プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

06月25日(火)

太田喜二郎邸

太田喜二郎邸ほど、物静かで気配を消した建物は、世の中にそうはたんとはありますまい。
といっても、人里離れた山の中にあるわけでも、路地奥の分かりにくい場所にあるわけでもありません。 京都でも名の知れた、大きな通りに ででん と面している。
ここにあるぞ と、余程意識していても知らず知らず、いつの間にやら通り過ぎてしまう。 藤井厚二の作品なのだ と、厳しく言い聞かせても、気づいたら通り過ぎていた。 そのくらい、つくづく目立たない存在なのです。

あらためて、建築家・藤井厚二の残した住宅のプランを振り返ってみると、どれも随分ぼこでこしていて、一つとして整形にまとまった試しがありません。
たぶんそれは、その土地の環境、あるいは地形であったり、陽の差し込み具合や風の流れ といった、固有の要素を注意深く読み取りながら、そこで立ち働く女中を含めた家族皆の幸せのために、外側(表層)からではなく内側(本質)から、あくまでも合理的に、偽りなく素直にカタチにしているからなのだと気づきます。
要領が悪い というよりも、生来、胡麻化すのが嫌いな性分なのでしょう。

材料は、基本的にその土地で当たり前に手に入るもの。 たとえば、屋根材であれば瓦や銅板、壁材であればしっくいや板材といった具合に。
実は、材料の選択は断熱性能の実験データに基づいていたり、目につかない部材同士の収まりに工夫が凝らされていたり、慎重には慎重を重ね、くれぐれも環境との調和を乱さぬよう、細心の注意を払ったうえで信頼に足る棟梁の手へと託され、入念に施工されている。 ぼこでこしていたって、ちっとも構わない。 公共建築と違い、個人の住まいである住宅が、殊更に人目を引く必要などないのですから。

洋画家である太田喜二郎が、自邸兼アトリエの設計を藤井厚二に依頼した理由。 それは、双方が同じ職場で働いていたから。
京都帝国大学に建築学科が新設されたのが1920(大正9)年。 建築の専門家である藤井が建築学科の講師へと着任し、後進の育成に携わっていた同じ学び舎で、太田もまた絵画教育に携わっていた。 しかも、同じ建築学科の学生に対してです。
定規や製図台を使った工学系の実習と並行して、芸術的な素養を身に着ける目的からフリーハンドによるデッサンや油彩画の実習が行われていた都合上、お互い顔見知りとなったのがきっかけとなり、その後、職場を離れても家族ぐるみで付き合うほど仲の良い間柄に発展したとのこと。

おそらく、設計を依頼した当初は、職場の同僚だし年齢も近いから… といった、ごくごくありふれた理由だったものと思われます。そこはお互い、分野は違えど創作の世界を生業とする身ですから、建築のことは万事、藤井に任せる方針でプロジェクトが始まったのでしょう。
第一期工事では、将来の増築も視野に入れながら(肝心の)住居空間に加え、仕事場となる必要最小限の画室、そして双方をつなぐように接客スペースを組み込んだ、慎ましいながらも椅子座と床座が仲睦まじく融合する、西欧の模倣ではない、日本人のためのモダンで快適な建物が姿を現します。 ちなみに、画家のアトリエを手掛けたのは、藤井のキャリアの中でも太田喜二郎邸が最初で最後の機会だったそうです。

藤井が最初に設計した画室は、三方向に窓が設けられた、自然採光や通風に優れる、すこぶる居心地よい空間で、庭への眺望から視覚的な広がりを、隣接する応接間との間の建具を開放すれば空間的な広がりをも得られる。 それはそれは非の打ち所のない、秀逸な出来栄えだったものと推察されます。
これも単なる推測にすぎませんが、実際出来上がった建物に暮らし始めて以降、施主と建築家という立場を超え、創作者同士が腹を割った、今でいうところのコラボレーションが繰り広げられる、本当の意味での創造的な出発点に立ったのではなかろうか と。

あたたかな障子窓から漏れ入る、やわらかな光に満たされた画室空間を見事に実現してみせた、光線こそが精神的な安らぎの源と主張する藤井に対し、光そのものに意味を見出し、色彩に置き換えようと試みる太田との二人三脚による、新画室棟のための第二期増築計画が始まるべくして始まり、その道を究めようとするプロ同士、お互いを尊重しながらも更なる高みに到達しようとしのぎを削る… 。 苦しいながらも、さぞや充実した、夢のようなひと時であったに違いありません。

太田喜二郎邸

太田が望んだのは、天井高さが4mを超える空間にたった一か所、北向きの腰高なガラス窓から音もなく光が降り注ぐ、どこまでも静謐に、ピンと張りつめた空気を孕んだアトリエ。
そのアイデアを、藤井が最大級の敬意をもって嘘偽りなく具現化し、その背後に、あたかも二人の友情を記念するかのように、庭に面しておおらかに開かれた、しごく暢気で肩ひじ張らぬ茶室を併設することで、ささやかなプロジェクトに自ら終止符を打ったのではないでしょうか。

吹き抜けというほど仰々しくはない。 切妻屋根によって切り取られた天井の高い新画室棟は、平屋建てよりは幾分上背はあるけれど、二階建てには及ばない。 図らずも、伝統的な京町家でいうところの厨子(つし)二階の背丈。
ちょうど、日本人が最も心安らぐ絶妙なスケール感を授かり、大半がしっくい壁と板壁とに覆われた無愛想さ加減が功を奏して、しみじみと心地よいくらいに目立たない。 いえ、きっとこんなのを 端正 とでもいうのでしょう。
だから、太田喜二郎邸ほど、物静かで気配を消した建物は、この世の中にそうはたんとはありますまい。