プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

06月16日(日)

よるくま

目を閉じていても、みえていることが稀にあります。
なぜ 目を閉じているのにみえる のかというと、たぶん、目でみた もの や こと が、こころの奥の深いところにあやまたず届いているからなのだろうと、僕は考えています。 そして、時にそれはまぶたの裏にぴしゃりと焼きつくことなく、生きて動いているような気がするのですが、不思議なことに僕の場合、対象が現実の出来事でも、映画でもなく、どうやら絵本の場合に限って起こり得るらしいのです。
絵本という、紙に印刷された、絵と物語で出来上がった単純この上ない媒体は、単純だからこそ、この手で触れページをめくることで、いつしか読み人をどこか違う世界へといざなってくれる。 そんな可能性を秘めているのかもしれません。

よるくま
「よるくま」 酒井駒子 作 
(偕成社)

「よるくま」 という絵本は、最初のページ、絵はぴたり静止しています。 どこにでもある、普通の絵本みたいに。
それがある日の晩、 よるくま(※クマの子です) が男の子の家を訪ねてきて、ふたりが出会うあたりから、なんとなく絵本のなかのふたりが動き始める。 どうやら よるくま が、いなくなったおかあさんを捜しにきたらしいのですね。 目が覚めたら、おかあさんがいなかったと。
どこにでもありそうで、実際は存在しないであろう、かりそめの街や公園を、ちっぽけなふたりが手をつないで、おかあさんを捜し歩くシーンは、ちっとも面白くも、また可笑しいわけでもなく、むしろ、ほんのりと淋しく悲しい。 どこか宮沢賢治の童話にも通じる静かな旋律のなか、紙の上に描かれたふたりは確かに生きてそこにいて、しっかり手と手をつないで歩いている。

どうにもくじけそうになった頃、場面がぐるりんと展開して、ふたりはおかあさんのそばに引き寄せられます。 そう、 よるくまのおかあさん です。
おおきなおおきな よるくまのおかあさん は、確かにクマのはず。 そして男の子はやっぱり人間で、 よるくま はもちろんクマの子。 それなのに、もう、男の子も よるくま も、 よるくまのおかあさん も 「人と動物」 といった境界を、ぴょんと飛び越えてしまって…。 どこか懐かしい、でもちょっぴり淋しい、ほくほくするようなこの気持ちは何なのでしょう。
もしかするとそれは、作者のこころの奥深くに大切にしまってあった タカラモノ(幼少時の甘酸っぱい想い出) を、そっと取り出して僕たちにみせてくれたのでしょうか。 それが、ほんのり甘い果実のように、絵本としてカタチになったのでしょうか。

それでも、確かに動いていたはずの絵本が、元どおり、ぴたり静止してしまっていることに、あなたはふと気づくことでしょう。
いつのまにか よるくま がいなくなって、男の子だけになり。 とうとう、おしまいのページで、魔法がとけて元の現実世界に戻ってしまうのでした。 あの 「銀河鉄道の夜」 のジョバンニのように、いつかは僕たちも帰らなければならなかったのです。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment