プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

07月03日(月)

大阪女学院 ヘールチャペル

あれ程までに騒々しく、人混みであふれ返っていた大阪の街も、てくてくと歩くうちにゆっくりとよそ行きの仮面ははがれ、存外おっとりとした素顔を垣間見せる頃合い、静かな通りになかば開かれるようにして、巷にある公園とはちょっと違うし天然自然の森でもない、周囲を浄化するかのような、豊かな樹々に包まれた学校があります。

これ程道行く人を拒絶しない学び舎もそうはたんとはあるまいと、誰しもが認める大阪女学院のそれはそれは美しい校庭が、70数年前には一面焼け野原だったなんて、今ではとてもとても信じられません。
人類は、一瞬のうちに街そのものを粉々に破壊することもできるけれど、逆に、美しい街や環境をつくることだってできてしまう。 ただし、そのためには少なくとも数十年の歳月が必要で、理想の学び舎を本当の意味で完成させるのはひとりの著名な建築家ではなく、樹木の成長にも似て、学院に関わるありとあらゆる人々の力を借りながら時間をかけてゆっくりと育まれるもの。
「大切なのは、未来を信じて託すことなのですよ」 と、設計に携わったヴォーリズ(William Merrell Vories)は、微笑みながら答えるのではないでしょうか。

大阪城もほど近い市街地ゆえ、決して潤沢な敷地があるわけではありません。
都市のスケールからすればほんの猫の額くらいのささやかな校庭はしかし、無限のひろがりを予感させる。 この世界の中心の、キャンパスの中心にはすっかり成長した樹々に抱かれるようにして、全校生徒が集う毎朝の礼拝にはじまり、季節ごとに開催される様々な学院の行事、時には地域に開放されたイベントホールとしても機能する(※ 娯楽の少なかった時代には、映画の上映会も催されていたそうです)、 ヘールチャペル(HAIL CHAPEL) と呼ばれる建物があります。

ヘールチャペルは、1945(昭和20)年の大阪大空襲によって瓦礫と化したキャンパスに、1951(昭和26)年、戦後の復興を象徴するかのようにモダンな姿をまとって誕生しました。

モダンスタイルの近代建築 と聞くと、なんだか取り澄まして、しれっと冷酷そうなイメージを抱かれるやもしれませんが、ひとたびヴォーリズの手にかかると 「こんなに慈愛に満ちたやさしいモダン建築があったのか!」 と、ぱちぱち何度も瞬きしたり、ごしごし目をこすったり、しきりに頬っぺたをつねったりする方々が続出したとしても何ら不思議ではありますまい。
けれども、過度な装飾や高価な素材を好まない建築家にはもともと モダンな一面を持ち合わせていた という見方もできるわけで、余計な要素をそぎ落としながら、まだまだ物資も乏しいなか、単純な形態と限られた素材でもっていかにデザインするかが問われたものと想像されます。

冷たさとは無縁の、むしろ知的で洗練された印象を感じさせる。 なのに何だか不思議とほっとする。 ちっともいばらない。 戦前期に手掛けた一連の学校建築とは姿こそ違えど、新時代の幕開けを象徴する伝統校のチャペルはやはり、目には見えない ヴォーリズ色 に染まっているのでした。

人の手から生み出される建造物、特につるりと四角いモダン建築は、時を経るに従い数十年程度で朽ちてしまうのに対し、母なる大地から生み出される樹木が数十年をかけて成長し、遥かその数倍あるいはそれ以上の時を生き続ける。 つまり、ようやく樹木がその樹形を整えはじめた頃合いに建造物が取り壊される矛盾と背中合わせにある といえるでしょう。
このような、誰が考えたっておかしな矛盾を解消するには、人の手をかけ建造物を繕いながら愛情持って共生するのが人としての作法であり、実をいうと身近な植物たちも里山の例しかり、人が手を入れながら自然との微妙な均衡を保っているのですから。
もちろん、大阪女学院のヘールチャペルとて例外ではなく、戦地から帰還した職人たちが存分に腕を振るい、丹精込めてつくられた名建築にもあちらこちらほころびが生じ、(近・現代建築に不可欠な)設備の更新も差し迫っていたであろう背景から、学院創立100周年の節目にあたる1984(昭和59)年に全面的な改修工事がおこなわれました。

21世紀の今日ですら、安直な破壊行為や誠実さに欠けるリノベーションがそこらじゅうで繰り返されるご時世に、まだまだ環境問題が世間一般に浸透していなかった1980年代のある意味能天気なこの国で、これまで建物に接してきた数えきれないくらい多くの生徒や関係者の気持ちにしっくりと寄り添いながら、これからのあるべき道筋を暗示する。
曇りのない視点から、愛情にあふれるきめ細やかな改修がなされ、変わることなく大切に使い続けている姿に共感しないわけにはまいりません。

大阪女学院 ヘールチャペル

モダン建築だけでは冷たい、かといって樹木だけでも物足らない。 どちらが欠けても成り立たたない、相思相愛のむつまじい関係を絵に描いたようなヘールチャペルの懐に踏み入れば、あふれんばかりの緑から一転、そこは白やグレーで塗り籠められた無彩色の世界がひろがっていました。
色彩を捧げた代償として授かったものは、限られた直線とわずかな曲線、窓から漏れ入る自然光と照明器具による間接光。 それから、もうひとつありました。 館内にそこはかとなく漂う、学院を愛し大切に接している人たちがつくり出す 目にみえない空気感 です。

ヘールチャペルの改修にあたってはとりわけ、おおきな変更点がふたつあります。 ひとつは、主要な採光窓となる両側面のステンドグラス、もうひとつはステージと客席との関係です。
シンプルな縦長の窓枠は当時一般的に用いられていたスチール製で、傷みが激しく交換することになりましたが、その際耐候性に優れるコールテン鋼製とし、頂部はアーチ状に変更されました。 デザインは現存する神戸女学院 講堂の窓を参考にしたものと思われます。
正面のステージは、これも一般的な直線主体の、垂直に腰壁が立ち上がり、両端部にちいさな階段が取りついたものから、頭上に架かるプロセニアムと同じような、ゆるやかな弧を描くアーチ状の全面階段へと刷新する、どちらもかなり思い切った変更内容であったといえるでしょう。
改修を担当した設計者のお話によると、窓については人の顔でたとえれば目に相当する箇所ですし、ステージについては客席とのつながりを大切にしたかったので、自由でのびのびとした女学院の学風に似合うよう、(こころのなかで)ヴォーリズに相談して了承を得、変更を決めたのだそうです。

「神は細部に宿る」 などと伝説のように語り継がれておりますが、市井に暮らす職人たちの誠実な手仕事に支えられ、神より選ばれし建物にのみ許された(であろう)美しい光を宿した清らかな箱に身を置けば、派手さもなく劇的でもないけれど空虚ではない。 空間全体がきらきらと輝き、こころがふんわり解き放たれるような心地よさ。
夕暮れ時、ほんのりヴォーリズ色に染まった校舎を振り向き振り向き後にする。 素顔の大阪にこそふさわしい、平和な風景は豊かな樹々の向こう側にありました。