プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

07月16日(水)

若王子

背後の山からこんこんと湧き出でる水が、ほんにささやかな流れとなって現れた小川のせせらぎの向こう側に、ちいさなちいさな神社があります。

熊野若王子(にゃくおうじ)神社 は、南禅寺や永観堂に程近い東山の傾斜地にあるものですから、多少なりとも平らな土地を得るために、石垣を積み、土を盛って土手をつくり、境内としているわけです。 ただそうすると、小川を隔てた参道と境内との間には、人の背丈を優に超えるくらいの段差ができてしまいます。
伊勢神宮の、五十鈴川に架かるひのきづくりの宇治橋に代表されるように、日常世界と神聖な世界とをつなぐ橋の意味は思いのほか深い。 その役割の大切さを誰よりも理解していたであろう、信心深く、その上何事に対しても手間隙厭わない若王子の里の石工たちは、この場所のために、石段と反り橋をミックスした独自の誘導システムを生み出したに違いない と、いつものように僕は、勝手な想いを描いてしまうのでした。

お世辞にも決してひろくはない、むしろ窮屈ともいえる参道と境内から、自ずと生まれた幅の狭い、だからこそ人間のスケールにしっくりと馴染んだ架け橋は、まず、とんとんとんと数段の石段を上って何とか高さを確保しておいて、そこで石の反り橋を渡します。 ほっと一息ついた後、さらに数段の石段を上ったところで石の鳥居をくぐると、知らず知らずのうちに境内に到着しているという仕組み。
延々と石段だけ上ると何だか少々疲れたり、どうしても唐突感があったりするものですが、その間に 橋を架けて小川を渡る という、お年寄りにやさしく、子どもたちは目を輝かせ、乙女心すらくすぐる、ちょっと素敵な方法でつかの間、夢心地を味わうことが許されます。
石橋のまわりには石段も、石の鳥居もありますから、これ以上 石だらけ にならないよう、そこはバランスを考え、ここだけ石垣はやめて土のまま急勾配の土手にしておいて、ただし、それだけでは土手が崩れてしまうため、一本のカエデと種々の草花を植えてあります。 そのカエデが、今や立派に成長して枝葉を伸ばし、橋との高低差がこの時ばかりは幸いして、普通は遥か頭上にひろがる、あの赤ちゃんの手のひらのような可愛らしいカエデの葉が数え切れないくらい、ちょうど目の前に両手ひろげている按配なもので、橋を渡る というよりも、小鳥になってひらり樹間を飛んでいるような、他所では体験できない不思議な浮遊感があるのです。

参拝する人も、カエデの木も、小鳥も、上へ上へと上昇しているなかで、小川のせせらぎだけは地形と重力の関係から自ずと下へ下へと流れてゆきますから、橋のまわりはますます複雑に、それでいて広大な神苑にも劣らぬ魅力ある風景を垣間見せてくれます。
ことに梅雨の季節には、橋のたもとから小川へ石の段々を下りると、昔は里の皆さんがとれたての野菜でも洗っていたのか、そこだけ石畳の底がくぼんだ 洗い場 のようになっていて、もちろん境内にはきちんと手水もあるのですが、どちらも山からの恵みの水には違いないからと、ひんやり清らかな小川のせせらぎに指先撫でられつつ、土手にぽつぽつ咲くアジサイ眺めているのんきな僕がいて、そばの土手で草引きしながら気さくに声かけてくださる、僕に劣らずのんきそうで親切そうなおじいさんが、実はここの宮司様であったりするのも、これまたのどかでよいものです。

そうこうしていると、がさがさと土手の草むらからひょっこりとタヌキが顔出して…。 たぶん、小川に水でも飲みにやって来たのでしょう。 そう、きっと、この小川の向こう側のちいさな境内は背後の東山の森につながっていて、里の人たちばかりでなく、森の動物たちもまるごと見守ってくれているのでしょうね。

若王子
「若王子」 ペン、水彩

 
07月01日(火)

町家の歯医者さん

今思うと不思議なくらい、感じのよい歯医者さんのお話です。

歯医者さんを好んで通う人がお世辞にも多くはない という事実は、当のお医者様自身もお気づきのようで、患者が居心地よいように、診察室には何かしらの工夫が凝らされています。 たとえば音楽を流す とか、診察台のそばに絵をかける とか、子どものために ぬいぐるみ を飾っておく等、いろいろあります。

そこで、僕が随分以前に、確か一度か二度、診ていただいた 歯医者さん ですが、記憶には曖昧模糊なところもあり、場所さえも定かではないくらいの頼りなさなのですが、確か中京の東のあたり、鴨川に程近い、ちいさな通りの奥まった 仕舞屋(しもたや) と呼ばれる静かな趣の町家でありました。

どうやって町家の歯医者さんを探し出したのか、今となっては全く思い出せませんが、医院らしからぬ、こじんまりとした住宅の客間のような待合を抜けると、やはり 住宅の座敷 のような診察室があり、いかにもその場にふさわしい、お年を召されたお医者様が居られました。

診察室はたいへんちいさな庭に向かって開かれておりました。
町家ではお馴染みの、濡れ縁を渡ると奥まったその先にお手洗いがあろうと容易に想像されるその庭は、まるごと池になっていて、実に優雅に鯉が泳いでいるのでした。
診察室は、すっかり庭に開け放たれていたものですから、水面に錦の背がちらちらするのを眺めやりながら、音楽すらない、わずかに水の跳ねる音のみ聴きながら治療をしていただきました。

谷崎潤一郎 は昭和八年に発表した 「陰翳礼讃」 のなかで、昔の日本家屋の持つ落ち着いた柔らか味のある環境が医院としても好ましいのだ といった意味のことを、西洋の最新医療に比較して書かれておりましたが、あるいはそれを読んだ当時の若き医師が、自らの理想を重ねて実現されたのでしょうか。

いつまでも心に残る 理想の歯医者さん のお話でした。

photo020carp.jpg