのですね。
遅ればせながら、その時、この建物の名付けられた意味にようやく気付いたのでした。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment