プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

03月16日(水)

リネンのテーブルクロス

子どもの頃、幼いなりに、もやもやっと疑問というか納得できないことがありました。
どうも、食卓がべとべとしていて嫌だったのです。 大人になって、きちんと拭き掃除ができていなかったからなのだと気づき、おのずと、身近な家具を毎朝欠かさず手入れするようになりました。
もうひとつあります。 なぜか、食卓にビニール製のカバーが掛けられていた時期があって、しかも、違う意味でべとべとっとしていたものですから 「こいつはいただけないぞ」 と、幼心に思いました。 ビニールという素材は、とにかく手触りが心地よくなかったため、直感的に拒否反応を示した というわけです。
これも、やはり大人になっていろいろと布を触るようになってから、テーブルクロスは肌に心地よいリネンでなくっちゃいけないな という意識が、おのずと芽生えるようになっていったのでした(※ linen: リネン生地は麻の一種 亜麻(あま) のこと。 アジアの麻とは種類が異なるようです。)
普段、僕たちの暮らしに身近な存在の布といえば、天然素材ではコットンくらいのもので、あとはどれも化学繊維ばかりだったりするのが悲しいけれど現実で、ショップに置いてあるテーブルクロスにしても、結局はコットンが主流だったりして、ややもするとファンシーな柄が入っていたりするものですから、どうにもいただけません。 ごく普通の、白い無地のリネンのテーブルクロスでは駄目なのでしょうか。 みんな、ビニールのような冷たく無機質な素材が肌に触れても、無難なデザインで機能さえ満たしてさえいればさして気にも留めず、よい子ですくすく成長して、わけの分かった大人になって、やはり僕だけが間違っているのでしょうか。

そんな劣等感を抱えていたある日、フランスのアンティークを扱うショップで、別段何てことないようにリネンのテーブルクロスが無造作に積み置かれてある光景に出会いました。
19世紀後半から20世紀はじめ頃につくられたテーブルクロスたちはどれも真っ白で、一見すると同じようでもサイズはひとつひとつ違っており、なかには布の端部の 耳 が気兼ね無しといった風情でそのまんま残されていたりして、それらが市販の製品ではなく、どうやら普通の家庭でその家のテーブルにぴったり合うように手づくりされているらしいのです。
これは、後になってから知ったことですが、ヨーロッパでは女性が嫁ぐ際に、イニシャルを刺繍した白いリネンを持って行く習慣があって(それもたくさん)、母から娘へと託されることもある大切な家伝の品なのだそうです。
実際、目の前にあるテーブルクロスはどれもほぼ未使用のコンディションで、100年もの間、代々大切に保管されていたものの、やむにやまれぬ事情によって家族の手を離れた後、紆余曲折の末、日本人バイヤーの目にとまり、はるばる海を渡って、とうとう何かの縁で僕の前に現われることになったのでありましょう。
幸いそこには、僕にとっては願ったり叶ったりの手ごろなサイズも紛れていたものですから、ならば自分で使うのも自然な行為なのだと受け止めることにした次第です。
布の端にはイニシャルらしき文字と、 189 2 という数字が縫い止められてありました。 1892年にこのテーブルクロスを仕上げたであろうフランス人の娘さんは、果たして120年あまりも後に、家族でもない、遥か遠い異国の者に引き継がれるなどと想像できたでしょうか。 そして、もし引き継がれるとしたら、使ってほしいと願ったでしょうか。

リネンのテーブルクロス

実をいうと僕は何も知らずに、つい最近まで勝手な思い込みをして、このテーブルクロスを毎日毎日使い続けていたのです。
はじめ、 189 2 の上に SA m と刺繍されているのをみて、サムという名の老人のために孫娘が拙い手で、大好きなおじいちゃんのテーブルに と、布の裁断に始まり、縁まわりのアイロンがけからミシン縫い、手縫いの刺繍に至るまで、おかあさんに教わりながら自分の力ですべてを仕上げてみせたに相違ない。 そんな、ちいさな物語が隠されている と信じて疑わなかったのでした。
何しろ、全体のカタチからしてきっちり長方形なのが普通なのに、微妙に台形になっていたりするものですから、まだ幼い孫娘の姿を想像したとしても、ちっともおかしくないではありませんか。
きっとサムおじいさんは、真心がいっぱいこもったあったかいリネンのテーブルクロスを、いつか大切に使おう、いつの日か… と思いながらも、あまりにも有難く、もったいなさすぎて永遠の 「いつか」 になってしまい、とうとう使うことが叶わなかったのではないだろうか と。 だから、身内であったがゆえに踏み出せなかった彼の一歩を、異国の、しかも他人の僕が受け継いで、ある意味で情け容赦なく踏み出すことも時には必要なのだ と解釈することにしました。

植物の茎から生まれたリネンという素材は、水をくぐらせると生き生きと輝いて見えます。
日々の暮らしのなかで、きちんと大切に、時にはやさしく、時にはきびしく使い続け、汚れたら洗濯して水をくぐらせてあげる。 その後、高温でぱりっとアイロンがけすれば更に輝きを増し、新品のまま保管されていた時よりもかえって好ましいのではないかとすら感じてしまう程で、 同じ天然素材でも、蚕の繭から生み出されるシルクの特別な輝きとはまた違う、もっと普段着のような身近さがリネンにはあって、そうか、それが目にも肌にも心地よい理由なのだと遅ればせながら気づくのです。
それでも、一年、また一年と使い続けるうちに、端っこの擦れやすいところから少しずつ少しずつ、確実に糸がほつれ始め、今ではあちらこちらに穴も開いてきてしまって…。 けれども、それは別に悲しいことではなく、とても自然なことであって、きっと、想像のなかのサムおじいさんも、彼の孫娘も、それから実在したであろう娘さんも、皆すっかり満たされ、安心しきっているのではないでしょうか。 あの日の 「いつか」 は静かに過ぎ去って、土から生まれたものが、やがては土へとかえってゆくだけなのですから。

リネンのテーブルクロス
 
04月15日(日)

ファリエロ・サルティ のストール

普段外出する時に 「これさえ身に着けておけば、しっくりと馴染んで安心する」 というモノが、誰でもあるのではないかと思います。
僕の場合は少々変わっていて、スケッチブックとか持っていると、妙に落ち着いて実に具合がよいのですが、用もないのにいつもスケッチブックなど持ち歩くわけにもいきませんから、 いつも という意味であれば、やはり 「ストール」 でしょうか。

ストールは、衣類のなかでも最も単純な四角い布の状態、つまり 一枚の布 でよいだけに小ざかしい作為の通用しない世界、しかも敏感な首元に直接触れるだけに、 布本来の持つ 「色」 と 「手触り(あるいは肌触り)」 がすべて ということになるでしょう。

ファリエロ・サルティ(Faliero Sarti) は、繊細で良質な布地のストールを手がけるイタリアのテキスタイルメーカーで、僕は青いものを使っています。

ファリエロ サルティ のストール

ファリエロ・サルティ は、カシミア、コットン、シルク、レーヨン等、素材それぞれの持つ 表情 を巧みに引き出して、ストールに仕立てていますが、この青いストールには モダール が使われています。
最初、僕は モダール という素材を知らなかったので、ショップの方に聞いてみたところ 「絹に似た性質の素材ですよ」 とのことでした。 後日調べてみると、モダール(Modal) とは、 樹木(ブナ等)を原料とする植物性の繊維 とのことでした。

もともと素材自体の発色がよいこともあるのでしょうが、この ややくすんだような群青色 がつくり出すグラデーションが、何だか穏やかで、それはどこか波の描く母なる海の表情にも似て、胸元に美しい水面を映し出してくれるかのようです。
思わず手を触れると、きめ細かくて、肌に吸い付くような心地よい感覚。 その上、あたたかいのに薄くてかさ張らないことからも、ストールには適しているようです。 夏以外、3シーズンくらい使えてしまいます。

ところで 「布の手触り」 について、このようなお話を聞いたことがあります。
タオルの産地として知られる、愛媛県の今治市のあるメーカーでは、 厳しい価格競争のなかだからこそ、安価な中国製品には真似のできないモノづくりを と前向きに考え、製品開発の際に、7・8人くらいの視覚障害を持つ方々に協力を依頼したそうです。 なぜならば、彼らの持つ 手触りの感覚 は 「本当によい生地を判断できるだけの可能性」 を秘めていたからです。
ありとあらゆる種類の 糸と織りとの組み合わせ から試作を繰り返し、触れてもらうなかで、全員が 「これがよい!」 と判断した布地でタオルをつくり、製品として売り出しました。 価格が確かバスタオルで 8,000円台 と、かなり高額でしたが、好調な販売を記録したそうです。

僕自身、実際にそのタオルを使ったことはありませんが、 使う人のために決して手を抜かず、いつまでも価値を失わないように と、誠実につくったモノが結局最後に 「手触り」 として、しっかりと相手に届いているのだということを。 異国の地で生まれたストールに触れてからは、僕にもその意味が、少しは分かるような気がするのです。
 
09月15日(木)

TEMAS の京黒染めTシャツ

黒髪を備わった者の肌は、黒い衣類に映えるに違いない。
そう信じて疑わない僕は、黒という色彩に強く惹かれ、黒を着こなすことができてはじめて、鮮やかな色彩も自分色に染められるはずなのだ と考えました。

京都に住んでいると、時に職人の奥深い世界の一端に触れることがあります。 その一つが 「京黒染め」 です。
黒だけを頑なに染め続ける という職人技は、少なくとも江戸時代から連綿と受け継がれていて、明治時代には 黒紋付 がフォーマルな和装として定着するに至りました。
このため、もっぱら正絹を対象に染めてきたわけですが、そのような老舗の工房も近年は洋装、それもカジュアルな木綿生地のバッグや衣類を、地元のアパレルメーカーと共同で製品開発をおこなうようになり、京都発のブランド 「TEMAS(ティマス)」 が誕生しました。 確か2002・3年頃だったのではないかと思います。

TEMASの長袖Tシャツ

この長袖Tシャツは、 TEMAS の比較的初期のモデルですが、当時ショップの方が 「世界一美しい黒」 と説明していた言葉の意味が、5年・6年・7年… と着続けるうちに自然と証明されることになるのですが、逆につくり手側としては、自信と誇りを持って、黙々とそれに答えられるだけの仕事をしていたのでしょう。

同じ黒でも 京黒染めの黒 は、普段見慣れている衣類の黒、つまり西洋から渡ってきた染色法とは異なる、何かもっと別の 黒 が存在するのだろうと思うのです。
それは、幾重にも塗り重ねられた黒漆の持つ奥深い色、 「漆黒(しっこく)」 とはちょっと違う…。 そう、子どもの頃持っていた書道セットのなかにあった、あの固形の 墨 の持つ、気の遠くなるような量の 煤(すす) の粒子がぐうっ と凝縮された、中国から朝鮮半島を経由して伝来した東洋の黒に、京都の繊細なエッセンスを練りこんで精錬してはじめて表現できる、やわらかくも床しい 「墨色(すみいろ)」 だったと気付くのです 。

ところで伝統的な黒染めでは、より深い黒を得るために、まず生地を紅や藍で下染めした上で、黒染料に浸す技法 「黒引染め」 を用いるそうなのですが、この長袖Tシャツの左袖から覗く紅の色は、もしやその下染めを意図的にデザインとして残したものなのでしょうか。
そうであるとすれば、それは絞り染めによって染み込んだ、紅色と墨色のほんのりぼかされた境目が、慌ただしい人生を送っているとそう滅多に出会うことはない、夕暮れ時の瞬きする間もないほどの、暗闇までのほんの僅かな時間を永遠に封じ込めた 夕焼け色 なのかもしれません。

TEMASの長袖Tシャツ