プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

10月21日(金)

デュールアールの学校

工場であらかじめつくられた部材を現地で組み立てる プレファブ建築 なるものが、どうしてこうもつまらないのだろうかというと、多分それが 「工場でつくられるから」 ではなくて、 「そこで過ごす人のことや、まわりの環境のことをちっとも考えていないから」 とでも解釈してみれば、割合い合点がゆくのではないでしょうか。
実際、1960年代はじめ頃に国内で発表された初期のプレファブ住宅など拝見すると、かつて家事仕事に忙殺されていた主婦の負担を少しでも軽くしよう といった誠実さがそこはかとなく感じられたりして、周囲との関係はともかく、ささやかな家庭の幸せそうな一コマがふと思い浮かぶような仕事もその気になれば成し得たはずなのに、いつの間にやら世間の風潮に流され、中身のない空虚で無難な売れ筋商品にすり替えられてしまったのが、悲しいけれど僕たちの暮らしに身近なプレファブ建築の現実のように思えてしまいます。

海の向こうでは、更に時代をさかのぼった1930年代より家具から建築の部材に至るまで、頑固なまでに工場生産での可能性を追い求めていた建築家(というよりも生粋のエンジニア)である ジャン・プルーヴェ(Jean Prouve) の評価がいよいよ高まるばかりで、高額で売買されるオリジナルの家具は無論のこと、復刻品ですら滅多にお目にかかれないご時世に、1952年にフランス北東部ナンシー近郊の街デュールアール(Dieulouard)に建設された移動式教室(※ 組み立てや解体が容易な正真正銘の プレファブ建築 です。)9室のうちの1室が、岡山で開催されている芸術祭にあわせて展示されるという情報を知るにおよび、プレファブ建築だから許されるまたとない機会に巡り合えるのであれば、訪ねない手はありません。
それにしても、平凡な暮らしを営んでいれば生涯出会うことはないと信じて疑わなかったプルーヴェの建築が、限られた期間とはいえ、岡山の人々が普通に歩いている道すがら、惜しまれつつ廃校になった(であろう)学校の空き地に、さわやかな秋の風が自由に行き来できる気楽さでもってどこまでも静かに佇んでいるなんて、 これは夢なのだろうか? と頬っぺたつねってみたくなるような、にわかには信じがたい光景であったと告白する次第です。

デュールアールの学校

実際、60数年の時を経てつかの間、異国の地にふわりと天女の羽衣のように舞い降りた簡素きわまりないプレファブ教室は、本来まとうべき壁や天井のパネル材等を身に付ける以前の、つくり手たちの偽らざる素顔をそのままにした 構造材むき出し の状態であえて展示されているようでした。
芸術作品と違って、それ相応の大きさと機能からは金輪際逃れることが許されない現実世界の建物は、すなわち重さとのせめぎあいでもあり、頑丈にしようとすればするほど、機能を盛り込めば盛り込むほど、ごてごてと重たい装備を引きずってゆかねばならない。 そんな憂鬱さとはきれいさっぱりさよならするくらいの 潔さ がプルーヴェの学校(というか教室)には満ち満ちていて、たとえミュージアム級の貴重な作品であっても 雨風やお日様に、そして地域の人々に身近な環境に置かれることこそがふさわしい! と主催者も所有者も判断したのでありましょう。

僕たちの身近にある現実世界の建造物は、鉄骨造であれ木造であれ、重機の力に頼らなければいけない 人との隔たり を常とするわけですが、洗練の限りを尽くしたハイテックな印象のプルーヴェ建築に対して、どれも数人の職人さんが彼ら自身の手で持ち上げて組み立てられる、ひどく人間に寄り添った 隔たりのなさ をひしひしと感じるのは、設計者が工場のなかでモノをつくっているからに違いなく、 「ベッキーユ(bequilles:松葉杖)」 と称される逆三角形のがっしりとした頼もしげな柱も、よくよく観察してみればぺらぺらの薄い鋼板を折り曲げてつくられてあり、そこに接合される梁材もまた然り、ありふれた規格の材料ではない、工場で機械を使ってはいても人間が組み立てることを前提に、結局は機械を介して人間がつくっているのですから、何も効率やビジネスだけがすべてではないのだという考え方に、これっぽっちも迷いがない と気づくのにさして時間はかからないはずです。 何しろ、手を伸ばせば触れられそうなすぐそばから本物が語りかけてくるのですから。

最小限の材料で最大限の効果を発揮する という明快な発想は、身体にフィットしなければ用を成さない家具づくりにも精通し、建物との境界を偏見なく飛び越えてしまう柔軟さゆえからでしょうか。
いずれにしてもジャン・プルーヴェのモノづくりは、いつも機能と構造からスタートするとみえて、教室と廊下との間に必要な 仕切り の部分に大半の屋根荷重が集中する逆三角形の柱を配置して、偏心するバランスと教室内に自然光を取り込む片流れ屋根とが生み出す無駄のない形態とが仲良く折り合いをつける架構法を極限にまで突き詰めるとこうなったのですよ。 とでも語りだしそうな、言葉や時代の違いすらも障壁とならない、むき出しの構造を一目見ることで分かり合えるのは、そんなに難しいことではありません。

デュールアールの学校

では、デュールアールからやって来たちいさな教室を通して、建物の建てられる環境とそこで暮らしを営んだり、あるいは過ごしたりする人の幸せをしっくりと思い浮かべてみることにいたしましょう。
…広大な田園のなか、ささやかな住宅がのどかに肩寄せ合うちいさな街の真ん中には、お決まりのように教会と小学校があって、いかにもこの街にふさわしい、簡素な学び舎はそれ相応の年月を経て、あちこち随分と繕われ、21世紀の今日ではさして目立たない存在なのかもしれません。 けれども、周囲の街並みに溶け込んだ緩やかな片流れの屋根の下、猫の額ほどの校庭に目いっぱい開かれた天井までのガラス窓があたたかな日差しを取り込んで、赤く塗られた松葉杖のような柱の間には木製の棚板の下、ちいさなカバンがずらり並んで、かの地で学ぶ子どもたちの姿をしっかと見守り続けるプルーヴェのプレファブ教室が、いつまでも変わらずあり続けていることを。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment