プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

05月26日(土)

ユネスコ庭園

ずっと気づかなかった…。

以前から、本棚の片隅に一冊の洋書がありました。 1958年にイサム・ノグチが手がけた、パリのユネスコ本部のための庭園のみに焦点をあてて執筆された本です。 数多あるイサム関連の書籍のなかでも、かなりマニアックな部類に含まれるといえるでしょう。

NOGUCHI IN PARIS: THE UNESCO GARDEN
「NOGUCHI IN PARIS: THE UNESCO GARDEN」 MARC TREIB 著 (
UNESCO PUBLISHING)

もし、日本の庭園に造詣の深い方々がユネスコ庭園を評するとしたら、多少なりとも困惑するに違いありません。 それどころか 「こんなの日本庭園じゃないよ」 といい出すやも知れません。 けれども、それは致し方ないことではあるのです。

イサムは日本各地の優れた庭園を訪ね歩き、作庭家として名高い重森三玲の助言を受けながら庭石を探し、パリに送り届けた上で京都の庭師と協働で二年余りをかけてこの庭をつくり上げたと聞いております。 サクラ等の主要な庭木も日本から苗木を送って植えているようですから、確かに日本庭園の血統は十分に受け継いであるはず。 それにもかかわらず、こころのどこかで 「これは日本庭園なのだろうか?」 と自問自答してしまう正直な自分が、どこかにいるような気がしてなりません。
やはり、日本の伝統を意識しすぎたイサムらしからぬ仕事なのだろうか と、後年、幾つものイサムらしい庭園を成し得た輝かしい功績を知るものとしては、彼のキャリアのなかでも初期のランドスケープ・デザインに位置づけられるユネスコ庭園の存在は、結局 芸術家ならではの難解な作品 といった煮え切らない解釈のまま、本棚の陰で身を潜め、いたずらに時間だけが過ぎてゆきました。

ところが何かの折に、ふと手に取った表紙カバーの一部がトレーシング・ペーパーのように透けていることに気づき、何気なくめくってみると、そこにはユネスコ庭園の魅力を余すところなく表現したグラフィカルな(本当の)表紙が隠されてあり、このひろい世界でイサムだけに表現し得る美しさと、唯一無二の独創性を驚きとともに再認識したのでした。

NOGUCHI IN PARIS: THE UNESCO GARDEN

この表紙、 ナスカの地上絵 ではないけれど、単純な(しかも、自然界には存在しない人工的な)線のみの組み合わせで表現された庭の輪郭からは、はっきりとした意思(あるいは作為)を感じられ、日本庭園が身上とする曖昧にぼかされた捉えどころのない輪郭とは根本から表現方法が違っています。

ユネスコ庭園は、パリの市街地の、しかも近代建築の粋を尽くしたビルディング(※ 8階建ての本館+5階建ての別館)に囲まれた特殊な条件下にあるわけですから、そもそも伝統の日本庭園を忠実に再現すること自体意味を成さない と、そのように考えた(であろう)イサムは、生来表面的なしがらみからは自由な人ゆえ、日本庭園の精神を彼なりに咀嚼して、日本の材料と職人の技術、それに西欧の材料と職人の技術をミックスするという、国際的な視点とたぐい稀な感性を兼ね備えた芸術家だけに許される型破りな手法でもって、文化を通じて世界をひとつにする というユネスコの考え方にふさわしい空間を創り出そうと意図したのではないだろうかと、おぼろげながら気づいた次第です。 この庭は、イサムの空間芸術への長い長い旅の出発点であると。

ユネスコ本部

職員たちが働く、モダンなガラス張りの本館や別館のオフィス内から庭を眺めると、自ずと上方から見下ろすことになりますが、このような近代的なビルディングに切り取られた環境下においては、輪郭のぼやけた日本庭園よりも全体構成のはっきりした西欧庭園の方が 作品 という意味では優れているといえるでしょう。 だから、自然石と苔に覆われた土とがやわらかなラインを描く日本庭園の定石を、ここではあえて放棄して、かわりに近代建築のありふれた素材であるコンクリートで翻訳され描かれた、芸術家ならではの一見不可思議なラインを 良し とした。 そう、あの隠された表紙のデザインです。

驚くことにユネスコ庭園は、ナスカの平面的なそれとは違い、高低差を駆使した立体造形に基づいて構成されていたのです。
ナスカの地上絵は、地面に立った状態ではその存在に気づく人は皆無ですが、ユネスコ庭園は、庭に身を置くことではじめて、地面のうねりが生み出す表情や絶え間なく流れる水の音を感じ、ぐるり回遊することで20世紀を代表する芸術家の作品を体感できる。 しかも、時とともにうつろう樹々たちを味方に季節ごと、 たった一度きりの空間芸術を垣間見せてくれるはず。

この庭は、全体を見下ろす 「上方からの視点」 と、回遊する 「人の視点」 という、相反する二つの視点から成立しているといえます。
強いて例を挙げるとすれば、西欧に対して日本。 それぞれの国の持つ良いところ。 つまり、異なる個性をひとつのカタチに融合することで生まれた…。 それはアメリカ人の母と、日本人の父を持ち、日本に住めばアメリカ人と呼ばれ、アメリカに帰れば日本人とささやかれ、本当のふるさとを捜して終わりのない旅を続けながら、結局帰る場所を 芸術のなか にしか見い出せなかった彼だからこそ成し得た、たったひとつの庭。 日本とか西欧とか飛び越えたそのまたずっと先の世界で、イサムは大地をまるごと彫刻していたのではないでしょうか。

ユネスコ庭園