プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

10月05日(木)

京都大学 吉田寮

吉田寮の存在を知ったのは、ずっと以前のこと。 実際に住んでいる方がいらっして、その方は京都大学の学生ではありませんでしたが、ご主人が大学の関係者なので入寮資格を満たしている(らしい)上に、家族も一緒に住めてしまう(らしい)懐の深さがあって、しかも、木造の相当古い建物でほの暗く、とっても良いところなのだそうです。
といっても、通りから随分と奥まった立地も手伝って、イチョウ並木の向こう側は、部外者にとって気軽に近づけるとはお世辞にもいい難い、独特な雰囲気を醸し出しているものですから、ある種孤高のベールに包まれたまま、時代も流行も何もかも超越し、いつまでもそこに在り続けるものとばかり思っておりました。

ところが、ここ数年のうちに周囲がこざっぱりとした建物に刷新されつつある様子をみるにつけ、学問にどっぷりと浸るにいかにもふさわしい環境を象徴するイチョウの巨木ですら見るも無残に剪定され、せいぜい建物のアクセサリー程度にしか扱わないかのような冷徹さから察するに、本丸を責めるにはまずは外堀を埋めてから… との不吉な筋書きがふいに脳裏をよぎり、さすがに輝かしい歴史を有する吉田寮とてこの先安泰ではないかもしれぬ と、イベント参加にかこつけ、けれどもそこは生活の場ですから、節度をわきまえ、ご迷惑とならない範囲で知られざる空間の本質をこの身に刻み込むことにいたした次第です。

吉田寮は1913(大正2)年の開設以来、建物そのものは大学の所有ではあるものの、寮の管理・運営には直接関与しておらず、自由闊達な学風にふさわしく、寮生が加入する自治会にすべての権限が委ねられていると同時に、大学の福利厚生施設として、経済的に厳しい状況下にある学生たちが等しく学業に専念できる環境を保証する役割を担っています。
ただ、世間一般の吉田寮に対するイメージといえば、乱雑で廃墟かと見紛うような、退廃的でひどく混沌とした様子を想い描かれるやもしれません。 けれども実際足を運んでみれば、どっちが建物でどっちが寮生なのか、にわかには判然としないくらいしっくりと溶け合って、そこここにあふれ返っている暮らしの道具たちは乱雑に散らかっているわけではなく、一定のルールのなかで規則正しく散らかっているように思えてならず、そもそも掃除が行き届かないのは寮生のほとんどが親元を離れ、はじめての共同生活だと解釈すれば、多少の差こそあれ、どこだって似たようなものなのかもしれません。

もともと、寮内には事務員のほか調理員や守衛、小使い といった人々が常駐し、不慣れな寮生たちの暮らしをサポートする手厚い体制が整えられていた、エリート学生が起居する京都帝国大学寄宿舎の名に恥じぬ内容であったものが、どこでどうボタンを掛け違えてしまったのか、本来、信頼関係にあるべき大学当局との歯車が次第にかみ合わなくなり、空回りするかのように、身のまわりの世話をする職員の確保すらままならず、草木はあたり一面伸び放題、建物は手入れされないまま朽ちるに任せるような状況がなかば常態化し、目にみえる、あるいはみえない埃が数十年もの間に堆積、物事の本質を曇らせる一種の ベールと化す にいたったのでしょうか。

クラッシックからモダンへと劇的に転換する建築界の狭間で産声上げた、現代の法規や技術では実現することさえ困難な歴史的建造物は、日照や通風に配慮された片廊下・南向きの寮室がワンフロアあたり20室(一部は19室)、2階建ての長大な住居棟が計三棟、毛利元就による 「三矢の教え」 の逸話を彷彿とさせる、緑ゆたかな中庭を存分に取り込みながらゆったりとその身を横たえ、それぞれの矢(住居棟)をはっしと束ねる平屋建ての瀟洒な管理棟には玄関や事務室のほか、文化、情報、親睦を深めるための諸室が万事滞りなく収まり、周囲には土間の渡り廊下を介して洗面所、トイレ、食堂、六基もの竈を備えた賄所(厨房)、浴室が水平方向へと澱みなくひろがる機能的かつ衛生的な配置計画は、古来より伝承されてきた木造建築の作法にのっとったもので、その糸を注意深くたどれば平安時代の寝殿造りにまで遡ることができます。

歴史と伝統に裏付けられた、由緒正しい血統を垣間見せる一方で、西欧の香り漂うハイカラな文化を偏見なくすんなりと受け入れ、融合させてしまうしなやかさもこの街は有していて、それが表層的なものではなく、本質的な解釈に基づいているところに吉田寮の本当の魅力が隠されているように思えてなりません。

京都大学吉田寮 北寮の空間構成

これ見よがしに豪華さや腕前を披露するような行為は慎むのが美徳 とでも諭すように、京町家で培った柱としっくい壁の織り成す構造美と、京町家最大の弱点と認めざるを得ない急勾配の梯子段なる代物から、その華奢さ加減は頑なに継承しながらも、余計な装飾を抑え、ゆるやかにたおやかに進化を遂げた階段室が奏でる機能美が違和感なく同居するという、途方もない次元の仕事を涼しい顔してさらりとやってのけてしまう、いにしえの匠たちからの置き土産である文化財クラスの空間を、かけがえのない4年間、日常の何てことない暮らしを通してしみじみ体感できるこの幸せ。

すべての寮室が南面し、日照と通風をこころゆくまで享受できる片廊下プランも、その規模が膨れ上がれば上がるほど、退屈なくらい単調でスケールを逸脱した非人間的な環境へと寮生を陥れる過ちを犯しかねないのが実情です。 幸い 「住まいと庭は一体のもの」 という共通認識が、この時代には浸透していましたから、(今では鎮守の森かと見紛うような)のびのびと枝葉をひろげた中庭の樹木へと意識を誘うことで、建物だけが独り歩きしないよう配慮されています。
加えて、三棟ある住居棟のなかで北寮のみ、中庭との間にバルコニーを挿入して…。 いえ、バルコニーというよりも、当時、親密な陽だまり空間として不動の人気を誇っていた縁側を二層、80メートルあまり延々と、立体的に展開させて、破綻することなく双方の折り合いをつけている点に注目しないわけには参りません。

このような情景が、当時の学生たちの目にどのように映っていたのか、知る由もありませんが、今みると古典をやすやすと超越し、モダンな雰囲気すら漂わせています。 しかも、ずっと身を置いていても疲れないばかりか、何だかひどく安心してしまいます。
表の通りに面して新設され、表層的なデザインのみ踏襲した西寮のバルコニーと比較してみると、どなたもその違いに気づき 「これ程なのか?」 と、驚嘆されることでありましょう。

こころを込めて磨けば再び輝きを取り戻す素性の良い建物が、本来玄関で上足に履き替えて利用する設計だったはずなのに、土足のまま酷使され続け、古き良き繕いの精神さえも途絶えて久しいなか、所有者である大学当局が偉大な先達たちの残した尊い遺産を、現代に蔓延する安直なリフォーム作業で辱める行為に疑問を抱き、修繕を躊躇したからなのか、あるいは老朽化を盾に手っ取り早く建て替えてしまうもくろみなのか、分かろうはずもありません。
それでも一部の寮生たちは、埃にまみれ傷ついた建物を次代に遺すため、今できることを考え実行しているはずです。 吉田寮と彼らとがシンクロして見分けがつかないように、いつの日か、かみ合わなくなった歯車が元に戻る日が来ることを願って。