プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

01月16日(土)

ゆきがやんだら

願わくば、さんさんと降り注ぐまぶしいお日様の下でも、隅から隅までこうこうと照らされたあかるい室内でもなく、窓辺から奥まったほの暗さに自然光がようよう届く昼下がり、もしくは夜の帳がおりた後、ぼんやり灯された白熱電球のあかるさのなかで、こころ静かに読んでいただきたい絵本です。

THE SNOW DAY
「THE SNOW DAY」 酒井駒子 作  (ARTHUR A. LEVINE BOOKS)


酒井駒子の 「ゆきがやんだら」 は、2005年に日本で出版された絵本作品で、2009年にはアメリカの出版社から英訳版も販売され、僕の手元にあるのは、後者の初版本になります。
オリジナルの日本語版をお持ちの熱心な絵本好きの方でしたら、英訳版 「THE SNOW DAY」 の表紙の絵が、左右反転で印刷されていることにお気づきになったかもしれません。 これは別に、出版社がいい加減だったり、担当者がついうっかりしていたからではなく、三度の飯よりも絵本が、そして酒井駒子の生み出す世界が大好きで、少しでもこの作品の素晴らしさを多くの子どもたち、いえ、全てのおとなたちにも届けたい という一心での判断に違いなく、本来なら原画から反転させるなんて非礼な行為やもしれませんが、 「この作品の表紙には、これしかあり得ない!」 という、確かな審美眼を持つ担当者(おそらくプロのブック・デザイナー)からの真摯な提案を、作者は一目みて快諾したのだろうと想像するのです。 ここに、絵本を愛して止まない同志がいると。

とにかく、効率よく速やかに。 ちまたでは、インターネットやテレビ番組はもちろん、漫画、小説にいたるまで、何もかもがテンポよく流れてゆくメディアたちに囲まれ、分刻みで時間が過ぎてゆく、つくづくせわしない世のなかで、せめて、絵本だけはそうあってほしくない。
「ゆきがやんだら」 は、よくある おとぎ話 ではなく、紛れもない現代の、それも、どこの市街地にでもありそうな家庭を舞台とした雪の日のお話です。 登場するのは、幼稚園児の男の子とおかあさんのふたりだけ。 そして、男の子もおかあさんも、確かにウサギのはずなのに、ちゃんと洋服を着て現代の暮らしを営んでいます。 なぜかというと、絵本は想像(創造)の産物で、作者の幼いころの記憶が過たず投影されているから。 絵のタッチがところどころ霞んで、幾分ぼんやりしているのは、記憶がぼんやりしているのを割合正直に表現しているからなのかもしれません。

雪の日の、しかも、ウサギの母子のお話 といっても、そこは美しい森のなかとも、むかしむかしののどかな物語ともおよそかけ離れた、コンクリートで出来上がった団地での出来事ですし、あいにく降りしきる雪にお日様はすっかり遮られているものですから、全体的にしずんだグレーを基調とした絵でもって構成されています。
物語にこれといって劇的な展開はなく、音らしい音もなく、ただただゆっくりとふたりの時間が流れてゆきます。 だからでしょうか、こちらもいつの間にか、ゆーっくりとした時間の流れに身を任せ、かといって物語に完全に没入しているわけではなく、現実と夢のはざ間をふわふわさまよいながら、時折りぼーっとしたまま時間の経つのを忘れてしまう感じ とでも表現したらよろしいでしょうか。
オリジナルの日本語版については存じませんが、英訳版はふっくらとやや色味のついたマットな質感の紙に印刷されていて、普通は絵本といえば、カラフルな配色が映えるよう真っ白い紙に印刷され、光沢のあるコーティングが施された、てかてかっとした印象があるはずです。 もちろん、ちいさな子どものことを考えて、汚れにくいよう配慮されているからなのでしょう。 けれども、それは 子どものため というよりも、むしろ、消費者からのクレームを避けたい おとなの都合 にすぎないようにも思えてしまいますし、第一、どうしたってこの絵本の作風にはそぐわないではありませんか。

ウサギを擬人化する という表現方法は、一見したところ可愛いらしく、いかにも 子ども受け しそうですが、動物は人間のように表情を持たないために、微妙な心境の変化を絵だけで伝えるのは容易ではなく、ややもすると単なる 子どもだまし にもなりかねません。 ところが、この絵本の作者は、顔だけの表情に頼らず、からだ全体のしぐさや構図によって、視覚的にきちんと伝える術を心得ているように見受けられます。 その証拠に、たとえ後姿や遠景からであっても、不思議と読者は絵本のなかの親子としっくり分かり合えるのですから。
これっぽっちも派手さはないけれど、当たり前に紙のにおいのする(コーティングしていないから)絵本は、触れる手にもやさしく、実は視覚だけでなく、触覚を通しても何かが確かに伝わっているのかもしれません。 もし、そうであれば、大好きな、汚れやすい本ほど大切に扱わなければいけないのだと、理屈ではなく直感的に理解できるのは、誰よりも 子どもたち自身 のはずです。
「絵本とは、そういうものなのよ」 という、作者の、英訳版にたずさわった担当者の、それから子どもたちの声がどこからともなく聞こえてきたような気がして…。 そうか、実は、一番分かっていなくて、本当に絵本を必要としているのは僕たち おとな の方なのかもしれないと。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment