プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

09月16日(水)

ビブリオテック・チュニジア

日本独自の住空間を構成する要素のひとつに書院(出文机)があります。 一般的に、畳の敷かれた伝統的な接客空間では、床の間と付書院、違い棚がセットになって季節ごとのしつらえが整えられ、折々の行事や心ばかりのもてなしが静々と執り行われる。 そうした、日常から切り離された特別な場としての性格を多分に含んでいるのではないでしょうか。 しかし、そもそも書院とは、文机を明るい縁側に面して造り付けた、私的で実用的な書斎にほかならず、違い棚も愛用する文房具やお気に入りの書物を納めるために設けられていたはず。 床の間は、後の時代に付け加えられたものなのです。

書院の源流は、室町幕府の八代将軍・足利義政が政権の座を自ら辞した後の1486年に、東山の山麓に建立した山荘(※ 現在の慈照寺。一般的には銀閣寺として知られています。)のなかに現存する 東求堂 であると伝えられております。
ちいさいながらも凛とした、いかんともし難い気品をまとい、いまだ訪れる人々を魅了して止まない東求堂は、南側正面に仏間を有していることから世間一般では持仏堂と位置づけられてはいますが、実際は住居の 離れ 的な、つまり、権威を誇示するために建てられたものではなく、むしろその逆ともいえる、純粋に私的な建物だったのではないかと想像されます。
その証拠に、政治よりも芸術や建築に対してとりわけ関心が高かったと噂される義政が、東山の懐に抱かれるような東求堂の北東角に設けた一室 「同仁斎」 は、ひろさにしてわずか四畳半。 そこにあるのは、半間幅の違い棚と、一間幅の文机に明かり障子を組み込んだ 書院のみ という、簡素きわまりない構成。 ここに座って、北向きの安定した自然光がやわらかく透過する障子窓を正面に、義政は書画にいそしんだり、静かに書見したり、時には窓外に切り取られた絵画のように美しい庭の景色を眺めたり と、ずっと憧れていた一人だけの時間を存分に堪能したのではないかと。
この時代、まだ床の間の形式自体は存在しませんでしたが、そのかわり、東求堂の濡れ縁がめぐらされた西側の壁面にさり気なく、ぽっかりと一間幅の くぼみ がつくられていて、いかにも腰掛けとして使いよさそうな、過去の形式にとらわれない自由な発想からもたらされた創造の産物に違いなく、書院からとはまた異なる庭の景色を、すっぽりと具合よくおさまる心地よい空間に身をまかせ、日がな一日眺めていた。 そのような光景を脳裏に描きながら、この飾り気のない くぼみ が後々、室内に取り込まれて床の間になったのだろうか… などと想像するのもまた楽し。
そんな、自由で生き生きとした創造の世界を源流に、明らかに本流から外れたと思しきかすかな軌跡を注意深くたどってゆくと、遥か遠く、流れ行く先は、1950年代はじめのパリの街へとつながるのでした。

20代半ばで才能を開花させたシャルロット・ペリアン(Charlotte Perriand)は、1920年代の後半、建築家 ル・コルビュジエ(Le Corbusier)のもとで、金属とレザーを組み合わせた、近代デザイン史上に燦然と輝く名作椅子を次々と発表し、今日でもなお、褪せることのない、モダンで洗練された姿を維持し続けている。 それ程の稀有な能力を有する彼女であっても、たとえ、その背後で暮らしを支えている収納家具の重要性を痛いくらいに意識していても、実際の生活に溶け込むに足る領域にまで到達するのは、そうそうたやすい行為ではなく、幾多もの苦難と試行錯誤を経なければなりませんでした。
1920年代後半から30年代にかけてペリアンが提案した収納家具は、工場で生産される金属製の(規格化された)ユニット状の家具を住まい手が自在に組み合わせられるだけでなく、ひろい空間を仕切る壁としても展開可能な、いわゆる システム家具 の考え方をいち早く取り入れた斬新なアイデアでしたが、独特の軽みを生み出すことに成功した椅子やテーブルとは違い、箱状の形態ゆえ、無機質な金属のボリューム感が顕在化し、かえって非人間的な印象が強調されて、ユーザーやメーカーに対しての説得力に欠ける不本意な結果になってしまったようです。
ただその一方では、彼女の もうひとつの顔 ともいえる、木材の特徴をいかし、女性的でやわらかなラインを洗練された作風にまとめたテーブルや椅子のデザインを手がけ、さらに、美しい農村の暮らしや風景が連綿と受け継がれていた戦前の古きよき日本の村々を訪ね歩き、素朴ななかにも理にかなった農民や職人たちの飾り気のない暮らしのなかに、西欧とは異なる合理性と美を見出したことを指摘しておかねばなりません。

