プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

06月16日(土)

+J のカットソー

いつの時代でも、たとえ目の前に幾多の苦難が立ちはだかっていたとしても、純粋で一途な想いを見失うことなく、自ら信じる道を一歩一歩あゆみ続ける人たちが、 美 というものを創造しているのではないかと思うことがあります。
「美は、指をパチンと鳴らして出てくるようなものではなく、長い経験のなかで培われた技術とともに、時間をかけて紡ぎ出していくものなのです」 と語るのは、シックでエレガントな高級ファッションを手がけるデザイナーとして知られる ジル・サンダー(Ms.Jill Sander) です。 そんな彼女が2009年から2011年にかけて、大手カジュアル衣料メーカーの ユニクロ とコンサルティング契約を結び、実現したブランド 「+J」 が、まさにそうでした。

贅沢な素材をおしげもなく使い、第一級の腕前を持つ西欧の職人たちの手で仕立てられる高級ブランドの衣類に対し、限られた予算のなかで吟味をかさね、素材の本質を見抜き、合理化されたアジアの工場の生産ラインによって成し得た低価格の衣類。 その価格差は10倍以上。 たまたま冷蔵庫に余っていたありあわせの食材であっても、素材それぞれのよいところを見つけ出し、引き出して、とびきりおいしい料理をつくる人がいるように、真のプロフェッショナルは、目の前の条件が厳しければ厳しいほど、めらめらとチャレンジ精神がわきあがってくるものなのです。
ジル・サンダーというデザイナーも、きっとそうなのでしょう。 しょせん低価格品なのだから と諦め、手を抜くのではなく、すばらしいモダンデザインを多くの人々へ届ける という、夢のある仕事へと変身させてしまうのですから。

+Jのカットソー

「+J」 は、秋冬コレクション3回、春夏コレクション2回、計5回のコレクションが発表され、日本国内では一部のユニクロ30店舗で、海外ではニューヨーク、パリ、ロンドンなどの店舗でも販売されました。 僕は、2010年春夏コレクションのうちの一着、 レイヤードVネックT という、長袖のカットソーを使っています。
ジル・サンダーの手がける衣類は、ミニマルとかシンプル、などといった具合に巷では表現されているようですが、たぶんそれは 「無駄を省いた」 とか、 「単純にしました」 といった類のものではなくて、素材に対する想いを追求した結果そのようになったのではないか、と僕は考えています。 つまり、ユニクロの定番製品とは似て非なるものではないかと…。

イタリアやフランスなど、立体的な縫製技術によって、脈々と受け継がれてきた伝統の流れに裏打ちされた西欧のブランドでは、着る人のフィット感を重視したスタイリッシュな衣類を得意とするところですが、これらは全て、快適な着心地を得るために生み出された高度な技術があってはじめて成り立っているはずです。 格好だけよくても、窮屈で人の動作にそぐわない洋服など意味がないのですから。
「+J」 もやはり、フィット性のすこぶる高いもので、着る人のからだのラインから導き出される 美しいライン を過たず見い出し、衣類へと翻訳しているのだろうと想像するのです。 そして、その美しさは、常に 快適さ とともにあるはず。

製作にあたっては、デザインはもちろんのこと、生地の選択からカッティング、縫製方法にいたるまで、デザイナー自身が手がけています。 いくら低価格の衣類であっても、美しくないもの、快適でないものは論外ですから、素材の扱い方が殊のほか重要なのです。
カットソーの生地は薄手の綿89%、ポリウレタン11%です。 天然繊維である木綿の割合が高いのは、素肌に近い衣類の着心地や肌触りを重視しているからですが、反面、汗を吸収しやすいので、春夏シーズンの着用を考えると、汗で生地が肌に張り付いてしまい、どうにもいただけないことになってしまいます。 ただですら衣類がからだにフィットしているのですから。
そこでデザイナーは、汗は吸収しにくいけれど肌触りの劣る、ポリエステルなどの化学繊維に安易に流されることなく、適度なフィット感を維持しつつも、着る人と衣類との間に、ほんのわずか 「空気の層」 を確保して、袖口や裾から取り込んだ空気が全体をするりと通り抜けて、V字の襟口からきれいに排出される 「風の道」 をつくっているのではないか、と僕は解釈しています。
風のように目にはみえないけれど、肌で感じるもの、それを視覚化したものが彼女のつくる衣類なのだと。

+Jのカットソー

ふっくら白い生地はやんわり薄く、そのまま仕立ててしまうと、全体がぺろんとしていますから、袖、襟、裾口にそれぞれ別布を縫い付けて、だらけた印象にならないよう、適度にしゃきっとした感じにまとめています。 この 別布 が付加されることで、擦り切れたりヨレたりしないように、さり気なく補強しつつ、そこだけグレーに染め上げ、同色のステッチとあわせてチラっと覗かせることで、さわやかな、どこか清潔な印象を、そこはかとなく醸し出しているのでしょう。
ジル・サンダーの、生地に対する選択眼と色彩感覚には、他の追随を許さない、非凡な才能を感じてしまいます。 殊に、グレーの解釈の見事さには目をみはるものがあります。 グレーを 無難な色 と考えるか、それとも、途方もなく奥行きのある 神秘の色 と考えるか。 この違いが、その後に生み出される衣類の印象を、大きく左右するはずです。

あらゆる難題から逃げることなく、快適で美しいモノを創造する。 それは決して高価ではないけれど、豊かなファッションも成し得るのだと、一人のデザイナーが確かに証明してみせたのです。 指をパチンと鳴らすことなく…。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

まとめtyaiました【 J のカットソー】

いつの時代でも、たとえ目の前に幾多の苦難が立ちはだかっていたとしても、純粋で一途な想いを見失うことなく、自ら信じる道を一歩一歩あゆみ続ける人たちが、 美 というものを創造しているのではないかと思うことがあります。「美は、指をパチンと鳴らして出てくるような... ...

 
 

Comment