プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

03月25日(月)

魔法の輪

若くしてル・コルビュジエ(Le Corbusier)に才能を認められ、暮らしに身近な家具から設備、建築、環境に至るまで、曇りのない視点からあらゆるデザインを手がけたシャルロット・ペリアン(Charlotte Perriand)は、金属のように硬質な工業素材であれ、木や竹のように柔軟な天然素材であれ、それぞれの長所を自在に組み合わせ、モダンで普遍性の高い、独自の 軽み を体現することができた稀有なデザイナーといえるでしょう。
そんな、70年あまりにも及ぶ長く輝かしいキャリアのなかでも晩年期に、あたかも有終の美を飾るかのように、生まれ育ったパリの地に幻のように出現した作品が 茶室 であったことは、日本のデザイン界に多大な影響を与え、また、自身に対してもはかり知れない影響を受けたであろう日本という国が所有する文化の本質を、時に日本人以上に理解し、敬愛していた彼女にとって、ある意味とても自然で必然的な出来事だったのかもしれません。

20世紀末の日本は、豊かな経済力によって、もっぱら金銭的な面からの社会貢献においては国際社会から一定の評価を得ていたものの、こと文化的側面からの貢献度については必ずしも十分とはいえず、各国から批判の声が絶えませんでした。
そのような時代背景があったからでしょうか。 折りしも、日本の伝統文化を象徴する 茶 を通して、世界の人々との理解や絆を深め、新たな文化を創成することを趣旨としたイベントが企画され、草月流・勅使河原宏の総合演出により1993年5月3日から15日にかけて、ユネスコ本部のピアッザ広場内に(ペリアンを含めた)世界で活躍する4人の建築家がそれぞれ茶室を制作し、いわゆる 「パリ大茶会」 なる催しが実現されるはこびとなったのだそうです。

勅使河原の依頼により、立案時からプロジェクトに参加していたペリアンは、1930年代、20代後半の頃にコルビュジエのアトリエ時代の同僚であった坂倉準三から贈られた岡倉覚三(天心)著「茶の本」を通して、まだ見ぬ日本の伝統文化に触れ、その後、1940年から41年にかけて商工省からの招聘により輸出工芸アドバイザーとして来日したという経緯があります。
その際、全国の産地を訪ね歩いて交流、見識を深めましたし、大戦をはさんだ1953年から55年にかけては、夫の東京転勤にあわせて幼い娘と共に再来日を果たし、伝統的な日本家屋に暮らしながら、床に座る前提でつくられた重心の低い空間にも調和した様々なモダン家具を考案・制作。 失われつつあった日本の洗練された文化や生活習慣をひろく発信する、今でいうところの日本とヨーロッパとをつなぐ 親善大使 的な役割を担う存在だったのでしょうから、文化交流の橋渡しのための茶室制作は、たとえ、イベントを前提とした仮設の建物であっても、彼女にとって、想い入れの強い仕事であったに違いありません。

思うに、参加した建築家のうち唯ひとり、シャルロット・ペリアンのみが 「茶室という極小空間のなかに宇宙大の真理がある」 という、茶の精神、つまりは 禅の思想 に身をゆだねながら、師であるコルビュジエが理想とし追及し続けたモダニズムを、師とは異なる観点から彼女なりに表現しようと試みていたのではないでしょうか。

ユネスコ パリ日本文化祭の茶室

構想時のスケッチから拝察するに、「茶の本」の著者である天心いわく 「正統の茶室の広さは四畳半で、維摩(ゆいま)の経文の一節によって定められている… 」 に従って、まず茶室を四畳半と定め、そこから雁行するように縁側や水屋等を合理的に配しつつシンメトリーを崩す伝統の平面構成にはじまり、茶室に通じる露地庭との関係を模索するなか、亭主の席となる点前座を中心とした 円 を茶室と露地庭の周囲に描いて、外界とを別つ 結界 を張るアイデアを構想した段階で、おのずとその円(※ ペリアン自身は 「魔法の輪」 と表現しています)が建ち上がってドーム状の構造体を形成し、ドームによって切り取られた聖域のなかに茶室と露地庭とが一体となった、ペリアン流 茶の湯のスタイル を確立してしまったのだろうと、個人的に解釈しています。

騒々しい都会のただ中にありながら、森のただ中であるかのような静寂を得るために考案された ドーム状の結界 は、直径約7.5mの円形に並べられた計18本の竹竿のテンション構造によってもたらされる仕組みになっていて、根元近くに所々枝葉を残した竹竿の周囲をぐるりと鉢植えの竹が取り囲むことで、聖域である露地庭に足を踏み入れたとたん、カチッとスイッチが切り替わるように、それまで意識していた竹竿の構造体は頭のなかから消滅して、竹林の奥深く、人知れず結ばれた草庵にでも身を置いているかのような、静寂に包まれた環境がつくり出されたはず。
玉石が敷き詰められた露地庭には、壁も、柱も、それから建具すらも省略された、限りなくフラットな畳の間と縁側とが心持ち地面から浮き上がり、簡素な板張りのキューブとそこから片持ち構造でせり出した上下二本の貫と貫との間に和紙を張り渡しただけの浮遊する壁が、音もなくすっくと建ち上がって水屋と床の間の役割を担い、その上空に傘状の薄い天幕が 天女の羽衣 さながらにふわりと架かる。

連綿と受け継がれてきた伝統の木構造を巧みに応用しながら、本来なら建物に必要不可欠なはずの軒の深い勾配屋根を、(マリンスポーツ用に開発された新素材である)ポリエステル製の一枚布に置き換えることで、従来の些細な形式や約束事にとらわれず、ただし、くれぐれも数寄の本質だけは踏み外さないよう、最小限の材料で、茶の湯としての機能のみならず 茶の湯の精神 をも満たした上で、16世紀に極東の島国で発明された極小建築にすぎない茶室が、実はモダンで洗練された20世紀最良の近代建築にも匹敵する質と美しさを宿しているのですよ。 と、国際社会のハレの舞台で、ペリアンは見事に証明してみせたのです。

壁らしい壁も、屋根らしい屋根もない。 短期間のイベントに特化した仮設の空間だからこそ表現し得た、天空から淡い緑色に透かされ拡散した光の粒子が静かに降りそそぎ、五月の風がそよそよと頬なでながら通り過ぎてゆく、どこか懐かしく、すがすがしい感覚。 もはや、それは 茶室 というよりも、深い深い竹林のなか、ぽっかりと開けた陽だまりに、ほんの束の間催された 野点(のだて) のような儚い出来事だったのかもかもしれません。
だから、さらさらと小気味よく耳くすぐる笹の葉の擦れ合う音に、茶室がこの世に誕生するよりも遥か遠い昔、日本でも最古の物語と伝えられる 「竹取物語」 に登場する、竹取の翁や、かぐや姫の麗しい姿をふいに連想して物思いにふけるのは、おそらく、僕ひとりだけではありますまい。