プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

08月22日(土)

ガラスの茶室

2014年のヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展で、現代美術家として知られる杉本博司が茶室を手がけたと知った時、実のところ、ちっとも驚きませんでした。 なぜなら、杉本が幾つかの建築作品に携わっていたことは承知していましたし、そもそも茶室とは茶人みずからが棟梁と二人三脚で、あれこれ模索しながら想像やひらめきをカタチにしていた、極めて純粋で私的な もてなしの空間 として成り立っていたはずですから、当時は時代の最先端を駆け抜けていたであろう茶人の姿を現代美術家に重ねたとしても、別段不思議ではないはずです。
それにしても、海の向こう側の出来事とはいえ、この国を代表する優れたアーティストが、(主要会場ではないにしろ)世界中が注目するハレの舞台で、日本の文化の奥深いところに位置づけられる、神秘に包まれた文化の真髄ともいえる茶室を作品として発表するという行為そのものが、オリンピックで活躍する自国の選手に注目するのと同じくらいに大切な出来事のようにも思えるのですが、一年あまり前の発表時に取り上げた国内メディアはせいぜい2・3社といったところなんて、そんなものだと分かってはいても、やっぱり寂しい気がします。 むしろ、海外のメディアのほうがきちんと評価していたように見受けられるのは、単なる気のせいでしょうか。

杉本博司の作品は、ヴェネツィアのサン・マルコ広場の対岸300mほど沖合いにあるサン・ジョルジョ・マッジョーレ(San Giorjio mggiore)島に設置されています。
ここは、島の約半分がサン・ジョルジョ・マッジョーレ教会やガラス工芸美術館、それに船着場やヨット・ハーバーといった建造物、残りの半分を森(あるいは公園でしょうか)が占めているという、ちいさな島の、ちょうど教会と美術館との間にぽっかり開けた空き地のような場所を舞台とした、美術館側の発案による、ビエンナーレ期間限定のプロジェクトのようです(※ 当初は2014年6月~同年11月までと報道されていましたが、あらためて調べたところ、今年の11月末まで展示期間が延長されているようです。)
茶室といっても、建物だけが ぽつん とあるわけではなく、一般的には茶室に至るまでの道中、つまり露地までを一体の空間として位置づけるもので、もはや完成の域に達した感のある過去の名作たちのなかから適宜引用しつつ、厳格な作法に基づいてつつがなくまとめるのが今日の常識ではありますが、名作と誉れ高い茶室も元をたどれば前衛芸術、新たな創造の結晶であったはずなのですから、かつては既成の概念に縛られない立場にあった茶人の血統を正しく受け継いでいるであろう現代美術家は、そんな世のなかのしがらみなど、いとも簡単に飛び越えてしまうことでしょう。
第一、日本とは気候も風土も異なる場所で、マニュアル通りに伝統の形式を引用したところで意味はありません。 そうであるなら、原点である いにしえの茶人たちの精神 を継承しながら、日本とイタリア双方が所有する現代の素材や技術で成し得る行為、すなわち、新たなる創造の結晶こそが、杉本によるガラスの茶室 「聞鳥庵(もんどりあん)」 なのかな。 などと、畑違いの人間が勝手な空想をめぐらせている次第です。

ガラスの茶室

何しろ、題材が 茶室 という繊細きわまりない野外作品ゆえ、管理上必要となる塀や門扉で空間を切り取り、門扉(茶庭でいうところの中門に相当)を境に塀(垣根)の外側を外露地、塀の内側を内露地と解釈し、そこに回遊性をもたらすことで茶の湯の作法を満たしながら、世界中から訪れる多くの人たちが作品を鑑賞・体感できる、いわばパビリオンとしても機能するよう工夫が凝らされています。
もともとこの地にあった、並木とも生垣ともつかぬ木々の間を抜けると、そこは単なる塀に挟まれた細長い空間に過ぎないにもかかわらず、白い玉砂利と切り石が敷かれた途端、たちまち清浄な外露地と化し、それまで何てことなかった木々の緑が愛おしく、杉柱の連なる塀に落ちる葉影すらも美しい。
細長い外露地の先には、いかにも桂離宮にでも使われていそうな、高度な職人技によって成し遂げられたかと信じたくなるような垣根が視界を遮っていて、実は日本ではどこでも目にする、安価な竹箒を逆さに立てかけて垣根に見立てているところなど、そもそもがその辺りにたまたまあった ありあわせの材料 で出来上がった、限りなく粗末な庵(いおり)が後々名作と褒め称えられ、伝説と化し、数寄者たちによってありがたく引用されるようになると、途端に手の届かない、天井知らずな価格にまで跳ね上がってしまう、(矛盾だらけの)昨今の茶室なる存在に一石を投じた小気味よい発想に、誰もがはっと我にかえり、幾重ものしがらみによって見失っていた本来の自分自身を取り戻すに違いありません。

素顔の自分を取り戻してこころ静かに中門をくぐれば、まるで かちっ とスイッチが切り替わったように目の前の光景が一変します。 塀の内側、つまり内露地はしっとりと潤いのある、僕たちが見知る陰翳豊かな日本の露地空間とはどこか違う、からりとした光に満たされた、ヴェネツィアにこそふさわしい露地空間が展開されているのでした。
茶の湯の形態を引用するこれまでの茶室のあり方を一旦横に置いて、杉本は茶の湯の精神を引用しながら、ヴェネツィアを象徴する 水 と ガラス という、ふたつの要素を巧みに取り入れることに成功しています。 ヴェネツィアは水の都市であるだけでなく、ガラスの製造においても長い歴史を有しており、13世紀頃には既にガラス製造の技術が伝わっていたようですから、日本で茶の湯の形式が確立した時代に、海の向こうではガラス製品が(高価であっても)既に身近に存在していたわけで、もしヴェネツィアで茶室をつくるのであれば、当時の茶人も杉本と同じように考えたのではないだろうか と、確信したくなるような出来映えです。

東北産の杉柱が規則正しく並んで周囲の教会の塔や屋根、森の木々を程よく切り取って、あの青くムラのあるヴェネツィア産のガラスモザイクタイルが敷き詰められた、きらきらと輝く水盤の上に、日本のガラスメーカーと職人たちの賜物である精巧なガラスの茶室が、ただただ音もなく静かにたたずんでいます。 水盤のきらめきとからりとした空は、いわば日本の絵画でいうところの 余白 のようなもので、余白があることではじめて、茶室本来の持つ美しさが浮かび上がるのでしょう。 だからなのかもしれません。 現代美術家の手で注意深く抽出されたエッセンスによって構成された四百数十年続く伝統の空間が、この上もなくモダンだと感じるのは。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment