プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

09月06日(水)

クルチェット邸

簡素で機能的、ほれぼれするほど美しいプロポーションの建物を創造させると、彼の右に出るものはいない。
20世紀を代表する建築家のひとりとして余りにも有名な ル・コルビュジエ(Le Corbusier) によって1949年に設計された住宅が、地球の反対側、アルゼンチンのラ・プラタという街にあります。
外科医の ペドロ・クルチェット(Pedro D.Curutchet) が、なぜパリを拠点に活動していたコルビュジエに自邸(※ 正確には診療所兼住宅)の設計を依頼したのかは定かではありません。 確か、コルビュジエは1929年にアルゼンチンで講演を行い、後にその内容が書籍として出版されていたようですから、その頃からひそかに胸のうちで 「この人しかいない」 と決めていたのかも。
いずれにしても、彼ほど芸術家的な品性を兼ね備えた志の高い建築家は、世界広しといえどそうそういるものではありません。

クルチェット邸の敷地は、いわゆる豪邸向けの広大な規模を誇るような、そんないやらしさなど微塵も感じさせない、間口が9メートル、奥行きが20メートル少々と、ささやかな暮らしを営むに十分なもので、あいにく市街地ゆえ三方向は隣家の壁に囲まれてはおりますが、そのかわり、唯一開かれた道路に面した方向が北向きで(※ アルゼンチンは南半球なので日当たりがよい方角)、おまけにその先は緑ゆたかな公園が透き通った青空の下、どこまでも続いているのですから、才能と情熱にあふれ、幾つになっても夢見ることを忘れない建築家の腕が鳴らないはずはありません。 むしろ、制約がある方が燃えるタイプなのでしょうか。
結果、伝統や様式とは縁遠い、コルビュジエ自身が常々提唱する独創的でモダンなスタイルを貫きながら、出しゃばることのない上品な容姿を纏った、詩的で、その土地の気候風土に逆らわないヒューマンスケールの建築を生み出したのでした。

クルチェット邸

クルチェット邸の空間構成をおおまかに説明すると、こんな感じでしょうか。
京町家のような、間口が狭く、奥行のある敷地ゆえ、道路に面した北西側に診療所を、プライヴァシーを守るのに都合のよい南東側に住居をおのおの配し、その中間に中庭を設けて双方に程よい間合いを置きます。 ただし、1階部分はできるだけ柱で持ち上げたオープンスペースとして開放し、診療所の下を抜け、中庭に架けられたスロープ(斜路)を半階上って住居のエントランスに、さらに折り返し半階上って診療所へとドラマティックに導く。
ぽっかりと開いた中庭は、この国ではお馴染みの存在のようですが、コルビュジエは中庭の上に住居や吊り庭園を立体的に重ねることで上方からの強烈な日差しを遮り、中庭には涼しげな日陰とすっかり成長した樹木からの木漏れ日に包まれる心地よさを、診療所には適度な公共性を、住居には公園への眺めと通風、プライヴァシーを無理なくスマートに確保している…。 といった具合に。
しかし、この建物の本当の魅力は、限られたスペースであるにもかかわらず、理にかなった機能的な個々の空間が、水平、垂直、斜めにと、内外を交錯しながら途切れることなく延々とつながり続け、まるで人間の身体じゅうを隈なく流れる血液のように複雑に、澱みなく循環していると感じる 無限のひろがり にあるのではないでしょうか。

正面の大通りからクルチェット邸を眺めると、西欧の入植を記念するかのような、19世紀頃の様式美を色濃く残した、実に堂々たるお隣の二階建ての建物と同じ背丈なのに、魔法のごとく四層分の空間が きゅっ とコンパクトにおさまっていることに驚かされます。 モダンで凛としたたたずまいでありながら、ひどく人間的で親しみやすいスケールだったりします。
なんと、クルチェット邸の居室の天井高さは2.26mに設定されています。 今どきの日本の住宅の天井よりも低い寸法ですが、この 低さ加減 が人間の身体にちょうどよいとコルビュジエは判断したのでありましょう。 無駄に広いことが豊かさではないことを証明するために、彼は伝統的にはあってしかるべき要素も、機能上必要でなければ躊躇なく排除してしまいます。 「引き算の美学」 というやつです。
たとえば、(真っ白い)壁と天井との取り合いに通常設けられるべき 見切り縁 を省略して、すっきりひとつながりにし、ドアや窓は天井まですとんと伸ばして小壁も省略することで、視界も空気も隣室や外へと自然に流れ、窮屈さを感じさせることなく、窓外の美しい景色のみ切り取ってみせてくれる。
ガラス窓ひとつとっても、開け閉めできる箇所のガラスは木材や金属で縁取らず一枚の板ガラスがスライドするようになっていて(※ 食器棚などでよくみられるガラス戸と同じ方法)、すべての部屋の窓とドアには赤や青の原色が与えられ、十全なプロポーションで分割された20世紀最良の抽象絵画のように、白い空間に違和感なく溶け込んでいます。

これまで機能的で美しい近代建築からうかつにもすっかり抜け落ちていた、その土地の気候風土や住み手の感じる心地よさを、執拗なくらい丁寧に拾い集めた結果がクルチェット邸として花開いたとするなら、花のいのちが儚く短いように、クルチェット一家が暮らした時間はわずか10年余りと短命で、主を失った建物は(世界的には)ほとんど知られることがないまま荒廃してゆきました。
ただ幸いなことに、親族が手放さなかったことと、アメリカ大陸ではただひとつ実現した貴重なコルビュジエの住宅作品であることを惜しむ地元の専門家たちの熱意によって、1980年代後半に修復され、後に隠れた名作として次第に世界中に知られる存在となったようです。 しかし、どれ程素晴らしい建築であっても、住宅として人が自在に行き来し、食事をしたり、くつろいだり、眠ったりしない限り、血の通わない人形のようでどこか空々しい気がしてなりません。

普段は資料館として公開されている空っぽのクルチェット邸に、再びいのちが宿ったことがたった一度だけありました。 2009年に製作された 「ル・コルビュジエの家」 という映画のなかでのお話です。
むろん、スタジオのセットによる撮影ではなく、この建物にふさわしいダイニングセットやソファ、フロアスタンドが置かれ、寝室にはベッドが入り、かつての診察室はデザイナーである一家の主人の仕事場として再生せられ、本棚には本が、ドレッサーには化粧品が、壁には自国のアーティストの作品が掛かり、在りし日を彷彿とさせるかのように、住み込みのお手伝いさんが部屋の隅々までぴかぴかに掃除してくれる…。
正真正銘、本物のクルチェット邸のなかで、デザイナーとして成功をおさめた家族による(21世紀の)日々の暮らしぶりが丁寧に映し出されています(※ 作品は、ドキュメンタリーではなくフィクションです。 ちなみに脚本は、ラ・プラタ在住の建築家によって書かれています)
とりわけ印象深いシ-ンは、この一家といざこざを起こしていた(少々乱暴な)隣人がはじめてクルチェット邸に招かれた際、強面の彼が始終うれしそうに過ごしているところです。 そのとびきり素敵な笑顔を天国のコルビュジエがみたら、一体どんな顔するのでしょうか。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment