プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

11月16日(金)

廣誠院

建築家の 白井晟一 は、数寄屋について 「数寄という精神は形式にとらわれないこと」 と教えたそうです。
たぶん、それは 好き勝手する という意味ではなく、その土地のカタチや方位、それに樹木や水の流れから、生まれるべくして生まれたかのような、 無理のない姿 なのではないだろうかと思うのです。 たとえば高瀬川の起点、一之船入に程近い 廣誠院 のような。

普段はあまり開かれることのない、廣誠院の北向きの入り口から奥まったところ、次の間のそのまた奥の書院に足を踏み入れた瞬間、誰もが正面南側にひろがる庭園の景色や、床の間の造作などに釘付けになるなか、なぜか僕一人だけ、反対の方向の障子戸が放たれた欄干の向こう側の、ちいさな茶室からどうしても目を離すことができない。 来る人来る人褒めちぎる、あの床脇の火灯窓も、天然の絞り丸太の床柱も、透かし彫りの欄間にも意識が働かない。 とにかく首がいうことをきいてくれないのでした。

廣誠院

今日の廣誠院は、ちいさなお堂を備えたお寺の姿をしておりますが、そもそもは1892年(明治29年)頃、 伊集院兼常(いじゅういん かねつね) の邸宅として建てられたのだそうです。
兼常は旧薩摩藩士で、若くして藩の普請を任されていたそうですから、建築や造園に対する才覚は相当なものだったのではないでしょうか。 そのせいか、後に実業家として活躍するようになってからは、自らの住まいを自身で手がけるようになります。 きっと魅力ある土地にひとたび立つと、その場所にふさわしい住まいのアイデアが、次から次へと泉のように湧き上がってきて、芸術に対する誠実な欲求に従わざるを得なかったのだろうと想像するのです。
兼常の頭のなかでは、庭も、建物も、なんの区別なくつながっていたに違いありません。 だから、宅地のそばをゆるゆる流れる高瀬川のせせらぎを招き入れて、水の流れと住まいをひとつにまとめてしまうことなど、ごくごく自然な行為で、水面と家の床との間におのずから生まれる高低差も、ここでは面倒な障壁などではなく、ちょっとした手の入れようで山里の趣ある風景にもなり得るのだという、夢のある楽しさに翻訳することもやぶさかではなかった。 だから、茶室の下に水が流れることを雅なこととみなし、ならばいっそ 「ふわり浮かせてみようではないか」 と考え、まようことなく、さらりと実行してみせることができたのでしょう。

茶室はなんてことない、か細い木や竹で組み上げられ、土壁で塗り込められています。 吟味されているとはいえ、当時ではどれもありふれた材料であったはずです。 そこには素材本来の持つ 軽さ があって、それらの良いところを追求することで、強度とのバランスをぎりぎりで保ったある種 軽み のある表現となって、しかも、それを支える柱の位置をあえてずらしてみたり、コーナーを土壁で曲面にしたり、ここぞという箇所に円窓を設けて巧みに構成することで、近代建築の巨匠 ル・コルビュジエ(Le Corbusier) よりも遥か30数年も前に、建築史上では無名に近い兼常がモダンな空間を成し得ていたことに、僕はただただ驚くほかなかった。
だから、このちいさな建物から、どうしても目をそらすことができなかったのです。

よろよろと立ち上がって、お堂から奥へと続く、黒光りする、ほの暗い中廊下からのぞく茶室は、3畳中板入りのささやかな空間なのですが、茶人のみなさんが陥りがちな、いたずらに技巧に先走る過ちや、やかましい形式に縛られることなく、この場所のために、本当に必要なしつらえが施されているだけ。

廣誠院

柱はどれも素直に真っ直ぐで、めいめいが等しく屋根を支えている。 唯一つ、中柱だけはぽきりと折れそうなくらいにか細いのですが、ここはチームプレーでカバーしている。 竹でできた垂木も、蒲(あるいは葦)で編まれた野地板も、一歩間違えれば野暮ったく厭味になりかねないけれど、ここではできる限り軽くして、少しでも柱の負担を抑えたいのだという気持ちが伝わってきて清々しい。 藁すさ入りの土壁はひなびた草庵茶室の雰囲気を演出するはずなのに、ここではなぜか不思議と垢抜けてみえる。 そして何よりも、コーナーの土壁の曲面処理と、掛込み天井や畳とのおさめ方には、どなたも感嘆のため息漏らすことでしょう。
窓はひとつひとつ、なぜこの場所にこの大きさのものが必要なのか、言葉を必要としないくらいに、その意味を分かち合うことができそうな気さえする。 それでも、南中時の太陽高度が低くなるこの季節、ちょうどお昼前くらいのほんの限られた時間帯にだけ、庭の樹々を透かすようにして、ようよう届いた南向きの円窓からの光が、客座の畳の上にカエデの葉影を映し出す光景さえ、点前座から観賞できるようにと、兼常は想い描いていたのでしょうか。
 
11月01日(木)

なりたかったカタチ

何年かぶりに三重県のとあるギャラリーを訪ねました。 そこは随分と不便なところで 「はるばる」 とか 「わざわざ」 といった気持ちでもなければ、とても辿り着かない、だから本当に行きたい人だけしか訪れない、モノとヒトとの理想的な出会いの場でもあるのです。
その時は、ある建築家の手がけた家具を中心とした企画展でした。 そもそも、住まいと家具とは切っても切れない関係で、建築家が住まいにあわせて家具をデザインすることは、とっても自然なことなのに、世のなかとにかく何でも分業ですから、建物と家具をそれぞれ、きちんと丁寧に、こころを込めてこつこつつくり続ける人の仕事を目の当たりにする機会など、そうそう滅多にあるものではありません。 だからこそ、はるばる出かけてみるだけの意味があるのです。

古びた工場をオーナー自らの手で改装したささやかな空間に、ずらり並んだ手づくりの家具たちは、ひどく手の込んだつくりや、考えに考えてようやく辿り着いた立派な作品よりも、その昔、地方の幼稚園で使われていた園児のための小椅子を丁寧に復元したものや、それから、 いわさきちひろ の絵本に描かれてあった椅子を実際にかたちにしたものなど、ちっとも目立たない、なんてことない普通のつましい家具たちのほうが、不思議と輝いて僕の目には映りました。
そんななかでも更に目立たない、会場の隅っこの壁際の棚に静かに並んだ、てんでんばらばらのお椀たちの姿が、どういうわけか、素直に 「素敵だな」 と思えるのでした。

僕はうつわ好きでも、まして熱心なコレクターでもありません。 これまで目にしてきた作家たちのうつわはどれも、会場に展示された時の見栄えばかり気にしているようで、住まいや生活のなかにしっくりと馴染んでくれそうもないものばかり。 試しに手に取ると、どこか不自然でいつも幻滅させられるのですから、すっかり うつわ嫌い になってしまっていたのです。
ところが、目の前のお椀たちときたら、木でつくられているのに、どれもこれもごつごつしていて、しかもいびつで不ぞろいで、みる人の目なんかちっとも気にせず、めいめいがなんだか居心地よさそうに並んでいるのです。 一体、どうしてなのでしょうか。

ギャラリーの方の説明によると、輪島に住む一人の 塗師(※ ぬし と読みます。 漆塗りを手がける職人のこと) が、2011年の東日本大震災で傷ついた場所を訪ね歩き、主を失ったうつわの木地を受け継いで持ち帰ったのだそうです。
漆塗りのうつわのベースとなる木地は、もともとが湿気を含んでいるために、そのまま加工してしまうと歪んだり割れたりしてしまいます。 そのため、まず最初に 木地師 と呼ばれる職人の手で、十分に乾燥した木をざっくりとしたうつわの大きさに荒ぐりし、しばらくそのままの状態で自然乾燥させます。 それからお椀などのかたちに加工し、さらに乾燥。 その後きちんとした成形をおこない、塗師の手で入念に下地がつくられ、繰り返し繰り返し漆が塗り重ねれて、ようやくうつわの完成となるのです。
輪島の塗師が持ち帰った木地は、まだまだ最初の 荒ぐり の状態でしたが、大切に保管されていたらしく、十分に乾燥してあったそうです。 今どきの木地師であれば、機械を使ってざっくりとしたうつわのかたちに加工するのでしょうが、その木地はそれなりに時代を経たものらしく、ひとつひとつ、職人がナタを使って荒ぐりしていたために、ごつごつとした風合いを醸し出していたのでした。 なにかの機会でそれを目にした建築家が、どうも、その荒削りな表情を残したまま、お椀として仕上げるアイデアを提案したらしいのです。

ナタでざくざく削ったでこぼこのお椀は、一見したところ乱暴なようですが、機械でカットしたほうが、表面はツルツルのようでも実は繊維はキズだらけで、こちらのほうがよっぽど木材を傷めつけているのが現実で、ナタやカンナのような刃物は、木の繊維に添うように無理なく削っているのために、見た目はごつごつしているようでも意外と滑らかだったりするのです。 手で触ってみると、どちらが心地よいかすぐに分かります。
それなのに世間の人たちは、効率や表面の見た目だけで判断してしまうので、悲しいことに、人間でもモノでも真価をきちんと見極めることができないのです。 そんななかでごつごつした、ちっとも均一でない、木がなりたかった本当のカタチをそのままに、木地師がノミで内側だけを丁寧に刳りぬき、塗師は食べ物を入れるところにだけ、いつものようにきちんと下地をつくって、丹念に、何度も何度も漆を塗り重ねる。 けれどもごつごつした外側だけは、その子の素のままの表情を愛しんで、あえて数回漆をかけるにとどめることを良しとした。 それがこの木のために、一番似合っていると知っていたからに違いありません。

ちっとも気取りのない、ちっぽけでぶきっちょなお椀を両手でそっと手に取ると、たぶんそんなに高価ではない、ブナか何かの(当時は)ありふれた材料に、よく見せたいとか、高く売りたいとか、これっぽっちの邪念もない、一人の職人が、当たり前の生活道具を当たり前につくるために、その木の 「なりたかったカタチ」 にと、さくさく入れたナタの刃跡が、僕の指のカタチに不思議とぴったりフィットして、こんなお椀に、ほかほかのご飯や、きんぴらごぼうを入れて食べると百倍おいしいに違いないと、自信を持っていえるような気がするのです。

なりたかったカタチ