プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

08月16日(木)

ICE

そこに水が入れてあるだけで、不思議と水源を想像させてくれるコップがあります。

祇園にある スフェラ(Sfera) というショップを訪れると、そこには厳選されたいくつかのガラスのコップが並んでいて、 エンツォ・マーリ(Enzo Mari) や ジョエ・コロンボ(Joe Colombo) といった、名だたるデザイナーの手がけた製品のそばに、ややもすると気づかないくらい、見事に気配を消し去ったコップが置かれています。
「気配を消す」 ということは、すなわち 「いたずらに主張しない」 ということで、当然ショップに並ぶコップのなかには何も入っていない、肝心の中身のない 空(うつお) の状態で、水などの液体が注がれてはじめて本来の姿を現すべきはずなのですが、世のなかの製品の多くが、見た目優先の作為に満ち溢れているので、このような製品との出会いそのものが、もはや稀な出来事になってしまっているのです。

このコップは 「ICE」 という製品名で、スフェラが主にヨーロッパでの販売を目的に立ち上げた contrast(コントラスト) という、テーブルウェアなどの日用品を扱うブランドのひとつとしてラインナップされています。 製造もやはりヨーロッパでおこなっていますが、デザイナーは 岩崎一郎 、日本人です。

ICE

もし 「会心の出来」 といえるような仕事が、モノづくりにかかわる人間におとずれるとしたら、きっとこのようなカタチになるのではないか。 と、そう確信したくなるガラスのコップは、巷ではどちらかというと、携帯電話など、コンマ数ミリ単位での緻密な製品デザインを手がけることで知られる岩崎だからこそ、たとえ普段使いのコップひとつであっても、好き勝手なことにばかり終始しないで、時には感情を抑え、引くべきところをわきまえた仕事も厭わず成し遂げることができる。
自由な造形を感情のおもむくままに表現している、一見自由なようで、実は不自由な作家たちの遠く及ばない世界。 ガラスという素材にばかり囚われていては、大切なものを見失ってしまうことを知っている彼は、あふれる感情の向こう側にあるカタチをデザインしたのではないか、と僕は思うのです。

たぶん岩崎は、何も入っていないコップが、完成された姿をしているということ自体が間違っている、と考えたのではないでしょうか。 電子部品を内蔵する家電製品は、使う人と電子部品との間にあるモノを理知的にデザインしているのに対し、 ICE の場合は、使う人と水との間にあるモノを感覚的にデザインしたのではないかと。
実際このコップは、限りなく薄い吹きガラスによってつくられていて、上からみると不整形なのですが、この不整形さがかえって手にしっくりと馴染んで、ガラスそのものの存在を希薄にしている。 弱々しい空っぽのコップは確かに何かを求めていて、それは新鮮な搾りたてのジュースでも、香り豊かなお茶でもなく、無色透明の水に違いありません。 それもキンキンに冷やされた水ではなく、常温の何でもない 素のままの水 がふさわしいはずです。

水を満たされたコップは、ますますその存在を希薄にし、コップ持つ手はガラスという素材よりも、むしろ水そのものの重みや温度を感じ、掌のなかに心地よさそうにおさまるその姿は、どこか滑らかに、落ち着く先を見出したかのような安堵の表情で、僕はあの鴨川を遥かさかのぼった遠い遠い山のなか、霞の国かと見紛うような、 雲ヶ畑 という美しい名の里の、 志明院 と呼ばれる山寺の奥、岩の隙間やシダの下からこんこんと湧き出でる、オオルリやオオサンショウウオが静かに暮らす。 そんな清らかな水源の風景を、おぼろげながらも想像してみるのです。 そこにこの水はつながっているのだと…。

ICE
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment