プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

10月27日(土)

野口家住宅

都市のただ中に人知れず穿たれた、ちいさな庭を前にしばしの間たたずめば、頬に触れる風すら思いのほかやわらかい。

京の都を代表する町家として幾つか挙げるとすれば、その名を耳にする機会に事欠かない野口家は代々呉服商を生業とする家系で、住まいと商いがひとつ屋根の下、庭によって程よく分節され、親から子、そして孫へ… といった具合に、じっくりと、洗練に洗練を重ねた末、完成の域に到達した美の殿堂であるにもかかわらず、ビジネスなる横文字の台頭により、伝統や格式といった縦文字が古臭い過去の恥ずかしい遺物であるかのような風潮が確かにありました。
巷では、次々と四角いビルディングに建替える同業者も随分と多かったでしょうに、ご先祖様より受け継いだ、ややもすると時代遅れで古ぼけたようにも見受けられた住まいや慣習が、実はこの先ますます光り輝くタカラモノだったのだと確信したであろう当主の英断で、斜めお向かいに商いのための会社が移され、伝統を継承しつつ、奥の空間を住まいとして家族が関わり続けるというライフスタイルが実践されています。
それは、今どきの暮らしに比べると不便で面倒だったりするかもしれないけれど、博物館のなか、仮死状態で保存された つめたい文化 とは明らかに違う。 これこそが本当の意味での、ぬくもりのある 生きている文化 なのかもしれません。

実際、いにしえの匠たちの手で丹精こめてつくられた建物も、庭も、人間と同様に生きて呼吸しているため、住まい手がきちんと手をかけ育ててあげなければなりません。
もし、日々のこまやかな手入れを怠り、つい 「手間いらず」 や 「楽々」 といったお決まりの営業トークに踊らされ、ずぼらを決め込んでしまうと、次第に建物はかさかさし、庭の植物たちはおのが勝手に成長して、たちまち人間や街との均衡が崩れてしまうことでしょう。 あの、しっとりと繊細な京町家のしつらいは天然自然なものではなく、人の手を介した、人工とも自然ともつかない、独自の進化を遂げた庶民による庶民のための 理想的な住まい そのものであり、その代表例が野口家住宅なのですから。

野口家住宅

そもそも 住まい というものは、その規模に関わらず建物と庭が一体であるべきだと思うのです。 少なくとも数十年前までは日本でも、誰もがそのような知識を当たり前のように持ち合わせていたはずなのに、部品化された建物がどこかで知らないうちに製造され、地域性も風土もお構い無し、ただマニュアル通りに運ばれて組み立てられる時代になると、真っ当な知識の必要さすら薄れてしまい、あたかもクルマと同じような、クレームのない無難な売れ筋を意識した商品のような存在になってしまいました。

当然ながら、そこにはオプションというか、アクセサリーのような軽い感覚で植物が添えられることはあっても、建物とひとつになって呼吸している本来の庭と呼べるようなものではなく、第一、住まいの集合体である街そのものからして、かさかさとぬくもりの感じられないあり様なのが悲しいけれど現実です。 そこそこ無難でお手入れ不要、さしてクレームにもならいけれど何だかどこかで息苦しい気がしたら、きっとそれは、街も建物も呼吸していないからに違いありません。
対して、伝統の町家には大小や貧富に関わらず、必ず庭が組み込まれ一体になっているのをご存知でしょうか。 基本的に庭は座敷の奥に一箇所つくられますが、規模によっては二箇所、野口家のような大店になると全部で三箇所も庭があります。

一見したところ町家は、どれも同じような建物と庭で出来上がっているように思われがちですが、よくみるとひとつとて同じではありません。 全体として調和するように、周囲に気を配り、継承された知識や技術を活かしつつ、つくり手がおのおの創意工夫しているのがその理由で、どうやらそこに人々を惹きつけてやまない 魅力のひみつ が隠されているようです。
結局、ビジネス目的で合理的に建物を商品化したとしても、人々のこころは決して豊かにはならないように思えてしまいます。

随分と数が減ったとはいえ、京の中心部に軒を連ねる伝統の町家のなかには、創業300年、あるいは400年といった老舗も少なくありません。 ところが、いずれの建物も土蔵を残して幕末の大火で消失してしまい、実のところ明治のはじめ頃に再建されたもので、昔ながらの店構えを今に伝える野口家住宅についても同様、四代目当主によって明治四年頃に再建されたと伝えられております。
呉服商の四代目は、仕事柄美術や工芸に造詣が深いことはむろん、茶人としても知られる人物であったようで、後年の調査によって奥座敷の書院と店の間の一角にある茶室が、伏見奉行を務め茶匠としても名高い小堀遠州が晩年に暮らしたとされ、とある人物によって保管されていた住まいの一部を購入・移築した経緯が明らかになったことからも、商いだけにとどまらない非凡な才能の持ち主であったと推察されます。

待庵、如庵と並び、たったの三例しかない国宝に指定された茶室のひとつ蜜庵(みったん)を手がけ、千利休や古田織部に続く茶人としても知られる遠州ゆかりの書院や茶室を、再建とはいえ新築の町家に組み込むなんて、そうそう簡単な話ではないはずですが、革新的ともいえる優れた茶室が、茶人と棟梁との二人三脚で生まれるのと同じように、確かな審美眼を持つ当主と、現在とは比較にならないくらいの高度な技量を有する職人の腕前を持ってすれば、はた目には難解そうでも、さぞや打ち込み甲斐のある仕事(普請)だったことでしょう。

主の居室であり、最上のもてなしの場に相当する奥座敷にこそ相応しい、十畳敷きの書院は、ここが市街地であることがにわかには信じがたいくらいに、町家としては法外な奥深さを醸し出す奥庭へと開かれ、商いの場である店の間とを程よく分かつ書院の手前側には、坪庭と呼ぶのがこれまたいかにも相応しい、ひょひょろーっとした一群のシュロチクの葉がかろうじて届く外光を反射してきらきらと輝く簡素さに、否応にもここが人里離れた山中ではなかったのだと自覚せざるを得ない、緩急織り交ぜたよどみのない空間構成に加え、さらにもうひとつ。 「こんなところに?」 と意表をつくように、うっかりすると見落としてしまいそうなくらい、通りに面して控えめに配された、それはちいさな 三番目の庭 があるのでした。

野口家住宅 表庭

緑深い奥庭を 第一の庭 、シュロチクの植えられた中庭を 第二の庭 とするなら、そのいずれもが茶の湯の露地を髣髴とさせる苔むす 土の庭 であるのに対し、通りに土塀ひとつ隔てた表庭(第三の庭)は緑を抑えた白い砂敷きで、まるで禅寺にある 枯山水の庭 といった趣です。

表庭には店の間から正面にあたる位置に手水鉢が据えられ、白砂のなか点々と飛び石が打たれて、目立たないよう、さながら ひみつ基地 のように周到に配された 三畳の茶室 へといざなう露地の役目を担っているようなのです (※ この三畳の茶室が、小堀遠州の屋敷から移築されたものと思われます)
一方で、茶室のちょうど反対側にあたる通りに面した塀には黒塗りの頑丈そうな引き戸が設けられ、店の間を通らず直接庭に出入りできる仕組みになっていて、これは商売の邪魔にならないよう、出入りの庭師が手入れの際に利用するのだろうかと想像してみましたが、簡素を旨とする老舗の勝手口にしては少々立派すぎるような気がします。

そこで、野口家住宅について今一度調べてみることにしました.。 野口家同様、杉本家や吉田家、秦家といった近隣の四条界隈に位置する名家に比べると、思いのほか資料が少ないようでしたが、限られた情報のなかでもとりわけ詳しく書かれている書籍が、吉岡幸雄による 「京都町家 色と光と風のデザイン(講談社)」 でした。
著者に直接面識があるわけではありませんが、代々染色を営む五代目にあたる方で、今でも良質の水に恵まれる伏見に工房を、天然の染料で染められた美しい製品を扱うショップを古美術店が建ち並ぶ新門前に構え、個人的にはショップにお邪魔し、一時期染料を分けていただいていたことがありました。 呉服商を営む野口家とは、染色を通して先代の頃よりお付き合いのある間柄ゆえ、町家を含めた京の伝統文化全般に対しても造詣が深いようです。

書籍には、ざっとこんな内容が記されてありました。 野口家は御所に出入りを許されていた家柄で、普段の生活あるいは商用で利用する玄関(※ 正確には内部で家人用と来客用で分かれていたりします)とは別に、宮中に赴く際に利用する玄関が設けられており、その玄関が実は白砂敷きの表庭につながるあの 黒塗りの出入り口 なのだそうです。 当主は清浄な空間に身を置き、そこにひざまずいて火打ちみそぎをし、宮中に出向いたのだと… 。
遠州ゆかりの茶室に通じる、厳かで清浄な空間はしかし、京の町家らしくこじんまりとしとやかに、頬なでる風すら不思議とやわらかい。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment