プロフィール

アトリエかわしろ一級建築士事務所

Author:アトリエかわしろ一級建築士事務所
「がま口から建築物まで」
日々の生活につながっている モノづくり・住まいづくりのためのデザイン事務所です。

検索フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
08月20日(月)

ゴルコンデ(スリ・オーロビンド・ゴーズ僧院宿舎)

1930年代中頃、チェコ出身の建築家 アントニン・レーモンド(Antonin Raymond)の東京事務所に、いずれもまだ20代後半の若かりし前川國男、吉村順三、ジョージ・ナカシマといった、後の建築界や工芸界に偉大な足跡を遺す、そうそうたるメンバーが三人同時に在籍するという、にわかには信じ難い奇跡的な建築家集団を形成していた時期があり、別荘から教会に至るまで、規模の大小や用途にかかわらず優れた建築物を矢継ぎ早に発表していた輝かしい時代のなかでも、とりわけ異彩を放つ作品があります。

マドラス(現在のチェンナイ)の南方、インド南部のベンガル湾に面したポンディシェリ(Pondicherry)に、聖人 スリ・オーロビンド・ゴーズ(Sri Aurobindo Ghose)から現代的な僧院宿舎設計の依頼を受け、現地に滞在するレーモンド事務所のスタッフとして選ばれたのが、各地を旅し、かねてよりインドに魅力を感じていたジョージ・ナカシマでした。

混沌とした様相を呈するインドの都市部における概念をやすやすと覆す、当時フランス領下にあったポンディシェリの、レンガ積みスタッコ壁にちいさな縦長の窓が配された、18~19世紀の古典的なフランス様式の建物が醸し出す小奇麗な街並みの一角に、より熱帯地方にふさわしい最新の建物を自力で建設する という使命を担って赴任したナカシマは、持ち前の好奇心旺盛な性格からか、あるいは士族の血統ゆえ、高い精神性を生まれながらに持ち合わせていたためか、異国・異教の地での暮らしに割合すんなりと馴染むにとどまらず、もらって然るべき俸給すらも謹んで辞退して、かの地の人々と同じ食事をし、同じ衣類を身にまとい、サンスクリット語で 「美を楽しむ者」 を意味するサンドラナンダ(Sundarananda)という名をスリ・オーロビンドより授かり、修道僧の生活共同体の一員として施設の設計や工事に携わったのだそうです。

ゴルコンデ(スリ・オーロビンド・ゴーズ僧院宿舎)

ゴルコンデ(Glconde)と呼ばれる僧院宿舎は、1930年代のインドでは前例のなかった鉄筋コンクリート造を採用するにあたり、まずコンクリートの調合や強度試験をおこなうための研究室を開設するところから始め、入手困難な鉄筋ははるばるフランスから取り寄せ、ほぼ修道僧たちの人力のみで打ち放し仕上げによる高度な施工を成し遂げてしまったのですから、驚異的といわざるを得ません。

西欧諸国とは異なり夏季は雨が多く気温・湿度とも上昇する、熱帯地方ならではの特殊な環境に近代的な建物を違和感なく溶け込ませ、簡素で清潔、快適な暮らしが営めるよう、ゴルコンデには様々な工夫がなされています。
従来のレンガ積みでは、構造上壁が多くを占め開口部が極端に限られてしまうため、室内は薄暗く風通しも十分ではありません。 そこで、鉄筋コンクリートの柱によって南北方向をすっかり開放した上で、軽量かつ単純な機構の可動式の水平ルーバーで日中の強烈な日差しを制御しつつ涼風を取り込む 「呼吸する建物」 となるよう、主要階の南および北側は同形状のアスベスト板ルーバーで規則正しく覆い尽くされ、個々が必要に応じて操作することで建物の顔ともいえる窓(間戸)に無限の表情が生まれ、無機的な素材の集まりに命が吹き込まれる。

初期の段階では、モダン建築の象徴的存在であるコンクリートのフラットルーフを計画していたものの、さすがに尋常ならざる熱射に防水層が耐えられず、多量の降雨に対して懸念が残ること。 そして、高温に熱せられたコンクリートスラブの熱が直接室内に伝わることだけは避けたいとの思惑から、フラットルーフの上に巨大な瓦を彷彿とさせるヴォールト状の薄いプレキャストコンクリート板をリズミカルに並べて二重構造の屋根とし、中間層に空気の通り道を確保して天空からの熱を遮断する方法が考案されました。
西欧の安直な受け売りでも、日本の伝統美の模倣でもない、インドの気候風土にふさわしい機能性と景観の創出を、一切の装飾を用いず、勤勉で真摯な修道僧たちの手仕事と近代のありふれた素材であるコンクリートだけでやってのけるなんて、一体誰が想像できたでしょうか。

ゴルコンデの建物構成は、片廊下に修道僧の寝室が水平方向に規則正しく並んだ地上三層(+半地下ユーティリティ)東西二棟の 住居部 と、その中間を垂直方向につなぐ階段室と水まわりの機能を集約した 共用部 のふたつによって成り立っています。

ゴルコンデ(住居部)

西欧の明朗さと日本の奥ゆかしさとを融和させたかのような、芝生と石灯籠と蓮池とが織り成す南庭と北庭に挟まれた住居部は、ふわり中空に持ち上げられながら、日本家屋の二階座敷の窓高さとの関連を模索したくなる屋外との親密さに加え、縁側のような気安さで思わず知らず腰かけて瞑想にふけること間違いなしの、ゆったりとしたベンチ状の窓台が、家具と建具との境界を曖昧にぼかしつつ空間に溶け込み、(あたかも10年後の未来を予見するかのような)ナカシマ自身によってデザインされ、インドの職人たちによって手づくりされた非の打ち所がないチーク材の家具を、かの地の気候風土にさり気なく順応させた(同じくナカジマのデザインであろう)チ-ク材の引き違い戸が共用廊下すらも我が住まいの一部になり得ることを立証し、レバーひとつで自在に調整可能な水平ルーバーの繊細さとあいまって、ここに起居する誰もがその日の気候と自身の心持ちに最も寄り添った快適な住環境を手中にするのに、ややこしいシステムや小難しい理論などこれっぽっちも必要ありません。

鉄筋コンクリート打ち放しの技術を習得する一方、構造や機能との好ましいバランスのなかで隣接する寝室どうしを別つ東西の壁には、当地で確立されたレンガ積みの上に石灰岩に貝殻や卵白をブレンドした純白のしっくい壁を塗り込み、日本の木造建築における真壁にも似た効果を加味することで、しっくい壁が 余白 の役割を果たし、清楚な空間に構造材であるコンクリートの柱梁や床に貼られた漆黒の天然石、チーク材の家具や引き違い戸、ルーバー窓から漏れ入る自然光までがくっきりと引き立つ心憎い演出もゴルコンデの見どころのひとつといえるでしょう。

ベンガル湾へとつながる大通りに沿って、色とりどりの花咲く植物たちに縁取られたスタッコ塀にうがたれた、すらりと背の高い木製扉を開けると、そこは乱張り石が敷き詰められたささやかなエントランスホールになっていて、ちょうど日本でいうところの沓脱石でそっとサンダル脱いで一段上がれば、さも素足にひんやりと心地よさそうな丁寧に磨かれた黒石張りの床が、さながら庭園を臨む静謐なステージのように上階へと来館者を誘う、垂直方向へと展開する階段室になっております。

ゴルコンデ(共用部)

「これぞナカシマ流!」 と、称賛せずにはいられない。
チークの一枚板を手すり代わりに渡しただけの、支柱ひとつとてない、大胆さと繊細さが同居したかのようなメイン階段を手がかりに、背後に隠されたサービス用階段との間のわずかなスペースを変幻自在に操って、修道僧たちの暮らしに必要な水まわりの諸室が周到かつ巧妙に組み込まれていて、寝室のある1~3階レベルにはシャワー室を、階段踊り場のある1.5階および2.5階レベルにはトイレ、サービス用階段を経由した3.5階レベルには洗濯室、屋上レベルには物干し場… といった具合に、千鳥状に無駄なく小気味よく、立体的に空間が連続するスキップフロアの考え方が試みられています。

ただし、ここで肝心なのは、水まわりには少なくとも給排水の配管設備が必要となること。 更に、においや湿気を排出し新鮮な外気を導入する換気設備もほしいところですが、快適さを求めれば求めるほど設備は複雑になり、長く使い続けるためにはメンテナンスの作業が不可欠になってしまいます。 そうであれば、やはりメンテナンスは修道僧たちが自力で行える単純で最小限の内容にとどめたい等々、課題は山積みです。
そこで、階段室はもとより、トイレやシャワー室の開口部には居住部と同じように可動式の水平ルーバーを取り付けて外部からの視線を遮りつつ外気や採光を取り込み、(レベルの異なる)シャワー室とトイレとの間に煙突状の換気塔を確保し、ここに面してガラリ窓さえ設ければ、重力差によって上方へと空気が流れ、換気扇のような機械に頼らなくても自然の力で循環させることが可能ですし、換気塔の一部を設備配管のスペースとして有効活用すれば、後々のメンテナンスにも対応できて 良いことづくめ ではありませんか。

ナカシマの記した回想記(※ 「木のこころ ― 木匠回想記」 鹿島出版会)によれば、僧院の生活では厳しい修行を強いることはなく、様々な才能を持った人々がそれぞれの才能を惜しまず、個のためではなく皆のために提供することでひとつの共同体が営まれていたそうです。
そんな 精神的な拠り所 としてゴルコンデは自力建設され、ジョージ・ナカシマもその拠り所を探し求めてたどり着いた一人だったのではないでしょうか。 その証拠に、僧院宿舎は80年後の今日も当時と同じまま引き継がれ、変わらぬ輝きを放ちながら大切に使われ続けているのですから。
スポンサーサイト
 
07月20日(金)

よだかの星

かれこれ今から10年以上も前になるでしょうか。 NHKのラジオで、放送局のアナウンサーが毎週ひとつの文学作品を朗読する番組があり、その日は、ある女性アナウンサーが宮沢賢治の 「銀河鉄道の夜」 を朗読しておりました。

僕は、宮沢賢治の童話を全く知らずに過ごすという、恐ろしく不幸な子ども時代を送った、ひどくかわいそうな人間で、遅ればせながら大人になってから衝撃を受け、以後、むさぼるように彼の童話作品を読んで参りましたが、代表作に挙げられる 銀河鉄道の夜 については、長編で、しかも未完の作品ということもあったのでしょうか、正直、どうもよく分からなかったのです。
それなのに、ラジオから聞こえてくるお話は、よくありがちな声色を使ってドラマ仕立ての演出を加えたような 子どもだまし の内容とはぜんぜん違う、作品の本質に迫るかのような素晴らしい出来ばえで、たちまち惹き込まれてしまいました。

そこには、ちまたで見聞きする童話や児童文学とは縁遠い感覚、しんみりと、どこか沈んだ物悲しさ…、 「愁い」 ではちょっと不適切な、そう、 「もののあはれ」 です。 賢治は もののあはれ を表現することができた、稀有な童話作家だったのではないでしょうか。 もののあはれ などと古風な表現で説明すると、何だか難解そうに聞こえるやもしれませんが、個人的には 美しさのなかに神聖さを感じ取るこころ かなと、勝手ながら解釈しています。

28歳の頃に書きはじめ、以後10年近くにわたって改稿を繰り返したものの、病に倒れ、結局、未定稿のまま後世に語り継がれる運命となった名作 「銀河鉄道の夜」 は、賢治童話の集大成といってみてもよいかもしれません。 そうであれば、それまでに彼が遺してきた数々の短編童話のなかにも相通じる作品が存在すのではないでしょうか。
たとえば、22歳の時はじめて創作し、幼い弟妹に読み聞かせたとされる 「双子の星」 。 そして、童話の執筆に没頭していた25歳頃に創作された 「よだかの星」 です。 特に よだかの星 は、手元にある文庫本にしてわずか9ページと、短いこともあり、より純粋に もののあはれ が表現されているといえるでしょう。

ご存知の方も多いかもしれませんが、詩集は別にしても、宮沢賢治の生前に発表された童話作品はほんの一部に過ぎず、その多くは彼の亡くなった後に出版されています。 これは、別に彼が意図的に発表しなかったわけではなく、(これもまたよく知られたエピソードですが)当時でも童話や児童文学作品を掲載する雑誌は幾つかあり、実際に原稿を持ち込んでいたにもかかわらず、いずれも採用には至らなかったのだそうです。
なかでも、日本の近代児童文学に多大な影響を与えたとされる雑誌 「赤い鳥」 の創設者であり、もともと作家でもあった鈴木三重吉(※ 夏目漱石の教え子であり、彼に評価されるほどの文才の持ち主でした)ですら正当に評価することができなかった。
これは、児童文学が 子ども向け という範疇に過たずおさまっていなければならなかったご時世で、賢治の創作は当時の概念を遥かに超越した作品になっていたため、そもそも理解のしようがなかった経緯ゆえなのでありましょう。 つまり、彼の童話はいわゆる子ども向けではなく、子どもも含めたあらゆる人たちへの こころのこもったおくりもの だったのです。

短編童話 「よだかの星」 は、どうやらかつては教科書にも採用されたことがあるらしく、それはそれで子どもたちにとって、想像の世界をひろげるきっかけとなる素晴らしい試みなのかもしれません。
けれども、もし、おとなたちがこのお話の本質をきちんと理解せず、しょせんは子ども向けの読み物と見下して、 「差別をしてはいけません!」 といった狭い解釈のなかに閉じ込めてしまっていたとしたら、それはマニュアルにかまけた おとなの都合 であって、かえって子どもたちの想像の扉を閉ざしてしまう結果になりかねない気がして仕方がありません。
実際、そんなものだと思って成長してしまった、想像の芽を摘まれた悲しいおとなたちがいっぱいいたとしたら、あまりにも不幸ですし、何も知らずに成長した僕のような人間がむしろ幸せのようにすら思えるなんて、つまらないではありませんか。

物語はいきなり冒頭から、よだかの容姿のみにくさ、滑稽さが描写されてはいるけれど、そこには上から見下したようなつっけんどんさは微塵も感じられない、よだかだけでなく、彼を慕うカワセミやハチスズメといった宝石のような弟たち、それから彼を卑下する鳥たちまでまるごと、おおきく包み込むような作者の深い深い愛情を意識せずにはいられません。 きっと、こんな気持ちを もののあはれ とでもいうのでしょう。

はるか千年もの昔、平安王朝の才女たちより連綿と受け継がれてきた美的理念 「もののあはれ」 は、人類が創造した最良の音楽のひとつに数えられるであろう、晩年のモーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart)が未完の大作 「レクイエム(Requiem)」 に先立って作曲した、わずか3分あまりの小品 「アヴェ・ヴェルム・コルプス(Ave verum corpus)」 にも同じ類いの輝きが感じられるのは、偶然でも単なる気のせいでもなく、芸術のなかでは国境など存在しない、同じ星の住人だからなのかもしれません。

よだかの星
「よだかの星」 カラーケント貼り絵、アクリル

 
06月23日(土)

ババグーリの蚊取り線香入れ

ヨーガン レール(Jurgen Lehl) というと、有名百貨店などに店舗展開している、主にレディスのブランドを手がけるテキスタイル・デザイナーといった印象があり、あまり詳しくは知りませんでした。 僕に限らず男性であれば、だいたいこんな感じだと思います。
2006年頃に、 「ババグーリ(Babaghuri:インドでとれる瑪瑙のこと)」 という手づくり色を高めた別ブランドを立ち上げ、衣類以外にも器や家具など生活用品の販売を本社倉庫ではじめたと聞いた時も、非凡な審美眼に感心しつつも、どこか西欧人が陥りがちなトロピカルなアシアの味付けが混在する作風には、気持ちは分からないでもないけれど、ちょっとついて行けないところがあって、まるで野生動物のように距離置いて恐る恐る眺めていた という具合でした。

ところが、ある専門誌で彼のモノづくりの根本に焦点をあてた興味深い記事を目にしてからは、隠されたベールの向こう側に見え隠れする、真摯なモノづくりの姿勢に遅ればせながら気がついた次第です。
その記事には、ババグーリ・ブランドで取り扱ってる製品の写真がいくつか掲載されていて、今ではすっかりお馴染みの、どこからかほんわかゆるーい空気が流れてくるような、自然界にあるモノたちから写し取った無国籍デザインたちに混じって、20世紀前半にドイツで誕生し、当時の建築や工業デザインの世界に多大な影響を与えた バウハウス(Bauhaus) の、合理的かつ機能的なデザインの流儀を汲んだかのような、およそヨーガン レールらしからぬ きりり とした面持ちの蚊取り線香入れが、鉄仮面みたく無表情に並んでいて、しかも、それが南部鉄器だというのですから驚きました。

普通 蚊取り線香入れ と聞くと、ぺらぺらのブリキ製であったり、あるいはブタを模した陶器製に象徴される、いかにも南向きの縁側が似合いそうな、気取りのない、のーんびりとしたイメージがあるのに、これは一体どういうことなのでしょう。
そもそも南部鉄器は、東北岩手で手がけられる伝統工芸で、茶釜や鉄瓶に使われるような、ずしりと重厚な印象があり、お世辞にも生産効率がよいとはいえない、工業製品とは程遠い存在です。 もちろん、近年では鍋やフライパンなどの調理器具にも応用されて、随分と現代的になってはおりますが、ババグーリの南部鉄器は、それらとは似ても似つかない 異質なモノ のように思われます。 こうなると、実際にこの手で使ってみるほかありません。

はじめて目の当たりにする南部鉄器は、とろとろに溶かされた鉄を鋳型に流し込んで成型される 鋳物製品 ですから、薄い鉄板を折り曲げて出来上がる板金加工と違ってがっしりと厚みがあり、表面は錆びないよう、実用性を考えて漆が焼き付けられています。 いかにも 鉄仮面 といった表情は、余計な装飾を良しとしない質実剛健なドイツ人の気質と(※ ヨーガン レールはドイツの出身です)、東北の厳しい寒さのなかで培われた寡黙な職人技が出合ったことで成し得た、ある意味偶然の産物なのでしょうか。

ババグーリの蚊取り線香入れ

分からず屋の頑固者といった、どうにも手ごわそうな雰囲気を醸し出している理由は、南部鉄器ということに加え、表面に開けられた穴が、普通の蚊取り線香入れに比べて相当に少ないからなのだということに気づきます。
蓋をされたなかで線香が燻るためには、酸欠にならないよう、常に新鮮な外気を取り込む必要があるので、当然ながら入れ物はそこそこスカスカしていることが大前提なわけなのに、意図的にそうなってはいません。 ある程度のリスクは承知の上で、かろうじて燃え続けるぎりぎりの空気を取り入れる穴と、煙が出てゆく穴を計算ずくで開けているのでしょう。
蓋をすると線香がまったくみえないくらいに閉鎖的な蚊取り線香入れなんて、史上初の試みかもしれません。 よっぽどの理由がなければ出来っこない、本気でモノづくりに取り組んだ証拠です。

一見すると無表情な鉄仮面にも、僅かながらチャームポイントがあったりもします。 円形の上蓋に開けられた五つの丸い穴(※ この穴が煙の出るところ。一方、側面の縦長のスリット部が空気の取入れ口)が、大きさも間隔もてんでにばらばらで、意外にもとぼけた表情を垣間見せる、何とも不思議な魅力を放っているのです。
機能や効率を重視すれば、おのずと規則正しいデザインになるはずなのに… と、20世紀の工業デザインに慣れ親しんだ目からそんな解釈をしたとしても、別段おかしくはありませんが、モノづくりの奥深さというのは結局使ってみなければ分からないもので、試しに渦巻状の蚊取り線香に火を着けると、外側からじわじわ、ぐるぐると、昔のレコード盤のように円弧を描きつつ中心へと近づいてゆくことは、おそらく皆さんご周知のことでしょう。 つまり、煙の位置は時とともに移動し続けるわけで、 ひと所にじっとしているのではない という理屈になります。
不規則に開けられた(かのような)大小の穴は、その時刻、たまたま通りかかった最寄の開口が軌跡に一致すれば煙の出口となり、自然、煙の出る位置や量は時々刻々移ろい続ける という、まるで生きているかのような視覚的演出が仕掛けられている。 機能上不可欠な開口部と渦巻状になった線香の特徴を活かしきった、偶然でも見せかけでもない、高度なデザイン手法に裏づけされた 確信的な仕事 だったのではないかと。

モグラたたきの速度を数百分の一でスロー再生したみたいに、思わぬ位置から煙が顔出すすこぶるのどかな情景は、蚊取り線香入れが無表情であればあるほど、肝心の煙がひと際いきいきと、しかも驚くほど悠長に時間を刻む。 この ゆるーい感じ をヨーガン レールは、モノづくりを通して伝えてみたかったのかもしれませんね。

ババグーリの蚊取り線香入れ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。