プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

01月16日(木)

トニーラマのカウボーイブーツ

もし、あなたから 「一体、どんなブーツが丈夫で長持ちするのでしょうか?」 といった質問を藪から棒に受けたとしても、うろたえることも取り乱すこともなく、実に涼しい表情でお答えできるだけの自信が僕にはあります。 そして、迷わずこう答えることでしょう 「それはもう、カウボーイブーツですね」 と。
なぜ、ワークブーツでもコンバットブーツでもなく、カウボーイブーツなのか。 それは、実用を前提にレザーでつくられていること、ヒモやベルトなど調整金具のないこと。 レザーは素材そのものが頑丈で、使い込むほどに馴染んでよい艶がでてきますし、単純な長靴状のブーツでは壊れようがないからです。

トニー・ラマのカウボーイブーツ

テキサスのブーツメーカー 「トニーラマ(Tony Lama)」 のカウボーイブーツを購入したのが1990年でしたから、かれこれ20年以上も前につくられたことになります。
そもそもこのブーツに着目したのは、特にカウボーイに対する憧れがあったというわけではなく、男性が日常的に着用できるロング・ブーツというと他にイメージできなかったことと、今はどうなのか分かりませんが、当時はアメリカのメーカーは質の高い製品をつくっている といった印象があり、長く使えるのではないかと考えたからです。
当時の僕にとっては高価なブーツでしたが、少なくとも革製品を購入するのであれば、少々無理をしてでもよいものを選ぶこと、そしてきちんと手入れをしながら責任を持って使い続けることが大切だと思います。 愛着のわかないモノを、ほんの短期間だけ消費しては捨てるといったことを繰り返すと、この星はゴミだらけになってしまいますし、そのようなことをしても、いつまで経ってもこころは豊かにはならないに決まっているのですから。

カウボーイブーツは実用品の枠を超え、ファッションの一アイテムとして、日本では特に女性たちに好まれているように見受けられます。 これは、すそ口の切れ込みの入った曲線の美しさや、 シャフト と呼ばれる足首から上の筒状の部分に施された色とりどりのステッチ、尖り気味のつま先のシルエットなど、他のブーツとは一線を画すような個性が、おしゃれ心をくすぐるからなのかもしれません。

靴ヒモもジッパーもない、このスリムなカウボーイブーツを一体どうやって履くのかというと、すそ口の両端に頑丈に縫い付けてあるストラップに両手の指を引っ掛けて、つま先を滑り込ませながらぐっと引き上げると、するっと履くことができます。 逆に脱ぐときは、甲のあたりに手を添えつつ足首のところを持って、ちょっとひねるような調子で引き抜くと、すぽっと外れます。
すそ口の切れ込みの曲線は、ストラップを引っ張った際に、レザーが裂けにくい自然なカタチになっていますし、シャフトのステッチは、炎か植物か、それとも翼をイメージしたものかは分かりませんが、とにかく優美なラインを描きつつも、シャフト全体をまんべんなく覆うように、外側の耐候性の高いレザーと、内側の肌触りがよく吸湿性の高いレザーとをしっかり縫い合わせて補強する、という実用上の意味を担っています。 つま先が細く尖っているのは、乗馬の際に あぶみ と呼ばれる金具に素早く足を固定するために といった具合に、すべてはカウボーイの過酷な労働条件に耐えうるために必要なもので、そこに彼らは、おしゃれ心をくすぐるような、装飾的な余地を見出すことも忘れなかったのです。
カウボーイブーツの靴底は、基本的にレザーを使用しますが、僕はオートバイでの使用も考えて、少々重くはなりますが滑りにくいゴム製のものを選んでいます。
ドレスアップのために、主に見た目を優先したエレガントな仕様のものもなかには見受けられますが、あくまで実用を重視した、幾分無骨でもある黒づくめのブーツは、ステッチも同色におさえてあり、かえってそれが普段使いには好都合で、分厚い牛革はとくかく 頑丈 の一言に尽きる品質ですし、少々の雨や雪などものともせず、 片道1時間歩く といった使い方でも音をあげることはありません。 しかも、オートバイのシフトチェンジやエンジンからの熱にも耐え、足首のヘタレもなく、表面に細かいキズや色褪せはあっても、それが履き込んだ味になっいてるなと許せるならば、この先いつまでも付き合えそうな気がする。

かつて愛用していた日本製の編み上げブーツは、革のなめし加工から自社で手がける、なかなか熱心なメーカーのものでした。 そのブーツは履き心地を考えてか、内側のレザーにやや厚みのある、やわらかい素材を使ってありましたが、これが履き続けるうちに、かかとの後ろのところがこすれて磨り減ってゆき、とうとう穴が開いてしまったのでした。 僕の足のかたちや癖もあったのかもしれません。 誰も、そこまで使ってもらえるとは考えていなかったのかもしれません。 けれどもその時、ことレザーという素材に関しては、日本のメーカーの 限界 のようなものを感じてしまったのです。
ところが今こうして、アメリカ南西部で20数年も前につくられ、履き込まれたカウボーイブーツのなかを覗き込んでみると、かかとの当たる部分だけ、外側と内側の2重になったレザーの更に内側に、段差が気にならないくらいの薄いレザーが、やはり優美な曲線を描くようなステッチでさり気なく、しかし入念に縫い付けられていることに気づきます。 そのなんてことないぺらぺらのレザーは、本当に長い間、黙って僕のかかとを受け止め続けてくれていたにもかかわらず、どこにも擦り切れた様子はなかったのです。 そこに僕は国境を越えて、真の 「職人魂」 を見出したように思いました。
 
01月01日(水)

伊万里の湯呑み

何かの用事で街を歩いていた折、とあるアンティークショップのウィンドウ越しに、思いがけず感じのよい器をみつけました。

最近よくある、作家ものの器など扱うギャラリーショップで度々みかける、自己主張の激しい、使う人の立場からというよりも、むしろ作品としての写り映えを意識したかのような雑念だらけモノたちに対し、そして、いかにも本来の暮らしから浮き上がってしまった浅はかさに、ほとほとうんざりさせられていた頃に、不思議と器の方からこちらに歩み寄ってくるような、あたたかな親しみを感じたのでした。 第一、普段 無地モノ にしか興味を示さないような、ある意味偏屈な僕が 柄モノ に惹かれたこと自体、とても珍しい出来事だったのです。
それは、 伊万里の湯呑み でした。

伊万里の湯呑み

意を決して何日か後に、なけなしのお金を握り締めてショップを訪ねますと、その器は既にウィンドウにはなく、桐箱のなかへと戻されておりましたが、所有するオーナーのお話によると、昔は親族など大勢の来客をもてなす機会も多いゆえ、それ用にまとまった数の器を用意していたそうなのですが、最近ではそのような慣習もめっきり少なくなり、とうとう扱いかねて市場に流れてしまう例も少なくないのだそうです。
確かに、以前ウィンドウでみた時の数倍の湯呑みが、古びた箱のなかにさも大切そうに仕舞われてありました。
そのなかから、僕の所持金で購入できる数(5個)を選び、タカラモノでも抱えるような心持で持ち帰りました。 確か、桐箱には毛筆で 「安永」 という元号がしたためてありましたので、その記憶に間違いがなければ1772年~1780年頃、つまり 江戸時代中期から後期 につくられたということになります。
湯飲みの側面にぐるりと描かれた模様は、唐草の一種なのでしょうか。
よく写真などで目にする(上等な)伊万里の器には、もっと精緻で凝った技巧の唐草模様が描かれていることが多いように思われますが、このちいさな湯呑みときたら、装飾的な工夫や高度な技術とは無縁の、何か 無邪気 というか、一切の束縛から開放された、自由でのびのびとした、すこぶるのどかな空気が遥か時を越えて、そのまま伝わってくるかのようです。

僕は文様についてはまったく不案内なこともあって、勉強のため少々調べてみると、唐草では 蔓系の植物 がモチーフとされることが多いようで、どうやら僕の湯呑みは スイカズラ の姿を写したもののように思われます。
このスイカズラを高度に図案化した唐草模様が 忍冬文(にんどうもん) と呼ばれ、古代より陶磁器はもとより、織物や瓦等の装飾として用いられていたらしいのです(※ ちなみにスイカズラの漢名が 忍冬 だそうです)
しかし、そのような歴史的背景などこれっぽっちも意に介さないかのような、江戸時代の工人たちのおおらかでのびのびとした仕事ぶりには脱帽です。
けれど何よりも、両の掌(たなごころ)でそっと包んだ時の 手触りの感覚 は、はじめて出会った時、ウィンドウ越しの視覚から得られた印象に何ら偽るところのない、素材に正直であたたかいものでした。

伊万里の湯呑み