ペリアンは伝統の日本家屋について 「建築のなかに完全に収納を取り込み、住居内に 秩序と空(くう) をつくっている」 と、自伝のなかで述べています。 日本の伝統の表面だけを安直になぞるのではなく、自身のなかで時間をかけてじっくりとアイデアを熟成させながら、身近な衣類や書類、書籍といった収納するモノの視点から収納家具に求められるデザインのあり方を改めて見つめ直し、ようやく自分の作風となるに到ったのが、おそらく1952~3年のこと。 パリ大学都市にある学生会館のひとつ、 チュニジア館 のデザインチームに加わった時ではないでしょうか。

パリ大学都市 チュニジア館

チュニジア館は、建築家の設計する建物本体のみならず、様々な分野のデザイナーやアーティストがインテリアや設備設計に参加して完成させる、現実に機能しなければ意味のない建築を総合芸術と解釈し、創作活動と実用品との境界を無くしてしまおうとの意図があった とでも説明すればよろしいでしょうか。 特筆すべきは、シャルロット・ペリアンが40室ある学生のための寮室(個室)のインテリアを手がけ、パートナーとして、現在でもペリアンと並んで高い人気を誇るシステム建築の第一人者、ジャン・プルーヴェ(Jean Prouve)が加わっていることです。

新たな創造のはじまりは、金属だけでも、木材だけでもありません。 木材(パイン材)の棚板と金属(折り曲げ加工されたアルミニウム板)の仕切り金具という、水平方向と垂直方向に分割された異なる二種類のユニットを組み合わせることで、それぞれの長所を引き出して、あたたかみと軽みの双方を持ち合わせ、モダンで洗練された、最もペリアンらしい組立て式の書架(収納家具) 「ビブリオテック・チュニジア(Bibliotheque Tunisie)」 へと昇華させました。
このアイデアは、続いて手がけるメキシコ館の間仕切りを兼ねた自立型の書架 「ビブリオテック・メキシック(Bibliotheque Mexique)」 へと展開されることになりますが、ことビブリオテック・チュニジアに関しては、棚板と棚板との間に互い違いに配置して結合される仕切り金具を背面の壁にも固定することで、バランス重視の自立型では成し得ない 崩し が可能になるという利点があり、これをいかして最下段の棚板にベンチとしての機能を付加させ、片持ちでせり出す大胆な試みを実行。 すると、おのずと左右対称だったデザインに変化が起こり、片側にせり出したベンチ部分の上に絵画でいうところの 余白 が生まれます。 図らずもこれは、かつてペリアンが日本の住空間から発見した 「秩序と空(くう)」 と同じ性質のものだったのです。

世界に類のない 暮らしの美学 を有する日本の人々が、いにしえの文化よりも異国の文化をことさら有難いと感じ、いささかの未練もなく切り捨ててしまった自国の文化を、遠く異国の地で生まれ育ったペリアンは、何にも換え難い大切なタカラモノとしてあたため続け、潔いくらいに(表面だけの)日本の伝統的な素材や技術に頼らない、20世紀ヨーロッパの技術によって実現した 左右対称でない システム家具は、どういうわけか、カラフルな配色が施された棚板が 違い棚 に、片側に伸ばされたベンチが 書院(文机) のようにもみえてきて、伝統や形式に縛られ、何だか随分とややこしくなってしまった 書院づくり なる形式とは、やはりどこかが違うように思われます。
まるで機能がカタチへと素直に翻訳されたかのような、東求堂の同仁斎を水源とする流れは、ほんのちいさなせせらぎであっても途切れることなく、遥か四百数十年の時を超えペリアンの家具へとつながって、水ゆえにカタチはそれぞれ違うけれど、きっと、どちらもひとかけらの作為すらも所有しない、ただただ純粋であるがために、こんなにも人々のこころを惹きつけて止まないのでしょう。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment