プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

09月16日(火)

孤篷庵・忘筌

以前会議で、とある年金保険施設を利用したことがあります。 その部屋からは大きなガラスごしに広大な庭園を眺める仕掛けになっていて、どうも、これがなかなか立派なようなのです。 けれども、それでこころが豊かになったとか、言い知れぬ感動をおぼえた ということはちっともなく、いくら巨大な石を据え、美しく刈り込んだ樹木を植えたとしても、たとえクリアに視界がつながっていたとしても、分厚いガラス窓のあちらとこちらとは限りなく遠い関係になってしまっている。
僕たちのご先祖様は、建物と庭とのつながりを何よりも大切に暮らしてきたはずなのに、いつの間にか建物も庭も縦割り行政のような扱いになってしまって、これは何かがどこかで間違ってしまっているのではないか と、疑問を抱くようになりました。

石畳の坂道の向こう側にある 孤篷庵(こほうあん) は、大徳寺の境内からぽつりと飛び石のように離れています。 しかし、紛れもなく由緒正しい大徳寺の塔中で、門前の石橋を渡り、苔むす露地の折れ曲がった先にひっそりたたずむ方丈は、派手さはないけれど、こころのこもったつくりで、途中再建されてはおりますが、もともとが江戸時代初期の建物ですから、ここではガラスのあちらもこちらもあろうはずもない。
そんな、すがすがしい建物の一角の 「書院の間」 に相当する一室が、書院にしては随分と控えめに、これまたここだけ飛び石のようにぽつりと据えられたかのような、どこか異なるたたずまいで、皆さんこの部屋を 忘筌(ぼうせん) と呼んでおります。

そもそも孤篷庵は、作事奉行にして茶人でもある 小堀遠州 の菩提所として創建され、敷地を移転した後、茶席として工夫された座敷 忘筌 を生み出したのだそうです。 遠州は、本来は武家の住まいである 書院づくり を茶の湯の所作に馴染ませるために、床の間の落とし掛けも違い棚も省略してしまって、驚くほどにモダンな解釈で、実にすっきりと諸々のややこしい問題を解決してしまっています。
相伴席を含めると京間で12畳もある空間は、いささか広すぎて茶席としての親密さに欠けてしまいかねないところを、凹凸のある変化に富んだプランと、開口部を縁側に開かれた4枚障子と点前座にあたる床の間脇の地窓のみに絞り込むことで、どこか包み込まれるような居心地のよさをつくり出し、10人くらいの客を招くこともできれば、一人静かに過ごすことも厭わない。 それはそれは奥の深い世界。

孤篷庵・忘筌

茶席といえど元来は書院なものですから、本来は目一杯庭に開放すべきところを、有り余る庭をあえて奥行き3mほどに生垣で仕切り、しかも、わざわざ縁側の外に中敷居を取り付けて、上半分を障子窓で閉じてしまっています。
唯一ともいえる外部への視線を、玉砂利を敷いただけのちいさな庭の足元のみに狭めることで、がらんとした茶席に不思議な親密感が生まれ、何でもない玉砂利と、これもありふれた生垣や幾本かの庭木がちらちら覗くなかに、ぽつりぽつりと石灯篭と手水鉢と庭石が浮かぶささやかな点景が、僕の目には故郷の瀬戸内のやさしい海にみえる。
遠州は近江の国の出身ですから、琵琶湖の景色を思い描いたのはまず間違いないでしょうが、このささやかな庭園は、広大な太平洋や荒々しい日本海を知らない、おだやかな水辺のさざなみのみ見知る者の夢見た 「理想の風景」 なのかもしれません。

満月の夜に映る水面の、遥か遠く38万kmあまり離れたお月様ですらはみ出してしまいそうな、ちっぽけな手水鉢に注がれた溜まり水を除いては、池ひとつとてない庭が瀬戸の海や琵琶の湖にみえてしまうのは、ほんの数歩にも満たない間合いのなかの、縁側の広縁から落し縁、さらに沓脱ぎ石からたたきの土間へと、一段一段庭へと近づく間隔が、 舟入の窓 と呼ばれる中敷居によって狭められた唯一の開口によってかろうじて繋ぎ止められることで、何でもない玉砂利の庭に、こころの奥深くにしまってあった、懐かしい水の風景が現れる。
巨大さや豪華さが重要なのではなく、遮るもののないなかで、庭と建物との距離感をどのように見極めるのかがいかに大切か。 ガラスは確かに優れた建材に違いありませんが、このことを忘れてしまってはいけないと思います。

忘筌の天井は、ごくありふれた(といっても水の流れを彷彿とさせる美しい板目の)竿縁天井に白い胡粉を摺り込んであり、既にそのほとんどが失われて、杉の地板が顔をみせはじめてはいますが、他に例のない、ちょっと想像するだけでも相当にモダンなデザインの意図するところは一体何だったのでしょうか。
それをぜひとも知りたいものだと、からりと晴れ渡った明るい庭と薄暗い室内の対比が印象的な午前のようす、 日が傾き西日が舟入の窓の障子に差込んで、背後のカエデの葉陰を映し出す劇的な光の演出… と、幾日も通う度に様々な表情をみせてはくれるけれど、そのようなメリハリのある光も、あの薄暗い天井まではとてもとても届かない。
ところが、時折しとしとと雨の降る、そんな光の乏しい日のことでした。 あの弱々しい光が縁側の外の 舟入の障子窓 をほんのりと照らし、その内側の左右の障子窓にようよう届いた光は、中敷居の下をすり抜けた光と、上の障子を透過したどうしようもないくらいにかすかな光となって、下から上に灰色のグラデーションを描き出し、どちらの障子も一枚の白い和紙のはずなのに、人の目では直接判別できないくらいの、本当にわずかな光の強弱をも余すことなく掬い取ってくれる。
もし、そこにガラスが一枚でも入っていたとしたら、ことごとく跳ね返されてしまったに違いない繊細な光が、ここには確かに存在してしていて、その光は、あの薄暗い天井をほんのりと照らしていたのです。

遠州はこの光を受けるために天井を白く染めたのだと、実に400年近くの時を経て、ようやく僕は気づきました。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment