プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

12月16日(月)

聖アグネス教会

京都御所のすぐ近くに、古びたレンガ積みの教会があります。
通りが交差するコーナーには四角い鐘楼があって、それが教会の目印のようになっていますが、聖堂そのものは目立たないようひっそりとたたずんでいる、ずいぶんと控えめな印象があります。 ことに、ごつごつとしたレンガ積みの外壁などはその分厚さも手伝って、時間の経過とともに、地面から生えているような風格を身に着けてゆくようにも思われます。
聖アグネス教会は、1898年(明治31年)にアメリカ人の建築家 J.M.ガーディナー(James McDonald Gardiner) の設計によって建てられました。 ガーディナーという方、写真で拝見するとなんだかとっても怖そうなのです。 そういえば、建物の外壁もごつごつしているし…。 でも、建物も人も、外見だけで判断してはいけないのです。

案の定、こじんまりとしたちいさな入り口から、一たび聖堂のなかに足を踏み入れると、頑丈なレンガ積みの外壁とは裏腹に、華奢でしっとりとした空気をまとった、どこか懐かしい、しんみりとした気分になってしまいます。 かつて訪れた教会はどれも、ぴんと張り詰めた空気をまとった、否応なしに荘厳な気持ちにさせられてしまう非日常の空間であったのに、ここは不思議と我が家に帰ってきたかのような、おだやかな、こころやすらぐ におい がする。

聖アグネス教会

でんでん虫みたいな手づくりの長いすに腰下ろして、しみじみ眺める聖堂は、外周こそ分厚いレンガ壁に護られていますが、そのなかは、ほっそりとした木製の柱や梁材が併用され、おまけに壁はしっくいで隅々まできちんと塗り込められて、僕たちが普段から慣れ親しんだ呼吸するモノたちで、そこらじゅうあふれているのでした。
それでもよくみると、屋根を支える梁組みは合理的な西洋式のトラス梁ですし、そこかしこに先のとがったアーチ型の窓を取り込んではいるものの、どうみてもそれらをつくっているのは、僕らのすぐそばでとんかん鎚をふるっていそうな、気取りのない町家大工さんのように思えて仕方がないのです。 材料もそんなに上等ではない、ありふれたものを上手に使っているとこなど、そのあたりの町家とちっとも変りません。 にもかかわらず、どこかしら洗練された、そこはかとない気品を漂わせているために、たとえそれが教会のような神聖な空間であったとしても 場違いな感じ がしないのかもしれません。

それなりに時間を経てきた建物は、実際床板もキズだらけで、最初は真っ白だったかもしれないしっくい壁も、今では幾分黒ずんで、ところどころヒビ割れたりしていますが、いつの時代でも変わることなく、愛情持って使われ続けていたであろうことは、その場に身をおいてみればすぐに分かってしまうものです。 そんな心地よい空間に響くパイプオルガンの音色は、どうも、やっぱり荘厳ではなくて、ちょうど河原の石のように、水の流れにあちらこちらでもまれながら、次第に角がとれて、やわらかに、まろやかに僕の耳に届く。
だから、この建物を設計したガーディナーも、見た目はちょっとおっかなそうでも、内面はおだやかでやさしい人だったのかな。 などと、想像してみるのでした。

聖アグネス教会
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment