プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

06月23日(土)

ババグーリの蚊取り線香入れ

ヨーガン レール(Jurgen Lehl) というと、有名百貨店などに店舗展開している、主にレディスのブランドを手がけるテキスタイル・デザイナーといった印象があり、あまり詳しくは知りませんでした。 僕に限らず男性であれば、だいたいこんな感じだと思います。
2006年頃に、 「ババグーリ(Babaghuri:インドでとれる瑪瑙のこと)」 という手づくり色を高めた別ブランドを立ち上げ、衣類以外にも器や家具など生活用品の販売を本社倉庫ではじめたと聞いた時も、非凡な審美眼に感心しつつも、どこか西欧人が陥りがちなトロピカルなアシアの味付けが混在する作風には、気持ちは分からないでもないけれど、ちょっとついて行けないところがあって、まるで野生動物のように距離置いて恐る恐る眺めていた という具合でした。

ところが、ある専門誌で彼のモノづくりの根本に焦点をあてた興味深い記事を目にしてからは、隠されたベールの向こう側に見え隠れする、真摯なモノづくりの姿勢に遅ればせながら気がついた次第です。
その記事には、ババグーリ・ブランドで取り扱ってる製品の写真がいくつか掲載されていて、今ではすっかりお馴染みの、どこからかほんわかゆるーい空気が流れてくるような、自然界にあるモノたちから写し取った無国籍デザインたちに混じって、20世紀前半にドイツで誕生し、当時の建築や工業デザインの世界に多大な影響を与えた バウハウス(Bauhaus) の、合理的かつ機能的なデザインの流儀を汲んだかのような、およそヨーガン レールらしからぬ きりり とした面持ちの蚊取り線香入れが、鉄仮面みたく無表情に並んでいて、しかも、それが南部鉄器だというのですから驚きました。

普通 蚊取り線香入れ と聞くと、ぺらぺらのブリキ製であったり、あるいはブタを模した陶器製に象徴される、いかにも南向きの縁側が似合いそうな、気取りのない、のーんびりとしたイメージがあるのに、これは一体どういうことなのでしょう。
そもそも南部鉄器は、東北岩手で手がけられる伝統工芸で、茶釜や鉄瓶に使われるような、ずしりと重厚な印象があり、お世辞にも生産効率がよいとはいえない、工業製品とは程遠い存在です。 もちろん、近年では鍋やフライパンなどの調理器具にも応用されて、随分と現代的になってはおりますが、ババグーリの南部鉄器は、それらとは似ても似つかない 異質なモノ のように思われます。 こうなると、実際にこの手で使ってみるほかありません。

はじめて目の当たりにする南部鉄器は、とろとろに溶かされた鉄を鋳型に流し込んで成型される 鋳物製品 ですから、薄い鉄板を折り曲げて出来上がる板金加工と違ってがっしりと厚みがあり、表面は錆びないよう、実用性を考えて漆が焼き付けられています。 いかにも 鉄仮面 といった表情は、余計な装飾を良しとしない質実剛健なドイツ人の気質と(※ ヨーガン レールはドイツの出身です)、東北の厳しい寒さのなかで培われた寡黙な職人技が出合ったことで成し得た、ある意味偶然の産物なのでしょうか。

ババグーリの蚊取り線香入れ

分からず屋の頑固者といった、どうにも手ごわそうな雰囲気を醸し出している理由は、南部鉄器ということに加え、表面に開けられた穴が、普通の蚊取り線香入れに比べて相当に少ないからなのだということに気づきます。
蓋をされたなかで線香が燻るためには、酸欠にならないよう、常に新鮮な外気を取り込む必要があるので、当然ながら入れ物はそこそこスカスカしていることが大前提なわけなのに、意図的にそうなってはいません。 ある程度のリスクは承知の上で、かろうじて燃え続けるぎりぎりの空気を取り入れる穴と、煙が出てゆく穴を計算ずくで開けているのでしょう。
蓋をすると線香がまったくみえないくらいに閉鎖的な蚊取り線香入れなんて、史上初の試みかもしれません。 よっぽどの理由がなければ出来っこない、本気でモノづくりに取り組んだ証拠です。

一見すると無表情な鉄仮面にも、僅かながらチャームポイントがあったりもします。 円形の上蓋に開けられた五つの丸い穴(※ この穴が煙の出るところ。一方、側面の縦長のスリット部が空気の取入れ口)が、大きさも間隔もてんでにばらばらで、意外にもとぼけた表情を垣間見せる、何とも不思議な魅力を放っているのです。
機能や効率を重視すれば、おのずと規則正しいデザインになるはずなのに… と、20世紀の工業デザインに慣れ親しんだ目からそんな解釈をしたとしても、別段おかしくはありませんが、モノづくりの奥深さというのは結局使ってみなければ分からないもので、試しに渦巻状の蚊取り線香に火を着けると、外側からじわじわ、ぐるぐると、昔のレコード盤のように円弧を描きつつ中心へと近づいてゆくことは、おそらく皆さんご周知のことでしょう。 つまり、煙の位置は時とともに移動し続けるわけで、 ひと所にじっとしているのではない という理屈になります。
不規則に開けられた(かのような)大小の穴は、その時刻、たまたま通りかかった最寄の開口が軌跡に一致すれば煙の出口となり、自然、煙の出る位置や量は時々刻々移ろい続ける という、まるで生きているかのような視覚的演出が仕掛けられている。 機能上不可欠な開口部と渦巻状になった線香の特徴を活かしきった、偶然でも見せかけでもない、高度なデザイン手法に裏づけされた 確信的な仕事 だったのではないかと。

モグラたたきの速度を数百分の一でスロー再生したみたいに、思わぬ位置から煙が顔出すすこぶるのどかな情景は、蚊取り線香入れが無表情であればあるほど、肝心の煙がひと際いきいきと、しかも驚くほど悠長に時間を刻む。 この ゆるーい感じ をヨーガン レールは、モノづくりを通して伝えてみたかったのかもしれませんね。

ババグーリの蚊取り線香入れ