プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

09月24日(月)

大阪教会

日本でも最古級のプロテスタント教会として知られる大阪教会の、1922(大正11)年に建設されて間もない頃と思しき、周辺の街並みとともにおさまった写真を拝見したことがあります。
明治から大正期にかけて流行したレンガ造の建物としては最後の時代に相当する、ヴォーリズ(William Merrell Vories)設計の建物にしては意外なくらい、ある意味、無骨といえなくもない堂々としたいでたちの会堂は、今でこそつるぴかの高層ビルディングに周囲を取り囲まれ、異彩を放っているようにも見受けらるやもしれませんが、かつての土佐堀界隈は隣接する船場と同様、切妻屋根のがっしりとした骨太の商家のまにまにしっくいで塗りこめられた土蔵がそこかしこにそびえ建つ、いかにも商いの都 「大大阪」 の名に恥じない重厚で落ち着いた街並みに調和するよう配慮された、どっかと大地に腰を下ろしたかのような切妻風のフォルムにすらりとした鐘楼の組み合わせから、この地にふさわしい教会として生を受けたであろう成り立ちが手に取るように伝わってきて、長年の風雪や空襲、震災にも耐え抜いてきた、あのごつごつっとした印象のレンガ壁ですら、いつのまにやら懐かしくも頼もしい存在となって、いつの時代も変わることなく、この街の人々をあたたかな眼差しで見守ってくれているかのようです。

商家の作法に倣ってか、それとも敷地との兼ねあいか、大きな教会にもかかわらず、通りに面して間髪容れず積み上げられた表情ゆたかなレンガ壁の中央にエントランスが設けられ、けれども、その向こうがすぐさま 礼拝堂 というわけではなく、限られた奥行きのなか、一旦左右に振り分けられた、あのヴォーリズ建築に特有の 「いつまでも上り下りしていたい」 と誰もが願わずにはいられない、疲れとは無縁の、幅広のどっしりとした、ひどく手触りのよい手すりのある めくるめく階段 を体感してから、2階レベルの礼拝堂へと導かれる仕組みになっていて、このわずかな 間 をはさむうちに、しばし呼吸を整え、静かに居ずまいを正せば、ややもすと忘れがちだった素直なままの あなた自身 に出会えることでありましょう。

名だたる企業や銀行、文化施設にいたるまで、あり余る財力と上方の威信をかけて、贅の限りを尽くした目もくらむような建築はこの街に星の数ほどあれど、信仰心ある人々の献金によって地道にこつこつと積み上げられた大阪教会には、やはり素朴な レンガ積み こそふさわしいとの信念からか、ちょっとした装飾や化粧材はアプローチとなる階段室まわりと講壇のみにとどめ、驚くほどに質素な礼拝堂の大空間はしかし、空虚さなど微塵も入り込む余地さえないくらいの みずみずしい生気 に満ち満ちているのでした。

日本基督教団大阪教会 礼拝堂

空間を立体的に活用した多層構造ゆえ、礼拝堂を支える床スラブや梁材、基礎等に鉄筋コンクリートを併用してはおりますが、ひとつ、またひとつ… と、西欧の伝統に従い、あたたかな人の手で積み重ねられたおびただしい数のレンガによって教会としての骨格がかたちづくられ、すべての外壁はおろか、室内においても人の目線に近い腰壁や正面の講壇を縁取るプロセニアム・アーチ、側廊との間を程よく分かつ柱どうしをつなぐアーチといった、要所要所にレンガそのものの構造を臆せずあらわにする。

嘘偽りのない正直な表現方法は、どこか日本の柱・梁を隠さず見せる木造の伝統工法に通じる美学すら漂い、この国の土地に根を下ろす限り避けては通れない地震からの恐怖に、古民家も顔負けの図太い木材を、これまた西欧の小屋組みではすっかりお馴染みのキング・ポスト・トラスで分厚いレンガの壁をがっちりとつなぎ止め、 金輪際倒壊させはしないぞ! という、強靭な意志の強さが無言のうちに伝わってくるかのような建物は、つくり手たち、そして会堂に集い祈りを捧げる人たちのぬくもりが感じられる場所 とでも表現すればよろしいでしょうか。 ここには、壁にうがたれたちいさな窓ひとつ挙げても、ひとつひとつがそこに存在する意味がちゃんとあるのです。
永遠に交わるはずのない(と誰しも思っていた)、西欧と東洋の文化や思想がこれっぽっちも矛盾することなく、ただただ純粋な祈りの空間となって同調し、教会という名の建築物として何も変わらず、90余年にわたって存続し続けている事実には驚くほかありません。

かくまでも厳格に、直線と半円を巧みに組み合わせながら、いささかたりとも無駄のない(無駄にできない)、正直で力強い空間を創造し、人が直接からだを触れる礼拝堂の長椅子にのみ、微妙に曲率の異なるゆるやかなカーヴを与えながら、それとなく全体が講壇を包み込むようにひとつになっている。 決して完璧ではなく、どこかに弱さもあり、 「あたたかな血の流れる人間がつくったんだな」 ということが、手づくりの座布団を通して、おしりの下からやんわりじんわりと伝わってきて、きっと、こんな気持ちにさせてくれるのが ヴォーリズ建築 なのかな と。