プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

01月27日(金)

栗原邸(旧鶴巻邸)

「コンクリートブロック」 と聞いて、目を輝かせる人はあまりいないでしょう。 あのどこにでもありそうな、何てことない建材です。 それでも、ひとたび建築家 本野精吾(もとのせいご) の手にかかると、日本の近代建築史に輝く名作にもなり得たのですから、世のなか何があるか分かったものではありません。
本野が手がけた数少ない建築作品のうち、現存するのはたったのよっつ。 しかも、そのうちふたつが住宅で、どちらもコンクリートブロック特有のざらざらっとした質感が大胆に用いられています。 建てられた時代はいずれも1920年代ですから、大正末期から昭和初期、コンクリートそのものが最先端の素材だった頃、その先頭を駆け抜けたのが本野精吾でした。

正真正銘、まるごとコンクリートブロックに彩られた 栗原邸(旧鶴巻邸) は、琵琶湖から京都市内へと引かれた疎水べりに1929年(昭和4年)に建てられた、お屋敷と呼んでみても差し支えない立派な邸宅です。 それでもやっぱり、外壁はあの何の飾りっ気もないコンクリートブロックそのまんまの仕上げだったりします。 なのに、どこかに美しく冒し難い品格を備えている。
かつて、建築家の吉村順三はこんなことをいっておりました。 「贅沢な材料や、必要以上に手間をかけた建築では、かえって品が出なくなる場合が多い」 と。
粗末な素材であっても、長所を見極め活かして使う。 その土地の特徴や気候風土を理解すること。 そして、何よりもプロポーションがよくなければならない。 本野の場合はどれも抜かりなく、きちんと満たしています。

栗原邸は、柱や梁といった線材による伝統的な日本の工法とはおよそかけ離れた、壁という面材によって構成される西欧の伝統的な工法、すなわち組積造の延長にあるといえるでしょう。
石やレンガを積み重ねた組積造は、重厚である反面しなやかさに欠け、地震には脆かったりします。 一般的なコンクリートブロック造もまた然りです。 ところが、本野が採用した 「中村式鉄筋コンクリート構造」 と呼ばれる工法は、L字型をした特殊なコンクリートブロックを型枠代わりに借用した上、空洞部の要所要所に、鉄筋で補強されたコンクリートを打ち込んで一体化することで、この脆さを克服しているようです。
ただ、がっしりと壁に護られた構造の住宅は、必ずしも高温多湿という、特殊な日本の環境にそのまま応用できるとは限りません。 何しろ日本の伝統的な住まいは、冬の寒さを犠牲にしても、すかすかで風通しのよい 「夏を旨としたつくり」 を身上としているのですから。 それに、あちこち堅固な壁だらけでは、窮屈で(精神的に)息が詰まりそうではありませんか。
間取り図をみたところ、栗原邸のプランは四隅を壁に護られた居室空間が囲い、中央に玄関やホール、階段室等の共用空間を配した合理的な、旧来からある西欧住宅の模範とも受け取れる提案がなされています。 では、実際の空間はどうなっているのでしょうか。

本野は、20代の後半に2年半ほどヨーロッパに留学していた(※ 主にドイツと思われます)経験から、様式に重きをおいた異国の伝統のみならず、機能性や合理性といった建築界に芽生えつつあった最先端の息吹をいち早く感じ取っていたと考えて、まず間違いないでしょう。 そのためか、栗原邸には畳の敷かれた、いわゆる 「日本間」 は存在しません。 床の間はおろか、縁側のような中間領域すらもきれいさっぱり排除されています。
そうであれば、この近代建築は別に京都でなくっても、ベルリンあたりにあったとしても、ちっともおかしくないのでしょうか。 確かに表面上の様式は国境を跳び越えてはいますが、僕にはむしろ、設計者にも工法にも技術にも、不思議と 日本 を感じてしまうのでした。

栗原邸(旧鶴巻邸) 2階寝室

住み手の趣味や好みを反映したと思われる1階の食堂や客間といった華やかで社交的な場よりも、むしろ左程人の目を気にする必要のない2階の寝室や書斎といった私的で地味な空間にこそ、つくり手の素養や感性が問われるもので、ひとたび上階に上がろうものなら、その場にいつまでも居続けたくなるような離れがたいこの魅力に、はたしてあなたは気づくことができるでしょうか。
といってはみても、当時の西洋館ではごくごく当たり前の、板張りの床や、しっくい塗りの壁天井、木製のドアや家具といったしつらえで、取り立てて豪華というわけではなく、かといって貧相でもなく、斬新でもありません。 もちろん西欧の方々がひそかに憧れる 日本趣味 とも無縁。 栗原邸の居室(特に2階)についてはっきりいえることは、(素材ではなく)空間にただよう精神性がきわめて 日本的 だということです。

この建物の重要な装置のひとつに暖炉があげられます。
日本でも、お金持ちの邸宅の応接間などに暖炉が据えられている例は、それほど珍しいことではありません。 しかしそれは、暮らしの中心にある かけがえのない拠り所 とは程遠い、一種のステイタスにすぎなかったりするのが、悲しいけれど現実です。 ところが、この家にはほとんどの居室の、しかも肝心な場所に、振り向けば必ず暖炉があるのです。 数えてみると全部で6箇所もありました。
なぜ暖炉だらけなのか。 理由は簡単です。 ひとつは、おのおのの部屋が構造上分割されているので、それぞれにきちんと暖炉を設けた。 京都の冬は存外冷え込むので、こころもからだもあったかく過ごしてほしかったから。
ふたつは、敷地が山林の一角にあり、燃料となる薪が身近に存在するのですから、これを使わない手はありません。 きわめて合理的かつ経済的な発想です。
みっつは、寒冷地であるドイツに滞在していた本野は、暖炉の有用性とともに、暮らしから切り離すことのできない 精神的な存在である と、理解していたのではないかと。
日本人が暖炉を設計すると、おかしなことになりそうなものですが、本野はそこを気負わず乗り越えることができたのだろうと思います。 きっと、座敷に床の間をつくる気構えで、割合素直に すっ と入っていったのではないでしょうか。 過剰でもなく、素材も活かして、浮つかず腰の据わったプロポーションは、日本人だったらその良さを理解できるはずです。 正座の美学みたいなもの とでも表現しておきましょう。

暖炉と同様に、それぞれの居室に共通している装置がもうひとつあります。 窓の存在です。
何しろ構造が壁によって成り立っているものですから、日本の伝統工法のように、どこでも自由に窓が設けられるわけではありません。 全体の構造バランスのなかで、 ここぞ! という場所にこそ設けなければいけませんから、窓ひとつといえども疎かにはできません。
こちらもやはり、縁側の位置や奥行きを決めるくらいの覚悟が必要だったものと想像されます。 山林と疎水を背に、なだらかに南にひらけている敷地の特性からいっても、陽のあたり具合からいっても、南向きの部屋であれば南側の中央あたりに、両脇に適度に壁を残しつつ、感心なくらいすぱっと窓を切り開けた。 その高さが実に良いのです。
普通西洋館であれば、少なくとも床から90cm以上の高さに窓を設けるはず。 なぜならば、椅子に腰掛けて生活するため、意識はもっぱら腰から上に向けられるからです。 それなのに、栗原邸では床からわずか53cmで窓がはじまっています。 椅子座と床座の中間くらいの、絶妙なさじ加減にしてあります。

建具はガラス戸と網戸と雨戸が揃っていて、上のほうが座敷におけるランマのように、わざわざ背の低い窓に分割されています。 これは日本では見慣れたスタイルであっても、西欧の建築ではまず用いない手法です。 近代建築であれば尚更のこと、一枚のガラスで下から上まで すかっ と通すか、もし無理な場合でもきれいに2分割とか3分割とかしたくなるところを、本野はあえて、西欧の作法を差し置いてまでしてもランマ状の窓を譲りませんでした。
それは、少々強い雨が降っても、高い位置にある背の低い窓なら安心して開けていられる という実用性が、雨が多く夏場に湿気の高い日本の住宅には必要不可欠との判断からなのでありましょう。
さらに、窓の上には抜かりなく、コンクリート製の庇をきちんと設けてあるところも見逃せません。
雨が降っても開けられない窓など用を成さないのですから、当然のことのように思われますが、勾配屋根のない、コンクリートの四角い近代建築に庇が取り付くなど、降雨量の少ない西欧のセオリーからはとてもとても考えられないけれど、これだけは譲れない! と考えた本野の判断は正しかったと、90年ちかくが経過した今、僕たちは胸を張って主張できます。 傷みはあるものの、当時の木製建具がすべてそのまま残っているのですから。

つるりとフラットな外観にこだわらず、あえて庇をつけたのならばいっそ戸袋も…。 ということで、本野はしっかり雨戸を格納するための戸袋(※ 驚くことに、工場で製作された厚さ7cmのコンクリート板です)を、コンクリートブロックむきだしの外壁に、こちらもコンクリートむきだしで取り付けてしまいます。
普通雨戸というものは、ガラス窓の外側に取り付けるものですが、ここではもう一段戸袋の外側に出っ張るようにして ガラス戸と網戸の入った窓をコンクリートブロックの枠内にまとめてしまう という、前代未聞の離れ業に及ぶのでした(※ ガラス戸を閉めたまま雨戸の開け閉めができるため、熱損失も抑えられ機能的といわけです)
常識を打ち破ったその姿は、意外にも水平に伸びた庇の下に品よくおさまって、すこぶる端正な顔立ちで、周囲の山林やすっかり成長した庭木に見え隠れしつつ、疎水べりの風景に静かに溶け込んでしまっています。

栗原邸の特筆すべき点を、もうひとつお伝えしなければなりません。 それは、建物にあわせて家具まですべて本野自身がデザインしていること。 その家具が建物と同じく、ほぼそのままのコンディションで維持されていることです。

栗原邸(旧鶴巻邸) 子ども椅子

畳敷きの日本間では、室内に何も置かれていなくてもそれなりに絵になりますが、西洋間にきちんとした家具が然るべき場所に置かれていないのは、実に空虚で寂しいものです。
椅子座の暮らしを営む空間をつくるのであれば、そこは建築家が、建物も家具も責任をもってデザインなりコーディネートすべきはずなのに、どうして疎かにするのか不思議でなりません。 畳の座敷には必ず庭を、同じくらいにこころを込めてつくってきた日々を忘れてしまったのだろうか と、いぶかしく感じることもたびたびあります。
けれども、本野は違っていました。 建物も照明も家具も分け隔てなく、そこに本当に必要なモノを、手間隙惜しまずデザインしていることが、その場に身を置くと分かりあえる気がするからです。 実際本野は、この住宅に必要とされるすべての家具を自らデザインし、ほとんどがオリジナルの状態で残されているのですから、驚きを隠せません。 つくり手も立派なら、住み手も立派です。

本野のデザインした家具は、建物同様、装飾を廃した簡潔なもので、壁に護られた環境ゆえ、重苦しくならないように配慮されています。 そして、どの部屋にも共通していえることは、いずれもが重心を低く抑えてあることです。
こと住宅においては、日本では椅子座の住まいであっても、必ず玄関で靴を脱いでから利用する約束になっているはずで、日本間のまったく存在しない栗原邸も、この点では同じです。 無意識のうちにも清潔な床を尊ぶ国民性は、たとえ椅子に座っていても、床に近しい暮らしが結局落ち着くのだということを、本野自身も承知していたらしく、椅子やテーブルの高さは意図的に低く設定されています。
これが低い窓台や暖炉とあいまって、まるで武道家の歩行姿勢みたく、ぐっと腰が据わった独特の安定感を醸し出すことに成功していて…。 だからでしょうか。 理屈抜きに居心地良いと感じ、ついつい長居してしまうのも致し方ないことではあります。

そんな栗原邸のなかでも、(個人的に)とりわけこころ安らぐ場所が2階東南角の寝室です。
もともとは子ども用の寝室として設計されたであろうこの部屋の、暖炉と南向きの大きな窓とに挟まれた とっておきのコーナー に、まるで安住の地を見い出したかのように、一脚の子ども用の椅子がしっくりとおさまっていることに気づきます。
1階の食堂に置かれたテーブルにあわせてつくられたであろう、ちっとも目立たない木製の、一見何てことない子ども椅子は、よくよくみると最小限の材料で、完璧な機能性と比類のない安定感を併せ持った、非の打ちどころのない暮らしの道具でした。
か細い角材は重みのかかる脚部と、幾分負荷の少ない背やアームとでは、微妙に太さを違えてあることは無論、どれもこれも角度が垂直ではなく荷重のかかる方向へ傾けられ、破綻することなく全体がまとめられています。 座枠の継ぎ目ひとつとってみても、目につきにくい箇所を選んであるところなど、子ども用の椅子一脚に ここまで丹精込めるのか と天を仰ぎたくなるような仕事ぶりは、紛れもなく、日本のデザイナーと日本の職人だったからこそなし得たものに違いありません。
どうやら、無骨なコンクリートブロックの壁にも、ちっぽけな子ども椅子にも、同質の気韻がただよっているようです。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment